遍路

2019年9月16日 (月)

砂絵銭形

リフレッシュ後の5日目は足が軽い?

もう一度善通寺の境内を楽しみながら次の札所へ向かいます

観音寺市内の宿が取れなかったので一つ手前の町に

宿を取ったのですが

 

005 005_20190712085601 005_20190712085602 005_20190712085603

昨夜立てた計画より一日早めに来てしまいました

明日の計画も変更しなくてはなりませんが

歩き遍路にはよくあることなので

慌てることはありません

005_20190712085604

今日の宿には少し遅れて、もう一人お遍路さんが来る

とのことなので、夕食を一緒に取ることにして部屋で

呼ばれるのを待つことにしました

やはり一人で食べるより大勢のほうが楽しいですからね

逆打ちは一緒に歩く相手がいないので特にそう思います

 

 

------------------------------------------------

台風15号から1週間

生存確認のメールやらお見舞いの電話やらを頂き感謝してます

看板の破損したのやら屋根や壁が壊れた家や

大きな木が根こそぎ倒れたのがあります

裏道には倒れた木が道の端に寄せられたままになっており

車はゆっくりすれ違っていますが

周辺は大分落ち着いてきた感じです

しかし私の住んでいるところより南の方はこれから

まだまだ停電箇所があったり断水している地域もあり

復旧復興には長い時間がかかりそうです

昨夜から雨が降っています

ブルーシートを張った屋根は大丈夫でしょうか?

停電復旧だけでもあと1週間はかかりそうです

( 東電の停電情報(市町村別))

近隣地区限定でブルーシート張りのボランティア募集が出ています

これからも復旧復興状況に注目していてください

ありがとうございました

| | コメント (6)

2019年9月12日 (木)

琴平遊山

本日早朝に停電は解消しました

ご心配を頂きありがとうございました

暑い中で日夜停電工事にあたった皆様に感謝いたします

電気のありがたさを感じた3日間でした

 

 

さていつもの記事に

 

 

 

今日は前半も後半も遊山コース

①郷照寺で本四架橋を遠くから見物

②丸亀市内では「丸亀城」見物

③昼食は名物の讃岐うどんを食べ

④金刀比羅宮・金丸座・鞘橋見物

大事なことを忘れてました郷照寺では三大ポックリさんにお参りもしました

  

 

004 004_20190711154101 004_20190711154102 004_20190711154103 004_20190711154104

遍路を始めて琴平に来るのは三度目になります

うち二度は別格を回った時に来ました

純粋に物見遊山は今回が初めてです

たまにはこんなことしてもいいでしょう

| | コメント (8)

2019年9月 9日 (月)

根香白峰

 

3日目ともなれば、何でも少しは慣れてくるものですが

早寝早起きにはまだ慣れていません

山登りには大分慣れてきました

舗装道路を歩くのはまだ慣れていません

今日は最初の上りがちょっと急なだけで

そのあとはハイキング気分の味わえる山道を歩きます

 

 

003

牛鬼もよくみりゃ可愛い顔をしています  

 

003_20190711131101

一国に必ずあるのが一宮寺または国分寺

広い境内に大きな松の木が相場です

 

003_20190711131102  

 

 

このところ連続してお世話になっている小さな旅館です

お礼代わりに  宿周辺の札所のハンコに彩色したものを

いくつか持って行ってお渡ししました。

 

靴について

 

遍路道を歩くというと山道が多いように思いますが

四国遍路で歩く道の殆ど(70%以上)が舗装道路です

歩きの練習は山登りよりも荷物を背負っての街歩きが大切です

靴も履きなれた軽い靴が良いなと思いますが

トレッキングシューズ・ウォーキングシューズ・トレランシューズ・

地下足袋・サンダル・その他各種運動靴等々を

履いて歩いているのを見かけます

1200Km近く歩くとどんな靴でも靴底がすり減ってしまいます

たいていの人は歩き始めて早い時期にマメが出来ているようです

軽くて足にぴったりで丈夫で底がすり減らなくて水に強くて

足への衝撃が少なく安価で履きやすい靴は

未だに見つかりません

今回も両小指の爪はダメになり、小さなマメがいくつかできました

靴は何とか持ちましたが靴底はつるつるになりました。

正しく歩けば靴底の減りは少ないそうです

三浦雄一郎さんのヘビーウォーキングに使用している靴は

2年以上も履いているそうです

| | コメント (9)

2019年9月 5日 (木)

源平戦場

毎回、遍路の最初の一週間くらいは

長距離を歩くことに慣れていないので

短い距離でも結構疲れます

おまけに今日の行程は源平の戦場近くの

八栗寺への急坂を上り急坂を下り

屋島寺への崖を上り長い下りを歩き

栗林公園等を巡り最後は町中を歩きます

  

先ずは急坂の上り下り

002

崖を上って狸に会いに

002_20190711111701

疲れる町中を歩いて

002_20190711111702

 

