遊び印

2018年7月15日 (日)

旧友再会

栃の心が休場し大相撲が寂しくなり

ジョコビッチが2日がかりでナダルに勝ち決勝へ

ベルギーがイングランドに 2:0で勝って3位に そこまで確認して寝ました

----------------------------------------------

今日の印は

旧友再会

作詞作曲 河島英吾

今日は本当に笑った  腹の底から笑った

夕べはあんなに塞いでいたのに  君に会えてよかった

今日の酒はうまかった  気持ちよく酔っぱらった

ひとりでしんみり飲むのはつらいが  今日の酒はうまかった

033a001033b002033c003

わざわざ ここまで訪ねてくれて

今日は本当にどうもありがとう

--------------------------------------------------------

前回予告通り  章魚庵さんの 「山笑う」 第二弾です

20180715

                    タテ 115 × ヨコ 155mm 

      (再びのがっかり感を味わうツアーは如何でしたか)  

       どうでしたか?  それらしくはなっているが

       それだけのものでしたね

※ レリーフのベースの粘土板を真平らな状態に乾燥させることができず

     どうしても反ってしまいます、無理に真っ平らにしようとすると

  左下のように割れてしまいます

   (①粘土を盛っているので均一に乾燥させることが難しいのです)

   (②角がどうしても乾燥が早く反りの原因にもなっています)

  押さえてみたり湿り気を与えてみたりするのですが上手くいきません

  良い方法はないでしょうか?・・・・・・・・・

| | コメント (6)

2018年7月10日 (火)

旅的途上

名古屋場所は 白鵬は休場、鶴竜は黒星、栃の心と御嶽海は勝ち

応援していた 錦織さんは 1:3  で負け さすがジョコビッチ

         クロアチアは 2:1 で勝ちました     7/12 5:42追記

--------------------------------------------------------------

屋久島の杉でこんなものを作りました

Photo

           一部を割って、ストラップみたいなものを作りました

        油分はそれほど多くはありませんが、年輪は密になっています

        端材の残りの本当の端材で、別のものを作りましたが

        それはまたいつか

------------------------------------------------------------

漢詩はどうも読むだけで疲れてしまうので

今回は、歌の一節をオーブン陶印にしてみました

-----------------------------------------

春はあざやか菜の花畑で

雲などながめコップ酒

夏は星降る浜辺にてまくら

波を相手に旅の酒

人恋しさに飲んだ酒が

なお人恋しくさせる

年がら年中恋いこがれ

人生旅的途上

河島英吾(作詞作曲)の

「旅的途上」の一節を遊び印にしてみました

032a001032b002032c003
                     ヨコ 38mm タテ 25mm

縦長にするか横長にするか真四角するか、少し考えましたが

人生・旅的・途上 と 何となく意味があるような感じで

並べてみました。

 

----------------------------------------------------------------

「山笑う」  ご近所のブログ  「章魚庵さん」 の山笑うをレリーフにしてみました

        本物の墨彩画は  ↑ をクリックしてご覧ください

         粘土にアクリルとの迫力の違いをお楽しみください

       (行って戻るとあまりの差に、レリーフのがっかり感が楽しめます)

20180710

                                             タテ 130× ヨコ125mm

        次回予告

        違いが分かった所で、次回も同じ「山笑う」をご覧ください

 

| | コメント (12)

2018年7月 5日 (木)

人生幾何

漢詩の一節を凝りもせずオーブン粘土に彫ってみました

人生幾何 去日苦多

031a001031b002031c003

 

 

「短歌行」         曹操

對酒當歌         酒に対して当に歌うべし

人生幾何         人生幾何ぞ

譬如朝露         譬えば朝露の如し

去日苦多         去る日は苦だ多し

慨當以慷         概して当に以て慷すべし

幽思難忘         幽思  忘れ難し

何以解憂         何を以てか憂いを解かん

唯有杜康         唯だ杜康有るのみ

              酒を飲んだら大いに歌うべきだ

              人生なんて短いもんだ

              あたかも朝露のように

              ただ過ぎ去る日々のなんと多いことよ

              感情のたかぶるままに歌うがよい

              だが、胸の奥底の憂いは忘れようがない

              何によって この憂いを消し去れようか

              ただ酒あるのみ 

 

