« 山笑花筏 | トップページ | 房総半島への来訪自粛のお願い »

2020年4月20日 (月)

春風江上

土曜日は

強い雨と風と雷の後に晴れるという忙しい天気の一日でした

これでコロナウィルスが消えてしまえばよかったのですが

そうはいかないようです

まだまだ気をつけましょう

 

 

さて

文字を切ってみました

前回はA4サイズ 今回は「はがきサイズ」

 

春暁 孟浩然

花を散らし雨を降らしてみました

048001

春眠暁不覚 春眠暁を覚えず

処処啼鳥聞 処処 啼鳥を聞く

夜来風雨声 夜来 風雨の声

花落知多少 花 落つること知んぬ多少

 

 

カチッとした感じで漢文風に四角の中に押し込んでみました

049001

水を渡り又水を渡り

花を巡り又花を見て

春風の吹く水辺の道を歩いていたら

知らない間に君の家に着いていた

 

なんてこった

徘徊の詩ではありません

 

暇なので、はがき大の紙で

お地蔵さんみたいなものを切り絵にしています

来週からは

そんなものが続きます

056bw001

 おや、土筆の子が顔を出したぞ

057bw001

暖かい春の日差しの中でお昼寝タイム

010bw001 

あれっ!筍が 

100bw001

筍地蔵かな?

かぐや姫ではなさそうです

 

|

« 山笑花筏 | トップページ | 房総半島への来訪自粛のお願い »

切り絵」カテゴリの記事

コメント

房州やさん こんにちは!

凄いですねぇ!!!
テクニックも きっと 並々ならぬ達人なんでしょうが
デザイン力 って言うか創作力!!! 
花や雨を散らした 切り絵!!!
見るだけで ウキウキしてきます
<知らない間に君の家に着いていた>
の一句は 
若いころのときめきを 思い起こしてくれました

山のあちこちで 小枝拾ってきたので
楽しみたいと思います
ブログ 何度も 拝読しなおしてます

投稿: 町のすずめ | 2020年4月20日 (月) 14時51分

🐦🐦町のすずめさん

 再訪ありがとう

>山のあちこちで 小枝拾ってきたので

  山で拾ったのはどんな木ですか
  彫りやすい木だと良いのですが
  
  房州やの彫り方だと「椿」「山茶花」「百日紅」「桜」等が彫りやすいなと思います
  どれも年輪がくっきり出ていない小枝ですが
  デザインによっては年輪をうまく利用するのも面白いかもしれません

  日本中がコロナ禍で自粛自粛で大変でしょうが
  不謹慎ですがこれも楽しみましょう
  ブログのご近所  →   http://blog.goo.ne.jp/shogyo-an  を訪ねてみるのも
  楽しいかもしれません

投稿: 房州や | 2020年4月21日 (火) 06時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山笑花筏 | トップページ | 房総半島への来訪自粛のお願い »