« 遍路冊子 | トップページ | 源平戦場 »

2019年9月 2日 (月)

遍路初日

これからしばらくの間(三十余回)

退屈でしょうが遍路の話にお付き合いください

  

 

今日は初日

88番大窪寺から86番志度寺までの短い距離を歩きました。

 

暑い夏の間に冊子も作っていましたので省力化(手抜き)のため

せっかく作った冊子を使って進めていきたいと思います

 

001

朱色のハンコは全て新作です

札所を四文字熟語風の言葉にして彫ってみました

良いの悪いのう~んと思うもの色々ですが

それも又良しと思いましょう

左回浄土:通常は順打ちで右回り、逆打ちなので左回り

会別右左:普段は逆打ちの人は少なく順打ちの人と会って別れるだけ一期一会?

日々迷々:深い意味はなく道がわかりにくく日々迷いながら歩くのです

会人会人皆友:お遍路さんも出会った人もお宿の人も皆友です

 

 

前段(今回までの道のり)

001_20190711105001

夜行バスに乗って志度に着いた

案外安く早く四国へ行けるものです

001_20190711105002

これより逆打ち遍路の始まり

001_20190711105101

参拝も終わり、句碑も見つけたら

長尾寺への遍路道を決めます

001_20190711105102 001_20190711105103 001_20190711105104

↑ このような私の遍路の記録が結願の日まで続きます

お暇のある方、遍路に興味のある方は見に来てください

 

新しいはんこも作りましたが是までに彫っていたものも

たくさん使っていますので、これは見たこれも見たぞ等と

手抜き具合を発見する楽しみも味わって下さい。

 

遍路は35日かかりましたから

2回/週で更新すると17回+α になります

12月の初めまでよろしくお付き合いください。

 

Img_2605

これから1ケ月余、こんな標識に導かれて

(この案内板は花折山遍路道の出口にあります)

歩くことになります

|

« 遍路冊子 | トップページ | 源平戦場 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

☁ ☀
>これより逆打ち遍路の始まり

ついに始まりましたね。
これは真剣に読まないと手強そう。
12月のはじめまでお付き合いいたします。

朱色の新作のハンコも楽しみ。
早速ですが「日々迷々」が好き。また
無断で拝借してしまいそう。

投稿: aboo-kai | 2019年9月 2日 (月) 11時29分


👣aboo-kaiさん

>12月のはじめまでお付き合いいたします。

  「あ~~ぁ たいくつで たいくつで あくびが・・・」と
   なること間違いなし
  
>早速ですが「日々迷々」が好き。また

  初めての逆打ちの時は散々迷いましたが
  2度目の逆打ちは少しだけ迷いそうになりましたが
  無事帰ってきました
  迷うのが良いのです、順打ちの時の映像を頭の中に映し出し
  それを逆から見た映像に編集して
  「うん この道で間違いない!」


途中でひょうたんの収穫と種抜きの仕事(?)があります
aboo-kaiさん やってみますか?

投稿: 房州や | 2019年9月 2日 (月) 12時10分

いやはや、相変わらず凄いことやってます。
ほとんどあきれます……(笑)

これは真念さんの「四國遍路道指南」の
令和版(?)平成版(?)となることでしょう。

房州や版四國遍路道指南はこの後遍路ガイドブックとして
広く万民に読み伝えられることでせう。

先は長い……楽しませていただきます。(^_^)v

投稿: 章魚庵 | 2019年9月 4日 (水) 11時42分

🐙章魚庵さん
>
>ほとんどあきれます……(笑)

  毎回、これでお終いにしようと思うのですが
  遍路の後、暇なので、何かしないと
  歳が歳なので呆けてしまいそうで
  思い出し思い出ししながらこんなことをやってしまいました
  (今回はメモ帳を持って行かなかったのですが)

  私も、墨彩画の〇〇島にもあきれていますが

>これは真念さんの「四國遍路道指南」の

  読んでみたのですが(文庫本で)
  〇〇むら△△村 あいだに 川あり 程度の案内で
  四国を回るのです、昔のお遍路さんは人は頭いいし
  ほとんどが野宿だったようだったそうなので体力も
  あったのでしょう
  +四国の人のお接待もね

>先は長い……楽しませていただきます。(^_^)v

  今は巻物を作ろうと、ハンコに色を付けています  
  今年中に仕上げる予定ですが

投稿: 房州や | 2019年9月 4日 (水) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路冊子 | トップページ | 源平戦場 »