« 般若心経 | トップページ | 外郎売全 »

2019年8月19日 (月)

一人遊び

今日はいろんなことをごちゃまぜにして

---------------------お見舞い--------------------

台風10号の影響で大変なお盆休みになった人も大勢いるでしょうね

ブログのご近所の方で被害に遭われた方はいませんでしたか

-------------------------------------------  

1999年8月17日3時2分(現地時間)

トルコ 北西部を震源とする大地震がありました

房州やは旅行中でトルコ西部のイズミールで知りました

休憩場所に着くたびにテレビで救出のニュースを見ていたのを思い出します

20190819_20190818082201

持ち帰った新聞の右上を見ると

死者・負傷者の数が日々増えていっていたことがわかります

 

 

------------------------------良寛さん------------------------------

 

久し振りに息抜きも兼ねて良寛さんを彫ってみました

せめて良寛さんと判るように顔だけでも似せようとしたのですが

描いた時は確かに似てたのですが彫ってみると

どうも似てないようです

 

20190715002

 

「世の中にまじらぬとにはあらねども

一人あそびぞ われはまされる」

良寛

 

摺ってみると

あれっ?この人誰?

よくあることではあるのですが

刃が滑ったりうまく彫れなかったり

これも房州やには

よくあることですが

20190819001_20190706141401

 

----------------昔の版画------------------

こんな版木が見つかりましたので摺ってみました

昔の年賀状に使った版画 ↓

20190819001

「とらのお」

文字ばかりでなく花も良くないですか

昔々、寅年の年賀状用に彫ったものです

 

--------------秋近し------------

バケツで栽培している稲に僅かですが

茎から稲穂が出てきました収穫までには

まだまだ時間がかかりそうですが

片手の手のひらに乗る程度ですが収穫の喜びを

味わえるかもしれません

 

20190819

バケツ稲・生長中

 

20190819_20190814122201

受粉ができますように、無理とは思いますが、茶碗一杯分くらいの米が取れますように

 

 

|

« 般若心経 | トップページ | 外郎売全 »

木口はんが」カテゴリの記事

コメント

旅先では事件事故には会いたくないものです。
釜山に行っていたときに北のロケットマン
の親爺さんが亡くなったというニュースがありました。
やっぱり新聞買ってきました。人々は何事もなくですが
空港は自動小銃持った兵隊が一杯いて、ちょっとキンチョウでした。

良寛さんの力の抜けた文字は好きです。天上大風
こんひとだれ?と言われても良寛さんよう知らんし。

秋には塩むすびが出来ますか?

投稿: 章魚庵 | 2019年8月20日 (火) 12時04分

この人はまさしく良寛さんでしょう。

お米とれるといいでね。
稲の花も可愛い!
新米までもう少し~。

投稿: mimi | 2019年8月21日 (水) 00時53分

🐙🐙>章魚庵さん
>
>旅先では事件事故には会いたくないものです
 旅から帰ったら 
  チュニジアはジャスミン革命が起き
  リビアはカダフィ政権が倒れ
  ネパールは大地震があり
 旅の計画中に
  イランのバム遺跡が地震で崩壊し
  でも行きました
 でも旅の途中はトルコだけです

>空港は自動小銃持った兵隊が一杯いて、ちょっとキンチョウでした。

 息子はもっと緊張することをやってますよ
 南の変なおじさんも・・・
>
>天上大風

 消えそうな細い線でね
 「愛語」なんかはどうですか

>秋には塩むすびが出来ますか?

 近所では稲刈りが行われています

 バケツ田んぼでも
  ①稲刈りをして ②干して ③脱穀して 
  ④籾摺りして:すり鉢に籾をいれ軟式ボールでするそうです
  ⑤精米する:玄米を瓶に入れ棒でつくそうです

 まだまだ、塩むすびへの道は厳しく遠いのです

投稿: 房州や | 2019年8月23日 (金) 08時58分

🌾🌾mimiさん
>
>この人はまさしく良寛さんでしょう。

  痩せた坊さんを描き毬を持たせればなんとなく良寛さん

>お米とれるといいでね。

 章魚庵さんのところでも書きましたが
 まだまだ続く塩むすびへの道

投稿: 房州や | 2019年8月23日 (金) 09時01分

☀️☀️☀️
だれも本物の良寛さんを見ていないので、これが
良寛さんだと言えば良寛さんです。

バケツ稲は日照りが続いたら日陰に移動できるし
台風がきたら小屋のなかに避難できる。便利な
田んぼです。

精米はどうしますか。子供の頃ばあちゃんが玄米を
一升瓶の中にいれて親指くらいの太さ棒で瓶のなかの
玄米を突いていたのをおもいだす。なにしてるのか聞いたら
こうすると白いお米になるのだと教えてくれた。

バケツ田んぼの応援団みんなで試食会をひらきましょう。
   

投稿: aboo-kai | 2019年8月24日 (土) 02時24分

🌊🌊🌊aboo-kaiさん
>
>良寛さんだと言えば良寛さんです。

  そうだ! これが良寛さんの本当の姿だ!!!!

>精米はどうしますか。子供の頃ばあちゃんが玄米を

  棒はあるが一升瓶はない  でも  籾は片手の掌に乗るくらいしかできない
  
  軟式野球のボールとすり鉢でゴリゴリやって籾を取るそうだが
     ボールもすり鉢もない

  なんとか工夫しなければご飯も炊けない塩むすびも作れない
  夏休みの宿題です、良い知恵を出して手伝ってください   

投稿: 房州や | 2019年8月24日 (土) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 般若心経 | トップページ | 外郎売全 »