« 半端心経 | トップページ | 外郎口上 »

2018年12月26日 (水)

半端地蔵

もういくつ寝るとお正月の時期になりました

古いものが見つかったので、手抜き更新の続きの続き

          六地蔵さんを彫ろうと思い絵を描いたが

          あまり面白くなくて彫る気にならないまま

            ほったらかしているものです

20181226003

          下半分を画きなおせば(彫らなければ)

           いつもの桜の下の六地蔵さんとなるかもしれません

                          20181226004

               よく見ると、お地蔵さんではなくて

               保育園の園児が好き勝手に遊んでいる

               う~ん  どうしましょうか

             この絵は、一枚の版木の裏表となってます

             六地蔵の春と夏のつもりでしたが

                   (値段のシールの後が変色し時間の経ったことが分ります)

             なにかやろうと思いつき

             途中までは面白そうに思うのですが

             なかなか最後までいきません

 

 

|

« 半端心経 | トップページ | 外郎口上 »

木口はんが」カテゴリの記事

コメント


房州やさんの工房には古い描きかけお宝が
いっぱいありそうです。たまには工房開きで
フアンに開放しましょう。
お一人さま3点までにして。
ひょうたんは真っ先になくなりそう。

お正月はどこかの温泉ですか。
温泉場で六地蔵を仕上げるのもよさそうですよ。


投稿: aboo-kai | 2018年12月26日 (水) 11時49分

物を作る時は、勢いにまかせて作るのが一番ですね!

本も途中まで読んで、時間をおいて又読むの繰り返しの本は面白く有りません。

興味の有る時に一気にやらないと、熱が冷めてしまうと、次にエンジンをかけるのが大変なものです。

投稿: 閑爺 | 2018年12月26日 (水) 12時42分

aboo-kaiさん

小さな部屋の片隅に埃を被っているのが
まだあると思います

今、何時作るとも知れない小枝印の材料を作っています
今年は篠竹の採取はしませんでしたが
100本以上は本箱の上に並んでいます
お地蔵さんを彫るために買った小さな角材も何本かあります
根付用に買った安い黄楊材も3~4本寝ています
 
準備はするが、手が出ない状態です

投稿: 房州や | 2018年12月26日 (水) 12時57分

閑爺さん

この版木も一気に彫るつもりでいたのだろうと思いますが
何故か彫らなかったのです
「般若心経」もしかりです

一気にやる時もあります
「オーブン粘土の般若心経印」のように

そのうち彫りたくなる時が来たら
一気に彫るかもしれません、ながーーい目で見てください。

他にも未彫りの版木があるので
次に紹介します  きっとあきれ返るでしょう

投稿: 房州や | 2018年12月26日 (水) 13時03分

お地蔵さんには雪も桜も良く似合いますね。

保育園の園児もお地蔵さんも、同じようなものなのかも。
純真だったあの頃に戻りたい。
……ような、戻りたくないような。

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。

投稿: 峰猫 | 2018年12月30日 (日) 23時54分

峰猫さん

近くのお寺や小さな祠には
六地蔵がいるのですが
野原や田んぼの畔には六地蔵はいません
野原には大体一人でぽつんと立っています。

散歩コースには保育園が2~3ケ所あります
園庭で遊んでいる子らに手を振ると
賑やかに振りかえしてくれます
なかなか可愛いものです
峰猫さんもああだったのでしょうね きっと

来年も再来年もよろしく
良いお年を

投稿: 房州や | 2018年12月31日 (月) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 半端心経 | トップページ | 外郎口上 »