消しゴム印(山頭火)

2009年10月26日 (月)

消しゴム印で秋を

今日は久しぶりの消しゴム印の登場です

この手の消しゴム印はもう10年以上も彫っていないので(多分)

古い古いものです、技術もデザインも稚拙です

ので解説も説明も出来ませんが

それぞれに山頭火の句で秋を

それぞれに自由に解釈してください

 

105

058

  

   

   

    

  

   

   

 

  

    

032 039

  

  

  

  

  

  

  

  

   

001  039_2  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

033 078  

  

  

  

  

  

  

  

  

 秋の俳句を並べてみました

 知らない句知っている句があったと思います

 まだいくつか秋の句を彫っていますが

 出すのは次の機会に致しましょう

 読めない字も難しい言い回しもないようなので

 俳句の清書もしませんでした

 (この消しゴムは今は手に入らない製品です)

 STAEDTLER MARS PLASTIC GRAND  526 52  GERMANY

  当時の価格で 270円/個でした

山豚火さん:この位の大きさでいいですか

       ちょっと大きめですが、ほぼ原寸大ですよ

| | コメント (6)

2009年2月25日 (水)

お花見はまだです

029 030  もうすぐひな祭りの頃となりました

 当地でもまだまだ桜には早いのですが

 「さくら」の季節らしい

 山頭火の消しゴムはんこを

 いくつか紹介して本格的な春の訪れを楽しみにしています

 消しゴムはいつもの会社のいつものサイズです

 「いつとはなくさくらが咲いて

  逢うてはわかれる」  山頭火

 

020 035

  「うらうら石仏もねむそうな」

  「さくらが咲いて旅人である」

       ・・・・これは消しゴム2個を

          つかった多色刷りです

  私にとっては

  さくらの花は明るくて華やかで

  散ってしまうと急に寂しくなる

  春になくてはならない花です

  

 

036 038

  「さくらさくらさくさくらちるさくら」

 「たまたま人が春が来て大いに笑ふ」

  両方ともひとつの彫りにいろんな色の

  スタンプインクで多色刷りしたものです

  

  さくら前線の話が出てくると

  うきうきしてきませんか?

  近くの公園にさくらを見にいきたく

  なりませんか

053

085  「てふてふひらひらいらかをこえた」

 「春の山からころころ石ころ」

                 山頭火

 まだまだ出したいのですが

  今日はこの辺で

  全部10数年前に捺した消しゴム印を

  最近取り込んだものですが、そんなに

  色褪せていないでしょう

  (実物よりやや大きく表示されます)

今、彫ったら違ったものになるでしょうね、きっと

昔は昔のよさが、今は今のよさがあると思わなきゃ、古いものは見られません

 

 素材  STAEDTLER  MARS PLASTIC GRAND 52652       フルサイズ

      今は買うことの出来ない生産中止(?)の消しゴムではないでしょうか

      270円/個で買った消しゴムも残り21個になりました

      

| | コメント (12)

2008年12月25日 (木)

月・月・月

014 月を題材にした

山頭火の俳句は沢山あります

その一つを

消しゴムハンコにしてみました

10年以上前のものですが

他にもいくつか彫っていますが

今回はこれだけにしましょう

「大空を仰げば月の澄みわたるなり」  山頭火

   落ちてきそうなほど大きな月を空一杯に配してみました

  059

「そこに月を死のまへにおく」     山頭火

   細い月を長く続く細い道の先に置いて、犬を一匹

山頭火がいつどこでどんな気持ちで作ったかはわかりませんが

これは私のイメージです

 

 

満月もよし三日月もよし新月もよし

 

 

時々残りの「山頭火消しゴムハンコ」を紹介していきましょう 

 

いつもの STAEDTLER  MARS  PLASTIC GRAND 52652  フルサイズ です

| | コメント (0)

2008年9月15日 (月)

彼岸花の句(その3/3)

089 035 116

彼岸花の句(その3/3)

花の数が増えてきましたね

ここまでくると、多色刷りも入れとかないと

「彼岸花の赤さがあるだけ」

 (これは消しゴム2個の多色刷りです)

                       

「歩きつづける彼岸花咲きつづける」  (少しグラデーションをつけた赤で)

「曼珠沙華咲いてここがわたしの寝るとことろ」 (これも一応多色刷り)

 

 

彼岸花と呼ぶより曼珠沙華という言い方のほうが好きです

そんな気がしませんか?