         酒をたらふく飲んでカラオケで大きな声で歌おうじゃないか

        残り少ない人生だから、飲んで歌って楽しく生きようじゃないか

 

--------------------------------------------------------------

     アパートやオフィスビルは改造ブームでちょっと見ぬ間に

     様変わりしています、この「猫町三丁目アパート」も少し

     改造されていますが、これは当初の様子が判るように

     簡略化しています

 

20180629

                          タテ 150 × ヨコ 105mm

                              (魔女っ子・トッコロさんは平面です)

       こんなアパートの一室で、人生如何などと瞑想してみませんか

       空は飛べることはありませんが、バンジージャンプ位は

       出来るようになるかもしれません

       ☆一つの aboo-kaiシェフ に聞いて下さい

| | コメント (12)

2018年6月30日 (土)

得魚忘筌

typhoon強い風が吹き荒れたため、我家ではゴーヤの日除けは斜めになったり

葉がくしゃくしゃになったりの朝顔の花が風でしおれる等の小さな被害がありましたが

たいしたことではありません

rainそれより九州方面では大雨が降っていましたが

被害はあったようなので心配です

sun関東甲信は梅雨明けだそうです  以上お天気ニュースでした

------------------------------------------------------------

   釣った魚をいれる筌を忘れちゃったよ!

・得魚忘筌

030a001030b002030c003

 

 

 嘉彼釣叟       彼の釣叟を嘉す

 得魚忘筌       魚を得て筌を忘るるを

 郢人逝矣       郢人逝きぬ

 誰與盡言       誰と与にか言を尽くさん

「荘子」に見える あの魚釣りの老人がわたしはうらやましい

その老人は魚が捕まると 道具の伏籠のことを忘れてしまったそうな

やはり「孔子」に出てくる 石工は郢の男を相手に妙技をふるったが

その相棒が死んだので 以後二度と技を見せなかったという

君のような知人に去られて 私は一体誰を相手に語ることができよう

 

今年は同期の友人の死に二度出会いました

いつの間にか房州やもそんな歳となりました

------------------------------------------------------------------

              六地蔵の春夏秋冬を彫ったり描いたりしてますが

                 今回は六地蔵をレリーフにしてみました

                   半分立体は結構面倒です

                        笠地蔵

20180619_2

              タテ 85 × ヨコ 110 mm

 

              六地蔵は雪の中  立体感が分りにくいですが

                                お爺さんに笠を被せて頂いてからも雪は

                  降り続いています。

-----------------------------------------------------------

soccerW杯グループリーグも終わり 32チームから16チームに絞られました

日本は負け試合の中で大ブーイングを受けながら、ベスト16に進出しました

(N氏は大胆な賭けに勝ちました、次の相手はFIFAランク3位の強敵です)

あと2週間、昼と夜が逆転したような感じの楽しい日々が続きます。

今夜から準々決勝が始まります。

3日朝4::58追記 :2点先制するも 後半アディショナルタイム切れ寸前で

    コーナーキックからの逆襲で点を取られ、 2:3で敗退

    頑張りましたね

| | コメント (12)

2018年6月25日 (月)

春江花月夜

ゴーヤはどんどん伸びて手の届かぬ高さまでになりました

次は実が大きくなるのが楽しみです

「長いの」と「丸いの」と「白いの」が育ってます

---------------------------------------------

どうも文字を彫るのが苦手なので

漢詩を絵にしようと思ったのですが

これも才能が無いようで絵が浮かんできません

 

・春江花月夜     (オーブン陶印でほぼ実物大)

 029a001029b002029c003

春江花月夜        張若虚

(春江花月の夜)

