« 銀杏散敷 | トップページ | 半端地蔵 »

2018年12月21日 (金)

半端心経

手抜きブログの更新つづき

             文字を書いたが未だ彫りに入っていない

                来 年になるか再来年になるか

                      このまま埃をかぶったままになるか

                            今はまだ判らない

20181221001

      表面:釈迦如来に般若心経のお経の言葉を散らしました

          ちょっと、散らかりすぎですかね

20181221002

            裏面:観自在菩薩行深波羅蜜多心経・・・・

                       ・・・・遠離一切顛倒夢想          

    桜の木の版木の両面に文字だけ書きましたが

    なかなか、面倒な気がして、ほったらかしにしています

    埃をかぶったままの物が他にもいくつかありますので

    手抜き更新のついでに次回以降で紹介します

 

 

 

--------------------------------------------------

もうすぐクリスマスがやってくるので、久しぶりにサンタクロースを

作ってみました。

顔だけですが、クリスマスツリーと並べると、それらしくなりました

20181221

 オーブン陶土で形を作り、170℃で焼いて、アクリル絵の具で色をつけ

防水液を塗り、 160℃で焼いて出来上がりです

(作って→乾かして→焼いて→彩色  3日掛りました)

|

« 銀杏散敷 | トップページ | 半端地蔵 »

木口はんが」カテゴリの記事

コメント

  
あれ? 銀杏の版画より般若心経が先になりますか。
般若心経の文字の多さに見ただけでビックリ。
このお経の言葉を彫るとは恐ろしい。

サンタクロースはかわいい。
わが家に来ているどんぐりのサンタクロースは今年も
出しました。今年もあと10日。正月は温かいところに
遊びに行きたいけどもう宿がとれない。
   

投稿: aboo-kai | 2018年12月22日 (土) 02時17分

aboo-kaiさん

この板に文字が書かれてずいぶん経ちました
最初の一文字が彫りだせずに彫って置いたものです
木が少し固いのも原因の一つかもしれません
他にも描くには描いたが版木がいくつかあります
そのうちにそのうちにと思っていると
こうなります(良い?悪い?教訓です)


中途半端に残った粘土でサンタでも
作ってみようかと思ってしまいました
ついでに中をくりぬいた粘土で
クリスマスツリーまで

暇なのですが版画に手を出せずにいます
このまま年を越すでしょう

投稿: 房州や | 2018年12月22日 (土) 08時20分

早く彫りましょう!
どんどん年を取ると、余計面倒になってきてしまうのでは、ないでしょうか?

まあ、私には、下書の文字を書く根性も有りませんが・・・

今日は予報が外れて早くから雨が降り出しましたね?テニスはお休みでしたか?

今日の午前中、東博の裏のお茶室(応挙館)で、お茶を飲んできました。高校生のお茶会が今日、明日有ります。
応挙館のふすま絵や床の間の水墨画は、今は大日本印刷が作った複製品なんですね。

投稿: 閑爺 | 2018年12月22日 (土) 17時07分

普通の字だって般若心経彫るのは大変なのに鏡文字?で彫るとは気が遠くなりそうです。

明日はクリスマスイブですね。
クリスマスには、すっかりワクワクしなくなりました。
お祭りにもワクワクしないし、ときめくことがどんどん減っていきます。
♪ふーけゆくー わーたーしー♪

投稿: 峰猫 | 2018年12月23日 (日) 21時59分

閑爺さん

彫るのが面倒だと投げ出して
何年経つのでしょう
板は埃だらけになっていました
他に絵や文字を書いたままの板が何枚かあります
生きているうちに彫る気力のあるうちにと
思ってはいるのですが
少しずつ少しずつやっていきます

クリスマス茶会楽しみましたか
お茶菓子はクリスマスケーキだったのでしょうか
まさかサンタの格好はしませんね

投稿: 房州や | 2018年12月24日 (月) 08時02分

峰猫さん

これから一年風邪を引かないという柚子湯には入りましたか

スケジュール帳がホワイトなクリスマスが今年もやってきます
だから彫ろうなんて気も起りません

文字や絵を描くところまでは結構楽しいのですが
描いてしまうと、半分出来上がった気になってそのままにしてしまいます
飽きっぽいのでしょうか

サンタクロースの辞典(大岡信)より
不幸な項:小さい頃サンタクロースは不幸だった、何故なら、その当時、まだサンタクロースはいなかったからである」

投稿: 房州や | 2018年12月24日 (月) 08時16分

お茶会のお菓子は、紅葉の練りきりで銘は「木枯らし」でした。
以前は暖房が無く、廊下が寒かったのですが、今年はストーブが入って暖かでした。

1席終わったら、店からメールが来て「お客様が来るからすぐ帰って来い!」で呼び戻されました。

交通手段は、勿論自転車ですが・・・店まで12分で帰れました。

投稿: 閑爺 | 2018年12月24日 (月) 18時46分

閑爺さん

折角のクリスマス茶会にケーキが出ないとは
和菓子の材料でケーキの形に出来ないのでしょうか

ケーキ風和菓子に紅茶風抹茶で一席は変ですね???

今日は風が強かったので自転車での坂道の上り下りは
大変ではなかったですか
まだ若いから平気だということにしておきましょう

お正月は寒くなるとの予報です
晦日まで働き三が日は家でのんびりしましょう

投稿: 房州や | 2018年12月24日 (月) 20時28分

自転車は勿論電動アシストです!
文京区は坂が多いので、必需品です。

今日まで、東京ドームは嵐のコンサートなので、後楽園周辺は凄い人出ですので、なるべく近づかない様にしています。

投稿: 閑爺 | 2018年12月25日 (火) 10時47分

閑爺さん

電動自転車ですか
最近のは軽くなり安くなりました
気楽に坂を上れるので
どこへでも出かけられますね

ブラタモリではありませんが
東京の町を歩いていると
〇〇坂□□坂△△坂が多いのが判ります
富士見坂も多いですね
昔は富士山が良く見える坂が多かったのでしょうね

投稿: 房州や | 2018年12月25日 (火) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銀杏散敷 | トップページ | 半端地蔵 »