明日からは石のはんこに変ります

まだまだ彼岸花はつづく

  

消しゴムはんこ(山頭火)で「彼岸花」を載せてみましたが

花シリーズは季節感があっていいかなと勝手に思っています

| | コメント (6)

2008年9月14日 (日)

彼岸花の句(その2/3)

072 108 032 彼岸花の2/3です

「なかなか死ねない彼岸花さく」

「まこと彼岸入りの彼岸花」

「家を持たない秋がふかうなるばかり」

  これは、彼岸花の句ではありませんが

彼岸花を彫りたくてこの句を持ってきたのだと思います。

お墓のまわり・田んぼのあぜ道・お寺の境内等に咲く彼岸花が何故好きなのかはわかりませんが、命が短いからなのか怪しげに真っ赤に咲く彼岸花は形もユニークだと思います

何故か彼岸花の句の多い「山頭火」が解るような気がするのもこの花のせいかも知れません

| | コメント (2)

2008年9月13日 (土)

彼岸花の句(その1/3)

021_2 お彼岸も近いので、山頭火の彼岸花の句をいくつか載せることにしました

「うつりきてお彼岸花の花ざかり」

「お彼岸のお彼岸花をみほとけに」

「いつまで生きる曼珠沙華咲きだした」

山頭火は彼岸花の句をたくさん作っています

多分ほかの俳人よりも(多分です)

この時期になると彼岸花を見に出かけています

010_2

稲刈りの終わった畦に

真っ赤な彼岸花が一面に咲いている

光景を見たくて、バイクに乗って

房総の田んぼを訪ねています

この3つは、彼岸花のデザインがそれぞれ

異なっています、そのときそのときで

表したかったものが違っていたのでしょう

027_2

いつ、どの順番で彫ったのかは

判りませんが

  

  

  

  

  

表題に1/3と書きました

あと数個はこの手の消しゴムはんこがありますので

花が咲き始めるまでに載せていきますので

乞うご期待

  

消しゴム:STAEDTLER  MARS PLASTIC GRAND  52652

             製図用消しゴムのでかいやつです

| | コメント (8)

2008年7月28日 (月)

色紙が出てきた

405

暑い日が続いてますが、こんな日もみんな元気に活動しているのでしょうね、キット

熱中症に気をつけて

適当に頑張ってください、そして楽しい夏をお過ごし下さい

  

ようやく自治会活動の大きなイベントである「夏のリクレーション:盆踊り大会」も雨も降ることなく無事何事もなく終わり、今朝後片付けをしてきました

と言うことで

今日は暇なので、本棚の引き出しを片付けていたら、小さな色紙(121×136mm)が出てきました

  

  

いずれも山頭火の句をいつもの消しゴムに彫って、ミニ色紙に捺したものです

 

・真昼かなしきおもひわく日輪たかし

・百合咲けばお地蔵さまにも百合の花

・水がとんぼがわたしも流れゆく

  

こうやって今見ると色紙に捺すのもなかなか良いものだと思い眺めています

色もあせず、しみも出来ず良い状態だと思います

  

  

使用消しゴム:STAEDTELER 52652  77×40mm

スタンプ:多分nijico

| | コメント (3)

2008年6月30日 (月)

消しゴムはんこで山頭火

023 最近は大きな消しゴムはんこは

休業状態なので、これらは10数年前のものです

「蜘蛛は網張る私は私を肯定する」 山頭火句

の句にグミの実を彫ってみました

やや渋みが舌に残グミの味が

この句に合うかも知れないと思い

彫ったのではないかと思いますが

1.5昔のことなので記憶が

定かではありませんなにしろ

思い出せないくらいの時が流れてます

039_2 (決してボケが進行したわけではないと思います)

「だまつて今日の草鞋穿く」 山頭火句

何ゆえに

雑草を彫ったのかは

覚えていませんが

いま見返すとなんとなくこれで

よかったのかなと思います

ややひ弱だが雑草の山頭火が

ぎゅっと草鞋の緒を結んで

よく似合う山道を歩き始める

足元には雑草が生え、脚絆に衣の裾に絡みつく

しがみついた草の種が遠くへはこばれてゆく

消しゴムはんこ(山頭火)の次回は

いつになるかお楽しみに

山頭火句集より

材料:消しゴム:STAEDTLER MARS PLASTIC GRAND 52652 全サイズ

   スタンプ:Mini Colors  KODOMO NO KAO 61OLIVE他

| | コメント (3)

2008年3月19日 (水)

消しゴム印:山頭火さんの句003

  045_2068_2082_2 消しゴムに彫った山頭火の句です、スキャナーでの取り込みも、ようやく「は行」まできました。今日は三句紹介です。

・月が昇って何を待つでもなく

・何事もない枯木雪ふる

・春風の蓑虫ひょいとのぞいた

 (梅の木のつもりです・・・お題の梅は

  これでもいいですか)

古いスキャナーなので大きく重いので動くときはパソコン机が揺れます(チャチな机でも

ありますが)、山頭火の消しゴム印はあと3冊、半分まできました

入力しながら、読み返しているので、なかなか進みません

| | コメント (7)

2008年3月16日 (日)

山頭火さんの句(さくらが咲いて・・・)

山頭火さんの俳句:消しゴムはんこ035043013        

次の一冊の取り込みが終わったので載せてみました。

あと4冊で、これまでに作った「山頭火俳句の消しゴムはんこ」の取り込みが

終わります。残りは250位でしょうか

山頭火がその句を詠んだときに、きっとそばにあったと思われる

草花を想像して彫っています。

山頭火の俳句の次は

1)和歌(?)

2)花言葉はんこ

3)小さな小さな消しゴムはんこ

を取り込もうと思います(いつまでかかるやら)

少しずつ載せていきますので楽しみにしていてください

| | コメント (0)

より以前の記事一覧