« 雨降地蔵 | トップページ | 梅雨地蔵 »

2019年4月15日 (月)

雨雨雨雨

 

先週のこのお地蔵さんに雨を重ねるべく

20190408001_2

 

   別の板に雨だけを彫りました、少し調整したら

   重ねて摺ってみようと思います

 

20190415002

   少し見えにくいですが、この雨 ↑ を重ねるつもりです

  ↓ 雨の線を少し拡大してみるとこうなります

20190415

 うるさくなく重なってくれれば良いのですが

   顔の部分は雨の量を減らそうと思います

    可能な限り雨の線は細くしたつもりです

   雨の幅は 1/3mm 位でしょうか

使った刃物は、この3本

三角刀・印刀・丸刀

   摺ると線は太くなるので、これでも太いのかもしれませんが

太ければ細くします、足りなくなっても足せません

邪魔だったら消してしまいます

最後は色をつけてごまかすことも出来ます

来週をお楽しみに

|

« 雨降地蔵 | トップページ | 梅雨地蔵 »

木口はんが」カテゴリの記事

コメント

◎◎雨を降らせるのもたいへんですね。
北斎も 広重も苦労したのかなと思ったが
彫り師や摺師がたいへんだったのかな。

房州やさんは一人で三役。ごくろうさまです。

投稿: aboo-kai | 2019年4月15日 (月) 09時23分

〇aboo-kaiさん


>彫り師や摺師がたいへんだったのかな。

 多分、彫り師が一番大変で、二番目が摺り師でしょう
 浮世絵師は雨の線を一杯引いて楽しんでやたらと細い線を引いたことでしょう
 (あいつ、これ彫れるか、これは摺れないだろうなんて思いながら、にやにやしながら)

>一人で三役

  絵で手抜き、彫りで手抜き、摺りももちろん手抜きの
  一人三役ならぬ一人三抜きでやってます

 

投稿: 房州や | 2019年4月15日 (月) 12時11分

雨は定規を当てて彫るのですか?それともフリーハンドで?

それにしても、面倒な作業ですね!
日曜日の朝、6時に起きて、金比羅さんにお詣りしてきました。10年前は奥社まで早足で登れましたが、今回は本社まででも一汗かきました。

昼間は観光客で賑わっていますが、朝の7時は空いていました。
今年も高橋由一美術館は行けませんでした。

歌舞伎観て、讃岐うどんを食べて帰ってきました。

岡山のバラ寿司には何で甘い豆が入っているのでしょうか?徳島もそうらしい・・・

投稿: 閑爺 | 2019年4月16日 (火) 10時04分

そろそろ雨の日の外出に傘かレインコート以外のものは発明されないでしょうか。
頭にかぶると見えないバリアが出て雨をはじくような装置とか。

梅雨の時期はうんざりしますが、それを過ぎて遠雷を見るのは嫌いじゃありません。
(電気機器に被害が出ると困るので、近くは遠慮します)

投稿: 峰猫 | 2019年4月16日 (火) 23時44分


〇閑爺さん

>雨は定規を当てて彫るのですか?それともフリーハンドで?

  定規を当てるなんて思いもしませんでした
  彫るのはフリーハンドです・・・結構真っ直ぐ彫れるもんです
  篆刻をルーターで彫る人もいるそうですが

>日曜日の朝、6時に起きて、金比羅さんにお詣りしてきました。

  朝も早くから、運動をしてお参りして良い景色を眺めいいことずくめですね

>今年も高橋由一美術館は行けませんでした。

  金丸座で歌舞伎ですか、そりゃあ良いことをしましたね  
  今度行ったら参道沿いの宿に泊まってのんびりしたいものです

  芝居小屋と言えば  金毘羅の金丸座・内子町の内子座・飯塚の嘉穂劇場(芝居小屋) ですが(?)
  まだ、いつか洪水の被害に遭った嘉穂劇場だけは見たことがありません 

>岡山のバラ寿司には何で甘い豆が入っているのでしょうか?徳島もそうらしい・・・

  う~ん、高松でアンコの入ったお餅の雑煮は食べましたが
  食べ物文化は面白いと思います
  行く機会があれば探してみたいものです

投稿: 房州や | 2019年4月17日 (水) 12時26分

〇峰猫さん

>そろそろ雨の日の外出に傘かレインコート以外のものは発明されないでしょうか。

  私が遍路の時に使っている笠は肩幅より大きくて
  普通の???雨位だと気にせずに歩けます
  晴れると日傘代わりにもなります
  風が吹くと厄介ですが

>梅雨の時期はうんざりしますが、それを過ぎて遠雷を見るのは嫌いじゃありません。

  さあーーっと降ってすぐに止む、ついでに虹など出るとなおよい

>(電気機器に被害が出ると困るので、近くは遠慮します)

  雷の音の遠い近いと落雷はあまり関係ないそうです
  「くわばらくわばら」とでも唱えておへそを隠して雷さんの過ぎ去るのを待ちましょう

投稿: 房州や | 2019年4月17日 (水) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨降地蔵 | トップページ | 梅雨地蔵 »