春江潮水連海平     春江の潮水  海に連なって平らかなり

海上明月共潮生     海上の明月  潮と共に生ず

灔灔随波千万里     灔々として 波に随うこと 千万里

何処春江無月明     何処の春江か 月明無からん

・・・・

詩はまだまだつづきます・・・

 

 

 

春の長江の潮は海にまで連なり

海の満ち潮から明月が湧き出てきた

光は波に揺れながら千万里も煌めく

今宵は長江の何処にいても月の光を浴びることができる

・・・・

 

-------------------------------------------------------------

      お地蔵さんも月の光の下で瞑想をしています

20180619

---------------------------------------------------------------

おまけ   強敵セネガルに2度追いつき 2:2 で引き分けに終わりました

       勝越しのチャンスもあったのですが 危険な場面もありました

       でも、よくやりました。

       グループリーグ最終戦になる対ポーランド戦が楽しみになりました

| | コメント (8)

2018年6月20日 (水)

一泓海水

大迫のヘッドで日本がコロンビアに勝ちましたね

同点にされてから、引き分けかなと思っていましたが

問題はこれからですが、まずは幸先の良いスタートをきりました

----------------------------------------------------

朝顔が沢山咲いてます

ネットを張ったのですが、殆どの花は地上近くの

低い位置で咲いています

7月になったら頃には、もう少し上の方で咲いてくれるでしょうか

---------------------------------------------------

 

漢詩の一節を抜きだし彫りました

 

・一泓海水

026a001026b002026c003


夢天    李賀

老兎寒蟾泣天色     老兎 寒蟾(かんせん) 天色に泣き

雲楼半開壁斜白     雲楼 半ば開き 壁斜めに白し

玉輪軋露湿団光     玉輪は露に軋りて団光湿い

鸞珮相逢桂香陌     鸞珮は相逢う 桂香の陌

黄塵清水三山下     黄塵  清水  三山の下

更変千年如走馬     更変すること千年 走馬の如し

遥望斉州九点煙     遥かに望めば斉州は九点の煙

一泓海水杯干瀉     一泓の海水 杯中に瀉ぐ 

 

  月に住む老いた兎と 寒さに震える蟾(かえる)は 暗くなるにつれ泣く

  雲の高殿は扉を半ば開き そそり立つ壁は月光を斜めに受けて白く輝く

  玉の車輪にも似た月が天に満ちる露に軋り 円い光の塊を濡らす

  鸞鳥の飾り玉を身に着けた仙女たちが 木犀の香る路を行きかう中に私もいる

  蓬莱、方丈、瀛洲の三神山を俯瞰ろせば

  その麓から巻き起こる黄色い砂塵蒼海桑田の伝説の如く清き水に変わる

  人の世の千年とは変幻してやまぬもの、あたかも疾駆する駿馬に似ている

  遥かに眺めれば 中国は靄に包まれた九つの点に過ぎず

  大海原こぼされた一杯の水のようである

     という意味らしいです(よく判りませんが)

--------------------------------------------------------

 

20180614

                 翼竜なら壮大な風景を空から見ることが

                 可能です、そうドローンのようにね

20180614_2
   3億年後には、再び恐竜の時代はやってくるのでしょうか、

   温暖化が続き、いつか人間が滅びるのでしょうか

   きっと3億年後の恐竜に詳しい  aboo-kaiさん  なら

   ヒントを与えてくれるかも

 

| | コメント (6)

2018年6月15日 (金)