今日の宿はスーパー銭湯付属の宿で4850円です

部屋は広くて4人くらいはゆっくり寝られます

内風呂も台所もついてます

勿論コインランドリーもあります

カツカレーも旨かったしビールもね

(同じメニューの日がもう一度ありました)

 

Img_2628

今日は須崎寺で大きなお地蔵さんに出会いました

なんとなく、お地蔵さんのお顔に親しみを感じます

大きいことはいいことだ!

| | コメント (2)

2019年9月 2日 (月)

遍路初日

これからしばらくの間(三十余回)

退屈でしょうが遍路の話にお付き合いください

  

 

今日は初日

88番大窪寺から86番志度寺までの短い距離を歩きました。

 

暑い夏の間に冊子も作っていましたので省力化(手抜き)のため

せっかく作った冊子を使って進めていきたいと思います

 

001

朱色のハンコは全て新作です

札所を四文字熟語風の言葉にして彫ってみました

良いの悪いのう~んと思うもの色々ですが

それも又良しと思いましょう

左回浄土:通常は順打ちで右回り、逆打ちなので左回り

会別右左:普段は逆打ちの人は少なく順打ちの人と会って別れるだけ一期一会?

日々迷々:深い意味はなく道がわかりにくく日々迷いながら歩くのです

会人会人皆友:お遍路さんも出会った人もお宿の人も皆友です

 

 

前段(今回までの道のり)

001_20190711105001

夜行バスに乗って志度に着いた

案外安く早く四国へ行けるものです

001_20190711105002

これより逆打ち遍路の始まり

001_20190711105101

参拝も終わり、句碑も見つけたら

長尾寺への遍路道を決めます

001_20190711105102 001_20190711105103 001_20190711105104

↑ このような私の遍路の記録が結願の日まで続きます

お暇のある方、遍路に興味のある方は見に来てください

 

新しいはんこも作りましたが是までに彫っていたものも

たくさん使っていますので、これは見たこれも見たぞ等と

手抜き具合を発見する楽しみも味わって下さい。

 

遍路は35日かかりましたから

2回/週で更新すると17回+α になります

12月の初めまでよろしくお付き合いください。

 

Img_2605

これから1ケ月余、こんな標識に導かれて

(この案内板は花折山遍路道の出口にあります)

歩くことになります

| | コメント (4)

2019年8月30日 (金)

遍路冊子

今回の遍路旅の冊子は「七巡目は逆打ち遍路」です

納札は緑色

納経帳はいつものようにまっさらの新品で

写真もあまり撮らずメモもほとんどなく

今回の遍路の出来事をわずかに残る脳の記憶回路から取り出せる範囲で

引っ張り出し小さな冊子にまとめました

 

A5版

四ツ目和綴じ(右)・洋紙

表紙裏表紙含め 88ページ

表題:「七巡目は逆打ち遍路」

 

20190902

 

 

↑ 過去の遍路の思い出冊子 ↑

 

2015年:四国八十八か所五度目の通し歩き遍路

     2017年:六度目の四国遍路(散歩するなら108箇所の遍路道が良い)

*和紙風用紙で和綴じ

 

遍路の内容は次回更新から少しずつ報告していきたいと思います

 

ニュース①

揚羽蝶が柚子の新葉に卵を産んでいました

真ん中の丸いのが卵です↓

20190902_20190827145103

茎のあたりにも1個あります↓

20190902_20190827145102

葉っぱの先端にも一つ↓

20190902_20190827145101

 

この卵が①小さな黒い虫になりやがて②青虫になり

③蛹になって④蝶になるのですが

見ることができるのは①②だけでしょう

| | コメント (2)

2018年1月31日 (水)

遍路冊子

--------------------------------------------------------

六度目の四国八十八カ所遍路の思い出をまとめた冊子が

ようやくできました

 

20180131001

      ↑ 表紙の挿し絵は 眞念法師の指南書から拝借しました

         A5サイズ  全66ページ  活字が小さいので読みにくい

20180131002

       青字は四国遍路道指南書(眞念)より

       見たものを思い出しながら彫ったハンコは実物大で表示

       内容は房州やの遍路メモのようなものです

20180131003

     最後は、旅の副産物のようなものを載せました

     ハンコそのものが副産物なのですが、パネル、屏風、掛軸、巻物

     それにこの冊子(A5版) 2冊


------------------------------------------------------------------

 

早いもので今年も1か月が過ぎようとしています

なんの変化もなく、お地蔵さんだけで今月は終わります。

まだまだお地蔵さんは登場を待っていますが

二月は目先を変えるかこのまま続けるか

う~ん  悩んでいます

六番地蔵(椿小枝)   

046a171206001046b171206002046c171206003_2


六番地蔵(竹根)

009a171206001009b171206002009c171206003

ほぼ実物大です

 

 

石に文字を彫ることがほぼ無くなりました

そのため文字を見ずに頭の中で文字を左右逆転して、

石に直接、細い筆で文字を書かなくなりました

ボケ防止のためにやった方が良いのかしれませんが

 

