« 瓢箪稲穂 | トップページ | 曼殊沙華 »

2019年9月26日 (木)

菊間鬼瓦

10日目

逆打ちで歩いていても、すぐに思い出す道と

迷いそうになる道があります

この道は何故だか迷いそうな道です

なんとなく右だ左だと歩いているうちに

道の駅に着きました

ここまで来たら今治までの道は迷う心配なく歩けます

 

今日最初の札所は握手大師の待っている国分寺

010

最近は外国人が多い、外国女性の一人遍路も多いと思います

仙遊寺は好きな札所の一つです

010_20190714100501

遍路半ばで倒れた多分江戸時代の遍路さんのお墓に手を合わせます

こうして異郷の地で亡くなったお遍路さんを丁寧に弔う

優しい気持ちが今もお接待の風習となって残って

いるのではないかと思います

010_20190714100601

11日目瀬戸内の海沿いの道を歩いて歩いて時々遊んで

また遊んで歩いて松山のはずれへ

011

毎日、寝る前に、地図を見ながら明日の行程を考えます

大休止はどこで小休止はこことあそこと・・・

明日は宿を出て、イセキ農機の工場横を歩いてガソリンスタンドの

・・・・・明日は迷わずに歩けそうです

 

----------------

台風15号による停電もほぼ終わりかけてます

ブルーシートの青が目立ちますが

新聞記事も面積が減りました

復旧復興に向けて動き出しているようです

これからです

 

|

« 瓢箪稲穂 | トップページ | 曼殊沙華 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

☀☀☀
10日目、11日目になると35㌔、36㌔と距離も延び
もう少し頑張ればフルマラソンの距離です。
すごい健脚。

57永福寺の箱車、よく分からないので検索したら
載っていました。
足の悪い人が箱車に乗ってお遍路していたらこの寺
の前まで来ると足が治り、歩いてお遍路を続けたという話。
その車が寺にあるのだから実話なんでしょう。
房州やさんの想像で彫ったハンコの箱車はほぼ同じ。
今は箱車の傍に房州やさんのハンコの箱車も見られます。
多分これ本当。

投稿: aboo-kai | 2019年9月27日 (金) 10時42分

👣👣👣aboo-kaiさん
 
>すごい健脚。

  健脚ではありません
  でも歩き遍路の中では割と速足のようです

>その車が寺にあるのだから実話なんでしょう。

  これが本物で奇跡であってほしいのですが
  境内にある箱車は大きめの乳母車のような形で
  しとしとぴっちゃんの大五郎の乗っているようなものです
  誰かが押していたのでしょうね、それは誰なのでしょうか?
  大きな街道道であれば押して歩けますが
  へんろころがしのある山道はどうしたのでしょう
  砂浜やごろごろ石の海岸はどうしたのでしょう
  疑っていては極楽浄土へはいけませんね
  
>房州やさんの想像で彫ったハンコの箱車はほぼ同じ。

  写真を撮っていなかったので記憶だけで
  前回の遍路の後で彫ったのですが
  何となく似ているのですがなんとなく違っていました
  それでも、アップしてしまいました
  
  それは本当です私がやりましたが出てくると
  ついつい疑ってしまうのが悪い癖です

  石を握って生まれたから「石手寺」と改名の方がまだいいな

投稿: 房州や | 2019年9月27日 (金) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 瓢箪稲穂 | トップページ | 曼殊沙華 »