« 千成瓢箪⑤ | トップページ | 朝顔地蔵 »

2018年11月26日 (月)

帽子見本

オーブン粘土で作った18体のお地蔵さんに被せる

夏用と冬用の帽子最新ファッションの見本を作ってみました

各々の頭に合わせた、一体毎のオーダーメイドです

20181126
                         無帽  17番  11番  5番のお地蔵さんがモデルです

               陽に当たって坊主頭が暑そうでしょう

20181126_2

            冬は お地蔵さんらしく 笠を被って

               六地蔵のように雪景色の中で

                   記念写真を撮りましょう

20181126_3
               夏は浜辺で 麦わら帽子を被って 

                  波をバックに 

などと妄想するのですが  全員分を揃えるとなると大変です

   全員の麦わら帽子&笠をそろえるには  36 個必要です(18×2)

   見本で 6 個作りましたが    あと  30 個を残ってます

   大変です

 

   今年は房州に雪が降りませんようにと祈りながら

   一月中の完成を目指して

   銀杏の版画もあるしお地蔵さんの笠と帽子も作らなきゃ

   ということで、もうすぐ師走です

 

 

----------------------------------------------------------

2018年のJ2リーグが終わりました

      (J1昇格争いは残っていますが)

 

ご存知の方はご存知の Jリーグの前身 日本リーグサッカー時代の

チケットが片づけていて目につきましたのでご紹介します

20181126001

      1965年から1970年までの入場券です

         約50年前のものです、その頃は         

        入場料も100円から200円の時代で

         芝のグランドも殆どなく、ましてや専用のグランドも

         ありませんでした

   陸上競技場・野球場・学校の校庭等で試合をしていました

     JSL(日本サッカーリーグ)は東京オリンピックのコーチであった

  クラマーさんの考えによって1965年に8チームで創設され発展し

   1993年に「Jリーグ」へ引き継がれていきました

   当時の有名選手で思い出すのは

     小城(東洋工業)宮本(八幡製鉄)杉山(三菱)釜本(ヤンマー)・・・

     懐かしく思い出されます

     覚えていますかねー  みんな若いから知らないでしょうね

|

« 千成瓢箪⑤ | トップページ | 朝顔地蔵 »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント


お地蔵さんには帽子がよく似合う。
笠をかぶったお地蔵さんは山里がいい。
房州やさんがどんぐり拾いや木の枝を
集めの行き帰りに挨拶できる場所がいい。

麦わら帽子のお地蔵さんは海が見渡せる丘の
上がいい。
あぼ・かいが海岸に流木集めに通る道がいい。
おだんごお供えができる道がいい。

今年もあとひと月と少し。
房州やさんはひょうたんに絵描いたり
お地蔵さんの帽子つくりにと忙しい。
   

投稿: aboo-kai | 2018年11月27日 (火) 14時45分

aboo-kaiさん

お地蔵さんが似合う帽子は

笠が一番
毛糸の帽子が二番
三・四がなくて
五に麦わら帽子かな

aboo-kaiさんはどんな帽子が似合うかな
カソ村海岸の砂浜を散歩するには
ランニングシャツに首にはタオル
麦わら帽子が合いそうですね

麦わら帽子
子どもの頃の夏休みにはよく被ってました

投稿: 房州や | 2018年11月27日 (火) 19時05分

自然をバックにしたお地蔵さん見ていると、なんだか温かくなります。
私の父は、掛け軸を掛ける時、「暑い時は雪景色を掛けて涼しくするんだ」ってたしか言ってました。
その逆で、そろそろ寒くなってきたので麦わら帽子のお地蔵さんで暖まりましょう。

投稿: 峰猫 | 2018年11月28日 (水) 22時06分

峰猫さん

今日は良い天気なので雪の掛軸の出番です

天気に誘われて
地物魚を使った「海堡丼フェア」で
海鮮丼を食べ、紅葉を見に紅葉ロードを走り
久し振りにKも川に行ってきました

街道の途中に「六地蔵」というバス停がありました
そのお地蔵さん達が夏になったら
麦わら帽子を被っていたら面白いだろうな
なんて思うのは不謹慎でしょうか

投稿: 房州や | 2018年11月29日 (木) 19時32分


帽子は草を編んだように見えますが粘土かな?
粘土だとそれぞれの頭の大きさに合わせ
ないといけないので面倒ですね。

大江戸温泉物語 君津の森には行ったこと
ありますか?
朝夕食事がついて露天風呂もあって6800円。安い。

投稿: aboo-kai | 2018年11月30日 (金) 00時31分

aboo-kaiさん

大体の大きさで粘土の帽子を作って
頭にのせてちょうど良く作って乾燥させると
縮んでしまい
そのまま焼くとまたまた小さく縮んでしまい
残念なことになります
結局少し小さめの帽子になってしまいます

>大江戸温泉物語

 不便なところですが
 何度か忘年会などで行ったことがあります
 テニスの仲間・同期の仲間等々
 お風呂を楽しむより殆ど飲むだけの会ですね
  

投稿: 房州や | 2018年11月30日 (金) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千成瓢箪⑤ | トップページ | 朝顔地蔵 »