趣味・蒐集

2014年10月 4日 (土)

亦六地蔵

今回は大事なお知らせを最初にご覧ください

20141004001 20141004002

 行ってみませんか

      「いのちいっぱい 高橋まゆみ人形展」

      10月7日(火)~12月21日(日)

      10:00~17:30

      相田みつを美術館 第2ホール

   

                       以上で展覧会の案内は終わりです

      ご用とお急ぎでない方、東京近郊にお住まいの方

      是非一度足を運んでは如何でしょう

      

--------------------------------------------------------------     

ご案内が終われば、後の記事は、おまけのようなもの 

今回の七輪火遊びは6人の地蔵さんで終わりになります

お付き合いありがとうございました

20140930_7

いつも違った顔や動きにしたいのですが、

今回も、いつもと大して変わらぬお地蔵さん大小合わせて6体

表面は手抜きなのですが、大きい方から4体の頭の中も身体の中も

空っぽなのです、くり抜いた粘土で小さなフクロウなどを作りました

  

これを覚えていますか?  

20140930_8

             ↑  前回アップした、お婆×2と章魚に

                アクリル絵の具で薄く色をつけてみました

                右のお婆ちゃんはNHKの料理番組に出てくる

                お婆ちゃんですが、ご存知でしたか

                髪の毛の色は変えてイメージチェンジです

                色をつけないほうがよかったような気がします

                でももう遅い

No.1057

次回から、また退屈な日々が続けることにしました

小枝印で作った山頭火の句印が100個以上ありますから

1回5個としても20余回分90日分くらいありますので

今年中は山頭火小枝句印が続く計算になります

退屈するでしょうが、房州やは楽ですが、お楽しみに

そんな   

退屈した時に   

美しいクラゲを見てなごむのはいかがでしょう

 

20140930004

                     この美しいくらげの写真を見ただけで興味がわきませんか

          海月の体の95%は水分だそうです

          海中を漂う気分はどんなものなのでしょう  

| | コメント (12)

2014年9月30日 (火)

婆と章魚

楽しい行楽から一転

御嶽山の噴火で大勢の方が亡くなりました

亡くなった方のご家族・親戚・友人の方に対し心が痛みます

救助活動をされている自衛隊他に二次災害が無いように祈ります

-------------------------------------------------------

さて

以前に登場したお婆さんの妹とお友達です

また、お婆さんの人形じゃ興味ないかもしれませんが

2014093020140930_6

彩色釉薬を持っていないので、顔に釉薬をつけない位が精いっぱいです

ウニのように後で彩色すればもっと変化させられるのでしょうが

 

最後はタコ壺のたこです

20140930_3 20140930_4 20140930_5

タコ壺はザラザラにしたり、フジツボをつけたりして遊んでみました

     

No.1056

      

これまでに登場したものですが、根付風にしてみました

20140906_2

 根付にはならないでしょうが、

 勇気があれば、腰からだって首からだってぶら下げることだけは出来ます

 根付紐は東急ハンズで108円(消費税込)で売ってます

 こんな変な物、使えるか使えないかは

 使う人次第、私は使いませんが

   

こんな変なものを見た後にもっと変なものが見たくなった時に見る本

20140925002

             「なんだ! これは」と思う人が増えますように

             変な形にはそれぞれ変ではない意味があります

             この本を借りるのは2度目です

             読みたくなったあなたも変な人かもしれません

| | コメント (14)

2014年9月26日 (金)

梟梟梟梟

昨夜の雨は止み、今日は晴れのようです

       

ホーホーホーホー

おおきなふくろう・ちいさなふくろう・みみのないふくろう・みみのついたみみづく

20140930_11 20140930_12 20140930_13 20140930_14 20140930_15 20140930_16

        ちいさなフクロウのほとんどに根付紐を通せる穴を開けてます

        根付紐があれば根付みたいなものとして通用するかもしれません

        陶の根付は落としたりするおっちょこちょいには向きません

No.1055

   

本格的な秋を迎え   

彼岸花はそろそろ終わりになり

空には 鰯・鯖が浮かび、

店先には秋刀魚が並びます

散歩の途中で運動会の練習もみうけます

晴れた日には外に出て体を動かしたくなりませんか

残念ながら雨が降った日には、

こんな本をパラパラめくってみるのも面白いかもしれません

20140925001

       今年3月に亡くなったイラストレーターです

       本の表紙やエッセイや小説でご存知の方も多いと思います

       名前は知らなくても、イラストを見れば

       ああ、この人か!と思うでしょう

| | コメント (12)