 

 

今年は、椿を剪定している現場に出会うことが無く

来年以降の対応を考えなくてはなりません

  1.彫った印面の反対側にも彫る

  2.彫った面を薄く鋸で切る

  3.彫る量を減らす

  4.他の材料を探す

  5.他の趣味を探す

まだまだ時間はありますが

| | コメント (4)

2017年11月29日 (水)

遍路最終

記述が前後することになりましたが

高野山に行く前日に

納経帳の最後はいつも東寺と高野山奥の院と決めているので

当然京都の東寺にも行ってきました。

20171129001

 

      東寺に行くだけではもったいないので

      紅葉で有名なところも訪ねてみました

      東寺は五重塔の1階が公開されていたのでぐるりとひと回り

      京都の全体的な紅葉は11月下旬から12月上旬だと思っていましたので

      少し早いかもしれないがと思いながら「東福寺」へも行ってみました

      通天橋からの眺めも楽しんできました

      近くのお寺にも行き、最後は渉成園でのんびりとした後

      京都駅近くで夕食を食べ、明日の朝が早いのでホテルに帰り

      早く寝ました(寝るころには天気予報通り雨が降り始めました

      かなりの雨が降り、寒くなる予報が出ていました)

 

      これで私の遍路の報告はすべて終わりました

      後は、いつものように遍路の記録を冊子にする作業が残っているだけです

      訪問頂いたみなさんどうもありがとうございました

      もう一度、遍路中にお世話になって皆さんにありがとう 

| | コメント (10)

2017年11月26日 (日)

遍路高野

遍路の最後に空海さんのゆかりの地

京都と高野山を訪ねましたので資料だけを紹介します

1.大阪難波から高野山までの南海電車の時刻表

        早起きすれば大阪から十分日帰りできます。

             暇な人は大阪或いは京都からの日帰り旅行を

             考えてみては如何ですか?

20171126005
2.高野山の地図をいくつか紹介します

       有名な参詣道である 「九度山からの町石道  21K 6時間」

       女人禁制の頃の「女人道 7Km 4時間 三山巡り 11Km 3時間」

       この地図は高野町の中心地にある観光案内書で頂いた物です

20171126001

3.町石道詳細

     九度山卍慈尊院~高野山壇上伽藍 180町  21K強 6時間強

      高野山まで180町石から1町石までカウントダウンの道になってます

       以前頂いた地図は破れてしまったのでインターネットで引っ張り出した

        地図です。

         この時期は熊が出る恐れがありますので、気をつけて歩いてください  

20171126002
4.女人道&高野三山の道

       壇上伽藍・金剛峰寺のある高野の町の周囲にある女人堂を巡る道

       熊野へ向かう道もあります。

       そうそうこの道にも熊の目撃情報がありました。

          雨の中出会ったのは2組(外人二人組、中年(失礼)のグループ)

          人気は少なかったのですが紅葉は綺麗でした

20171126003

5.高野町には旅館ホテルはないので泊まるのは原則宿坊に泊りますが

         一軒だけビジネス旅館があります、宿坊は嫌だと思う

         人にだけは役に立つかもしれない、そんな地図です

20171126004
         14玉川旅館に泊まりました

             夕食は仕出し定食(?)みたいなもの

             朝食はトースト・クロワッサン・コーヒー等

             料金はネットでどうぞ

             無駄なサービスなし、基本セルフサービスの清潔な旅館です


雨の中を歩いて到着し当日に奥の院へも参拝し、結願のご朱印も頂きました

当時は台風21号の影響で南海電鉄の高野線で一部不通(高野下~極楽橋)でした

ので、翌日は町内を走るバスで高野山(バス停名)へ行き、代行バスに乗って

橋本(南海電鉄)まで出ました

不思議なことではありませんが すべての交通機関でICカードが使えました。

いちいち切符を買わなくてすみました、便利な世の中になったものです

| | コメント (10)

2017年11月23日 (木)

遍路掛軸

その4  4種目(最後)は同じハンコで掛軸風に作ってみました

20171114_7

           和紙に「はんこ」を歩いた順に貼りつけ

           簡易(手抜き)裏打ちをし

           安価な手抜き掛軸の元に障子糊で貼り

           これまた手抜きの一文字を貼ったあと

           パソコンで作成した札所名等を貼ったら

           出来上がり

           サイズは 1200×360mm

今回の遍路の思い出整理はこれで一応終わりです

毎回作っていた、遍路冊子は未着手なので、

今年一杯に出来ればと思ってますが未着手です

他の遊びの用事の数を考えると、どうやら年を越すことになりそうです

用紙やプリンターインク等の材料も準備しなくてはなりません

遍路紀行みたいなものをアップしている間に高野山や京都に行って来たので

次回は、高野山の地図をいくつかお見せしようと思います

| | コメント (4)

より以前の記事一覧