人生謳歌

屋久島で1500円で買った「お土産」

      -----

屋久島に行った記念にと屋久島の杉を買って帰りました

高いのか安いのか、良いものなのかそうでもないものなのかは判りませんが

今のところ木の香りを楽しんでいます

細いひび割れの間には間や表面のささくれの間には

微細な砂粒が見られます

                        多分外側(?)↓

20180616

                  多分内側(?)↓  1500と書いてあります 

20180616_2
                          断面↓

                  細かな年輪(?)が何本も見えます

20180616_3

  大体の大きさは   タテ 23cm ヨコ 15cm アツミ  4cm

   ハンコにする程 固くはないようなので、買うには買ったが

  キーホルダー・ストラップ・・・・何にしようかと考えています。

-------------------------------------------------------

オーブン陶土で篆刻みたいな雰囲気で

  「人生謳歌」   と彫ってみました

022a001022b002022c003

やがて人生百歳の時代がくるとか

人生楽しみましょう謳歌しましょう

---------------------------------------------------------

アップするのが遅くなり時期を外してしまいましたが

漢詩の一節を彫っていましたのでご覧ください

よく知られている  「春暁」より  「花落知多少

023a001023b002023c003 

 

   春暁           孟浩然

 春眠不覚暁        春眠  暁を覚えず

 処処聞啼鳥        処々  啼鳥を聞く

 夜来風雨声        夜来  風雨の声

 花落知多少        花落つること知んぬ多少ぞ

 

   春の眠りの気持ちよさに 朝寝坊してしまった

    鳥の啼き声があちこちから聞こえ起されたらしい

    昨夜からの雨がまだ降り続いているようだ

    この雨風で花はどれくらい散っただろうか

 

----------------------------------------------------------

肉食恐竜だって  春眠暁を覚えず って時もあります

 

20180609_2
    

眠い時だって、月を見て啼くことだってあるのです

お腹が空いたと啼くことはなかった ?

まさか涙は流さなかったでしょうね

これも aboo-kaiさん のブログで確かめてみましょう

| | コメント (8)

2018年6月10日 (日)

月落烏啼

以前に、オーブン陶印で作った篆刻のようなもの

 

                           「喜」

018c003
                           「秋」

019c003


                          「風蕭々」

020c003

--------------------------------------------------------

 「楓橋夜泊」       張継

 月落烏啼霜満天    月落ち烏啼いて 霜 天に満つ

 江楓漁火対愁眠    江楓 漁火 愁眠に対す

 姑蘇城外寒山寺    姑蘇 城外 寒山寺

 夜半鐘声到客船    夜半の鐘声 客船に到る

                        「月落烏啼」        
021c003

 

<訳>

  月落ちて烏啼いて 霜は天地に満ちわたる

  岸辺の紅葉は漁火に照らされ 旅愁で眠れぬ目に鮮やかだ

  蘇州の城外にある寒山寺から

  鐘声は船旅の枕元にも夜半を告げる

 

  漢詩の冒頭の四文字をはんこにしてみました

  (全部を彫るのは大変だから)

 

-------------------------------------------------------------

月が落ちて啼いているのは烏だけではありません

20180609
イエロースットンの恐竜だって月を見上げて啼いています

aboo-kaiさん  も きっと、そう言ってます。

| | コメント (4)

2018年5月16日 (水)

朋月交風

この4~5日は動くに動けぬ状態で過ごしてきました

痛・・・・    イッテテテテテ  ウーン  の日々はほぼ終わり

さあ、これから立ち上がるぞーーー動くぞーーーと思わなくても

なんとか出来るようになりました。

その間に、植えようと準備していた苗が随分伸びてしまいました

-----------------------------------------------------------

・朋月交風  月を友とし風と交わる

           自然と親しみ、自然と一体となる  みたいな意味か?

015a001015b002015c003

               オーブン陶印(実物大)

-------------------------------------------------------------

そんな友と酒を飲むのなら

こんな漢詩がありますね

 

・「勧酒」  酒を勧める    于武陵       (オーブン陶印)

016a001016b002016c003

                     (ほぼ実物大)

    勧酒            于武陵

    勧君金屈卮  君に勧む 金屈卮

    満酌不須辞  満酌 辞するを須いず

    花発多風雨  花発けば風雨多し

    人生足別離  人生 別離足る

     友よ 黄金の杯を受けておくれ

     なみなみつがせて一緒に飲み干そうよ

     花の容に風雨はさだめだ

     ひとたび人に生まれた限りは 別離は絶えないものだよ

     (こんな内容だそうです)