2014年9月18日 (木)

棘物七態

秋です

里山散歩の楽しい季節です

稲刈りの終わった田んぼ・苔むした石仏・色づき始めた柿

忘れずに咲き始めた彼岸花・秋桜・・

朝の涼しいうちに2時間ちょっとの散歩を楽しんでいます

最後の写真が散歩で見ている風景です

-------------------------------------------

今回は予告通り、棘ものばかりのご紹介になります

  1.太陽のような向日葵のような棘物①

20140930_3        

        割れたので作り直したものです

        太陽のような向日葵のような得体のしれぬ棘のあるやつ

        額の二つの点は、お公家さんの印ではありません

        紐が通せるように穴を開けています

 

2.細い棘の多い棘物②③

20140930_4         横に顔のある棘ものと体中が棘の物体です

         細い棘は焼く前に何本か消えてしまいました

         折れたり消えたりとにかく彼らは

         不思議な能力を持った者たちです

3.棘のないのに、あえて棘物に分類した④⑤

20140930_5

         棘が抜けたのか最初からなかったのか穴だらけが一つ

4.棘の真ん中に顔のようなものがある棘物⑥⑦

             20140930

          左側の棘棘の穴には、爪楊枝が刺さる予定でしたが

          なくても良いかなと思い直し、そのまま登場

          おまけにこんなものをご覧ください

         よろしかったらお一つお召し上がりください

    

    

 5.美味しそうに変身したら、こうなりました   

20140930_6

 

NO.1053

   

  七つの棘もののうち四つはぶら下げられるようにしました

  首からぶら下げる危険を冒す勇気は全くありません

   

    6.首に良し、壁に良し、携帯に良し

20140906

      

          根付紐・荷造り用麻紐・革紐(丸)を穴に通してみました

     この棘棘に決してハグ等しないように

------------------------------------------

20140918001

    毎日同じじゃ飽きるので、時々コースを変えて歩いています       

| | コメント (12)

2014年9月 6日 (土)

陶遍路姿

喜ぶ人は皆無でしょうが

再びの遍路姿人形は前回の約半分の高さで小型です(5cmちょっと)

前回のお婆さんの人形よりも少しだけ大きいのですが

体にはいろんな道具を持たせています

20140821_6 20140821_7 20140821_8

ちっちゃな急ぎ足の歩き遍路陶人形を作りました

爪楊枝を切って金剛杖に見立てています

歩き遍路に必要な

菅笠・白衣・リュック・ずた袋等の一通りの遍路用品を身につけさせました

こんなのを作ると、また遍路に行きたくなってきます

No.1050

  突然ですが

  朝晩涼しくなり過ごしやすくなってきました

  ところで、秋の七草知ってますか?

   萩・桔梗・芒・撫子・藤袴・女郎花・葛

  万葉の昔から日本に咲いていたのでしょう

  万葉の歌人になったつもりで愛でてみませんか

  先日、すぐそばに秋が来ていました

  駐車場に赤とんぼがやってきてました

  指を立ててみたのですが、とまってくれませんでした

   

 

房州やの手抜き和綴じ表紙の作り方

20140906

          千代紙に表・裏表紙と補強紙を取るための

          線を引きます。

          この大きさは 半紙の1/8サイズになります

          

| | コメント (12)

2014年9月 2日 (火)

陶婆人形

9月になりました、昨日は二百十日でした

大きな台風が来なければ良いのですが

今年はどうなのでしょうか?

それにしても今朝も涼しい

--------------------------------------------

今回の七輪焼き物は少々地味です

まん丸い顔に眼鏡姿の可愛い品の良いお婆さんです

違う等と疑問の余地はありませんよ

20140821_3 20140821_420140821_5 

    粘土で作ったお婆さん人形(高さ5cm位)

    背中に開いた二つの穴は、根付紐を通すためのものです

    親孝行な人だけがつける根付です

    落としたりしない人だけがつけることが出来ます

No.1049

昨日は九月一日でした、九月一日と言えば、これです

 九月一日

 どっどど どどうど どどうど どどう

 青いくるみも吹きとばせ

 すっぱいかりんもふきとばせ

 どっどど どどうど どどうど どどう

 谷川の岸に小さな小学校がありました

  で始まるのは「風の又三郎」(宮沢賢治)です

   

