« 参考資料 | トップページ | 「あぼう」小枝印② »

2019年12月 9日 (月)

「あぼう」小枝印①

あぼう氏の思い出

 

aboo-kaiさんが旅に出たというので

何か記念になるものをということで、1日1個を目標に

小枝印を作ってみました

1回10個前後の小枝印をアップしていこうと思います

思い出のある人もそうでもない人も楽しんでください。

---------------------------------------------------

 

 

 

1.某月某日 より

上段:3月02日:アザラシのカモちゃんを写しに

下段:1月19日:お茶でボケ防止

 

01

3月2日

3月に入ってとたんに又冬に逆もどりで朝から寒い

今朝、いつものようにお茶を飲みながら新聞を見ていたら

「緑茶を1日2杯以上飲む人は認知障害になりにくい」とある

認知障害、つまりボケになりにくいというのだ

本当かね。

お茶は1日に10杯は飲んでいるのに、もの忘れがはげしい

目がねはしょっちゅう探しているし

人の名前が出てこない。ひょっとして

飲みすぎもいけないんじゃないのかな・・・・

 

001_20191206091601

↑↑↑

10月30日

「メガネドラッグ」のCMといっても関東以外の人は知らないでしょう

桃太郎、イヌ、サル、キジがメガネをかけて行進する

メガネ屋のCM。それを26年ぶりに改訂することになった。

CMプロダクションに打ち合わせに行ったら

若い制作担当者が

「26年前といったら僕が生まれる前です」といった

そうだろう、26年前にこのアニメを作った僕も

紅顔の美青年だったのだから。

 

-------------------------------------

あぼう

1.名人は筆ペンを選ぶ愛用のぺんてる太字

2.ごぶさたですさぼっておりました

3.そよ風が吹きました

(胸の「あ」は房州やが勝手につけました)

 

Photo_20191205132301

 

上段:ののじがつぶやいた

人は見かけによらぬもの、山豚火はこんな顔して

しの笛を作らせたら上手いのだ

吹くのは苦手らしいが、それでも

カソ村の祭りでは山車の上で

ピーヒャラと吹いているとか!

 

下段:山豚火句

梅雨晴れ間まぶしい四谷三丁目

 

Photo_20191205132302

 

 

同じぺんてるの太字筆ペンを使っても筆ペン名人にはなれません

何本も持っているのですが

|

« 参考資料 | トップページ | 「あぼう」小枝印② »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

しみじみ追悼させていただきます。
掲載、ありがとうございます。

投稿: モネ | 2019年12月 9日 (月) 10時12分

🖌🖌🖌モネさん
>
>しみじみ追悼させていただきます。

  しみじみと眺めず、さらっと通り過ぎてください
  あと3回、年末までは 「あぼう」月間と致します

  文字の間違い彩色の違いは笑ってお見過ごし下さい

投稿: 房州や | 2019年12月 9日 (月) 11時33分

虎は死して皮を留め
友は死して印残す。
個人的には祭囃子の笛を
吹く山豚火が大好きです。

投稿: 兄ー兄ー | 2019年12月 9日 (月) 15時24分


〇兄ー兄ーさん
>
>個人的には祭囃子の笛を吹く山豚火が大好きです。

  イラストは上半身だけだったので
  下半身は私が勝手に追加しました
  なんとなくいい感じになってるでしょうか
 
  こちらは冬になったり秋になったりの気温の変化がありました
  1日1個のペースで作るのは大変でしたが何とか終わりました
  週一で年末までアップしますのでまた遊びに来てください

投稿: 房州や | 2019年12月 9日 (月) 16時19分

毎回は見ていなかったものの、山豚火さんの味のある絵とユーモアはすごいと思っていました。
こうしてハンコとなって改めて見ると、生き生きと蘇るようです。
コメントもほとんど入れたことが無くて、房州やさんのブログで勝手に親近感を感じていました。
寂しいです。

投稿: 峰猫 | 2019年12月10日 (火) 21時55分

🖼峰猫さん
>
>山豚火さんの味のある絵とユーモアはすごいと思っていました。

  少しずつ絵の感じが変わりながら
  ユーモアと少しの皮肉を交え最後まで楽しませてくれましたね
  良い人と出会えたことをうれしく思っています
  (カソ村の庵へも江戸のマンションへの訪問することもなく
   世界堂で出会うこともなく逝ってしまいました)

>こうしてハンコとなって改めて見ると

  アニメの原画やイラストを描いてただけに発想の豊かさには驚かされますね
  小枝のハンコを送って初盆の送り火にでもして貰いましょうかね

投稿: 房州や | 2019年12月11日 (水) 08時10分

ブログなんかやっている年寄りなら
一度はブログの最後はどうなるんだろうとか
考えるとは思うんですけど……
あぼう氏がそれに強烈なカッコよすぎる答えを出し、かなりショックでしたが。

あぼう氏の新しい作品が見られない……寂しいなぁ…ご冥福を!
房州やさんの追悼ハンコも良いなぁ……。

投稿: 章魚庵 | 2019年12月12日 (木) 11時21分

🌥🌥章魚庵さん
>
>あぼう氏がそれに強烈なカッコよすぎる答えを出し、かなりショックでしたが。

  体調が悪いと言ってから2週間もなく旅立ってしまったのに
  あんなものを残しておくなんて、困ったおじさんです
  
   自分の終活の一項目にブログの締め方を考えなきゃとは思っていましたが
   こんなにうまくやられると困ってしまいます

>あぼう氏の新しい作品が見られない……寂しいなぁ…ご冥福を!

   新作はありませんが、
   許可は取ってはありませんが勝手にハンコが年末まで続きます
   もうしばらく「あぼう氏」を偲んでください

今日は暖かかったので、版木用の丸太を輪切りを2枚作りました
こんなことをしていると、遊びの材料の断捨離が出来なくなりそうです

投稿: 房州や | 2019年12月12日 (木) 23時26分

うちの娘が旅立って18年になります。
昨日も娘と高校・大学と一緒だった友達がうちに来てくれました。
命日の近くには、今でも毎年お花やお菓子を送ってくれる友達が何人もいます。

肉体は無くなっても、心の中で生き続けていてくれる事を親として嬉しく思います。

作家というのは「作品」が後世に残ります。
そう思うと、まゆみさんの人形小物も、もっと心を込めて作らなければと反省します。

お会いした事は有りませんが、あぼうさんの西方への旅立ちに謹んで哀悼の心を捧げます。

             合掌

投稿: 閑爺 | 2019年12月14日 (土) 09時55分


🕯閑爺さん
>
>今でも毎年お花やお菓子を送ってくれる友達が何人もいます。

  良い友達を持つことができたら
  子供も親もずっとずっと嬉しいものなんですね

>もっと心を込めて作らなければと反省します

  見るほうも心を込めてみなくてはと思います
  益々良い人形と良い小物ができるのでしょうね
  よくもまあいろんなことが思いつくものだと
  感心しています

>あぼうさんの西方への旅立ちに謹んで哀悼の心を捧げます。

  私が言うことではないかもしれませんが
  「ありがとうございます」
  実は、私も一度もお会いしたことがありません
  会ったことは一度もありませんが
  不思議なことに何度もあったような気がしています

  最後にまたまた「あぼうさん」の作品を勝手にハンコにしてしまい
  起こっているのではないかと心配しています

  が、2弾3弾と続けます

  供養になればと願います


閑爺さんの体調は良いようですが
そんな時ほど無理せずに  

投稿: 房州や | 2019年12月15日 (日) 13時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 参考資料 | トップページ | 「あぼう」小枝印② »