----------------------------------------------------------

  漢詩の訳としてはこれが有名ですね

  「勧酒」  井伏鱒二訳         (オーブン陶印・ほぼ実物大)

017a001017b002017c003

この杯を 受けてくれ

どうぞ なみなみ つがしておくれ

花に嵐のたとえもあるぞ

さよならだけが人生だ

 

        (この訳詩を覚えてる人も多いと思います)

        乾燥途中で彫ると朱文も白文も細い線はとても彫りにくい

        手で握って彫るとその間に急激に乾燥が進みます

        焼いてから彫ると細字は彫れるが陶印の雰囲気が出ない

        良い方法を模索中です。

 

--------------------------------------------------------------

のんびり飛んでいる魔女もいれば、高速で飛んでいる魔女もいます

20180516

              魔女初心者かもしれませんが、空はふわふわ

              飛ぶのが最高です。

 

   この魔女が飲んでいるのは、お酒なのか珈琲なのかジュースなのかは

   判りませんが

   何かを飲みながら食べながらスマホをいじりながら飛ぶ魔女もいるのです

   ちょうど  こんな風にね

20180516

20180616


   昼だって夜だって魔女は空を飛んでいるようです

   見えないだけで

   よーーーく見てみたいなら  aboo-kaiさん のブログまで飛んで行きましょう

   aboo-kaiさん また来て貰いました   今日はまだカソ村ですか?

 

| | コメント (10)

2018年5月11日 (金)

春風笑桃福

今日も焦点の定まらぬ内容です

今は庭のそこらじゅうに咲いてますが

4月半ばにはこんなでした

20180511_2

                                  そして、今ではこんなになってます

20180511

-----------------------------------------------------------

朱泥で「春・風・笑・桃・福」   

011a001012a001035a001013a001014a001

純黒で「春・風・笑・桃・福」

011b002012b002035b002013b002014b002

彩色印で「春の風は桃の蕾を膨らませ福を呼ぶ」

普通なら「春風笑桃花」 春風吹き桃の花咲くといったところですが

桃の花が丸くてふっくらしているので福を呼びそうな気がして変えてみました

011c003012c003035c003013c003014c003

梅・桃・桜  春の花はそれぞれにいいですねー

20180401

--------------------------------------------------------------

      写真を見ながらの  立体人形から平面レリーフ造形なので

      イマイチ臨場感に欠けますが

      なんとなく  あっ!良寛さんだと思って頂けたら大成功です

      子供らと遊ぶ光景も良いのですが、貞心尼との恋の歌交換も

      いいものですね

 

            ねーねー良寛さん  遊ぼうよーーー

20180511
                             良寛さんと子供たちのレリーフ(オーブン陶土で作成)

20180730

                       桜咲く春の一日、子供らと鞠突きをして遊ぶ良寛さん

                    上 (タテ165×ヨコ125mm)  下(タテ155×ヨコ140mm)

20180730_2

              

   ・この里に手まりつきつつ子供らと遊ぶ春日は暮れずともよし

   ・この宮の森の木下に子供らと遊ぶ春日になりにけらしも

   ・いざ子ども山べに行かむ菫見に明日さへ散らば如何にとかせむ

 

    この良寛さんのレリーフ ↑ には参考にした  本物の人形があります、

    人形作家で有名な高橋まゆみさんの人形作品です

    まずは   橋まゆみさ   のブログをご覧ください

 

    その後、長野県飯山市の「高橋まゆみ人形館」を行ってください。

    人形の周辺を彩る大道具・小道具を自在に作る

    今度の日曜日にイトーさんとまゆみさんとのトークショーがあるそうです


<おまけ>:8年以上前に作ったものです

004084c018101c2010103c2010





 

追記(18.05.12) 五合庵(秋・冬)

049c050 

 

 

 

 

| | コメント (6)

より以前の記事一覧