遅くなりましたが、あぼうかいさんだけへの情報です

20140929005

  中央右に赤で表示されている路線が「いすみ鉄道」(旧JR木原線)です

  この路線と繋がっているのは、蘇我の先、五井から出ている小湊鉄道です

  両路線は半島の真ん中、「上総中野駅」で繋がっています、JR内房線

  「五井」からオレンジ色の電車に乗り「上総中野」で黄色いムーミン電車へと

  乗り換えると外房線「大原」に着きます

  話にありました、「久留里駅」は木更津から「上総亀山」までの久留里線の

  中間駅にあたり、いすみ鉄道への乗り継ぎは出来ません

  久留里は古い街で、美味しい水が湧き、お米もお酒も雨城楊枝等も

  よく知られています。是非一度お立ち寄り下さい

| | コメント (16)

2014年8月29日 (金)

八蛸八色

このところ、曇りや雨の天気が続き、急に涼しくなりました

まるで、9月を通り越して10月になってしまったような気候です

週明けまで雨模様だそうです

体調を壊してはいませんか? 

季節の変わり目には注意してください

----------------------------------------------------

陶印の数は減ったのですが、その分、色んなことをして遊んでいます

いすみのたこめし弁当発売以来、時々タコ壺に入っているタコを作っています

(参考)http://kyoumo-himatubushi.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-634d.html

(たこめしは夏場(6~8月)は販売していないそうです)

壺を縦にしたり横にしたり、足を曲げたりのばしたり

201408217

    タコツボに入った章魚は全部で8個になりました

    釉薬を薄めに、焼成時間を短めにしてみました

    前回ご覧いただいたタコたちは ↓ これです

    違っているのがお分かり頂けますか?

 ↓ このタコたちは、断捨離対象となり、むりやり誰かに押し付けましたので

       我が家にはおりません

  20140712

  タコの足をまっすぐ伸ばすと、焼く前に焼くときに折れやすいのが問題です

  今回のタコのなかにも足の折れたのがあります

  タコのことですから、足は再生しましたけど

  残念ながら、この5匹はボールペンでのイボ作りをすっかり忘れていました   

  後で登場するもう一匹のタコにはやってみました(覚えているかな)

No.1048

  

   といいますがタコの世界ではといいます

   タコにもいろいろと個性があるということですね

   タコの「た」は手のことらしいです

   タコの「こ」は沢山という意味らしいです

      <豆知識でした、合っていればいいのですが>

  

   タコが出てきたのに棘にあるヤツはどうしたとお思いでしょうが

   何事も順番というものがあります、今しばらくお待ちください

    

      

紹介したかもしれませんが、夏になるとつい開きたくなる本です

夏の初めに開けばよいものを、今頃になって開いてどうする

  

20140929001

        思わず欲しくなる、あらゆる遊びの道具のカタログです

        20年も前の本です  (まだあるのでしょうか)

        不思議な表紙で何故だか謎の美女がルーフに座ってます

        色んな遊びの道具があります、遊び方も載ってます

        週末は何かして遊びたいと思ったら開いてみてください

        大人の少年は是非一冊持ちたいものです

(追記:2014.8.30)

      表紙を開くとこんな記事が・・・・・どんな道具のカタログかがすぐ判ります

            閑おじさん、役に立つ、欲しい道具はありますか?

            私は右胸の Nikon35Tiを持ってます

20140929002      

(追記:2014.8.31) 目次の一部を紹介します

         内容が知りたい方は、是非お買い求めください

20140929004

                  手塚治虫・内田百閒・西岸良平とくれば

                   もう見るしかないでしょう

20140929003

            なんとなく、ワクワクする内容ではありませんか?

            パラパラまんがまで付いている

| | コメント (18)

2014年8月 1日 (金)

黄楊瓢箪

ひょうたんです

ウェストのくびれが良いでしょう

3枚の写真をご覧ください

20140728a_2 20140728b_2

20140728x

本物ではありません

黄楊を削って作った瓢箪です

一瞬だけでも、そっくりに見えたら大成功です

高さは10cm弱、日除けに植えた千成瓢箪の一つがモデルです

根付にするには、ちょっと大き目かもしれませんが

大柄な人なら、くびれに紐を通せばなんとかなるでしょう

が、ちょっとだけ重たいのが欠点です

でも本物みたいでしょうと自慢したくなります

20140728

                         ↑ 本物モデルと黄楊細工の瓢箪です

No.1041

作り方は簡単です、やってみましょう

1.適当な大きさの木材を用意し、絵を6面に描く

2.仏像作成で説明した要領で、削ったら、また絵を描くを繰り返す

3.形が出来上がったら、サンドペーパーで綺麗に磨く

4.夜叉液を筆でお気に入りの色になるまで何度も何度も塗る

5.布で磨くとピカピカに磨いて出来上がり 

ここまで、ほぼ一日の楽しい仕事でしたが、疲れました

----------------------------------------------

平顔地蔵さんに革紐をつけると

20140728

                  

