« 「あぼう」小枝印③ | トップページ | 令和二年 »

2019年12月30日 (月)

「あぼう」小枝印④

今年最後の更新です

 

 

あぼういかいさんの思い出(第4回:最終回)

 

あと2回寝るとお正月ということで

しつこい位に続けた「あぼう」小枝印展は

今回をもちましてお開きとさせて頂きます

最終回はこれまでの①~③で紹介した小枝印を

A4一枚収めましたのでご覧ください

 

一枚目:純黒版

B001

2枚目:彩色版

C001

 

下から上に従って、時代が新しくなっています(多分ですが)

最上段の3印は「あぼうさん」の作ではありません

房州やが勝手に作りました

(房州やのあぼうかいさん・aboo-kai地蔵さん・旅立ちの時に登場したaboo-kai地蔵さん)

右下隅のメガネをかけた桃太郎(モモちゃん)は

「あぼうさん」の作で関東地方では有名なメガネのキャラクターです

------------------------------------------------------

小枝で印材を作るときに副産物として

小枝の薄切りが出来てしまいます

この小枝の薄切りにお地蔵さんの絵を描くことを始めて

随分長くなりました、今回は

「あぼう」さんのイラストのキャラクターのいくつかを

小枝絵にしてしまいました

 

Photo_20191216134701

 

---------------------------------

まもなく新しい年「令和2年」がやってきます

皆様にとって、もちろん私にとっても良い年になりますように

あぼうさんの旅が楽しいものでありますように

引き続きよろしくお願いいたします

遊びに来てくれた、みなさんのご多幸を祈っております

良いお年をお迎えください

来年もよろしくお願いいたします

 

 

「あぼうかい」さんも旅先で良いお年をお迎えください

|

« 「あぼう」小枝印③ | トップページ | 令和二年 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

房州やさん
あぼさんが旅に出られて、本当に寂しくなりました。
でも、22さんのところへ来てくださって、ありがとうございます。

来年も引き続き「相棒」になってくださいませ。

22さんも、房州やさんのお陰で、目覚ましい更新力!!

みんな、励ましあって生きていくのですね。

2020年も、どうぞよろしくお願いいたします。
良いお年を。

投稿: モネ | 2019年12月30日 (月) 11時47分

🎍モネさん
>
>良いお年を。

 来年もよろしく
 皆さんにとって良い年になりますように

投稿: 房州や | 2019年12月31日 (火) 12時40分

明けましておめでとうございます。

今、初めて思ったのですが、おぼうかいさんの
絵を見る限り、旅姿が好きで、かと思うと
こじんまりと生きたいような絵があったり
時空を超えるシーンがあったり空を飛んだり、
まるでピーターパンみたいなそうでないような、
もしかして今頃、未来を旅しているのかも
知れませんネ?、うん、きっとそう。

そう言う22が一番のピーターパンかも!
バターパンみたいな顔して(笑)。

投稿: 兄ー兄ー | 2020年1月 1日 (水) 09時31分

明けましておめでとうございます。
昨年年賀状を頂いた方を除き、今年もブログでのご挨拶にさせて頂きました。

昨年は災害や悲しいお別れなど、いろいろありましたが、
今年は良い年になりますように。

今年もよろしくお願い致します。

投稿: 峰猫 | 2020年1月 2日 (木) 21時18分

🎍兄ー兄ーさん
>
遅れましたが   明けましておめでとうございます
>
>絵を見る限り、旅姿が好きで、かと思うと

  房州やのaboo-kaiさんも兄ー兄ーさんと同じ
  筆ペン名人で徘徊する旅の俳人山豚火です
  
  南の島で仲良しお嫁さんと暮らす
  兄ー兄-さんがピーターパンかバターパンかは分かりませんが
  
あぼうかい方面からやってきた皆様へ

 あけましておめでとうございます
 今年もよろしくお願いいたします  

投稿: 房州や | 2020年1月 3日 (金) 06時56分

🐈✒🏆峰猫さん
>
明けましておめでとうございます。

  今年はお正月から天気も良いので
  きっと良い一年になるでしょう

  縁起よい家族が一人増えた峰猫さんは間違いなく良い一年になります


  改めまして
  新年明けましておめでとうございます

投稿: 房州や | 2020年1月 3日 (金) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「あぼう」小枝印③ | トップページ | 令和二年 »