                       革紐をつけると、こんな感じになります

          首からぶら下げる勇気のある人がもしいれば

          勇気のない人は壁に画鋲でも挿してぶら下げようかな 

追記(8/1 15:00頃)

流石、一級流木鑑定士のあぼうかい氏には、あっさりと見破られてしまいました

こんな写真だったら、解らなかったのではないでしょうか?

一級流木鑑定士なら簡単に解ってしまうのでしょうか

20140728b220140728b1_2       

    

     

いつもの

房州やの

ピンボケ写真と

風の強い

砂浜で撮った

写真ですが

   

   

     

これでも判りましたか?      「てっ!」

| | コメント (12)

2014年7月16日 (水)

後姿一人

W杯も終わって早2日、日本のJリーグも今週から始まりました

そして夏休みは今週末から始まります(多分)

21日は海の日?来年からは8月に山の日が出来るのでしたか?

房州やにはあまり関係なさそうですが

それにしても昨日も暑かった 

-----------------------------------------------------

   山頭火の句印だけではなく

  ついにこんなものまで作ってしまいました

20140716

  ほぼ実物大で表示の山頭火の後ろ姿、錫杖の上が折れましたが

  気づかなければいいのです。

          ・うしろすがたのしぐれてゆくか

20140716_2 20140716_3

    だんだん遠ざかっていく山頭火さんですが

    そうは見えませんか?

    上から3番目は雲に乗せましたが

20140716_4

      それぞれの大きさはこれくらいの差です

      後姿が良く似合うのです

      何か俳句もどきが浮かんでくればよいのですが

      そうはいかないのが悲しいことです

No.1037

 

      笠に穴があいているのは、お察しの通り、紐を通すため

      通してから何に使うかなんて考えていません

             雨漏りの心配は無用です

      あなたならどうしますか

   

 

あれこれ考えたけれど、

その後、こんなものを作りましたが、何でしょうか?

五劫思惟菩薩ではありません

20140716_3 20140716_4

            穴には楊枝を挿すことにしてます。

            爪楊枝立て?

            まだこんなもの作ってます、暇そうでしょう

                           もう一つ二つ作ろうか?

            棘を折らずに焼けるだろうか

            全部折れたら何に見えるだろうか?

追記(7/17 8:43頃)

       前回の棘だらけを乾燥中に、ポロッと棘が1本折れました

       粘土で接着しましたが、今回のも折れそうなので

       なるべく触らないで乾燥を終わらせたいと思います 

| | コメント (14)

2014年7月12日 (土)

立体章魚

台風の被害はありませんでしたか?

台風がやって来たので、珈琲苗の鉢は玄関に避難

ゴーヤのネットは下ろしてブルーシートでカバーしました

大きくなっていた実を一つ採取し、台風が来る前に食べてしまいました

----------------------------------------------------

平たい顔のお地蔵さんの後は立体物をご覧ください

えっ色付けもしたのと、驚くことはありません

この朱は絵付けをして焼いたのではありません

水で濡らさなければ、この色と艶はキープ出来ます

秘密は文の途中で分ります

20140712 20140712a

     タコ壺から出ようとするタコを作りました(入ろうとするでもかまいません)

     たこめし弁当のキャラとほぼ同じです

     色は蛸の体にだけ釉薬を付けないで焼いた後に

     朱墨を筆で塗って、ティッシュペーパーでピカピカにきましたが

     生きてる蛸はこんなに赤くはありません

20140712_2

    たこめし弁当のキャラを真似た前回の蛸と並べてみました

    今回は陶印ではありません

   

No.1036   

   

    タコはこんな風に愛嬌のある生き物ではないような気がするのですが

    ついつい、こんな形に作ってしまいます

   

   

こんなものを作ってますが、さて、何でしょうか?

20140716

20140716_2

  

        只今、ハリネズミのようなものを乾燥中、そっとしております

        それに、庶民の口に入らぬ高価なものですから

| | コメント (14)