« 六地蔵中 | トップページ | 千成瓢箪① »

2018年10月27日 (土)

六地蔵大

20181022

         今回オーブン陶土で作った中で

         大きな方から並べたお地蔵さん六体です

 

         最後なので判らないだろうが足元も変わっています

         気のせいか、大きさのせいか

                   少し大人びて見えませんか

         スタイルも二頭身ちょっとあります

 

                   十八体全員集合

20181022_2

         全員で集合写真を撮るの図です

         太陽に向かって写すと眩しいと言うので敢えて逆光です

         集合写真で顔が見えなかったり目を瞑っていたりしたこと

         ありませんか   

         小から大へ綺麗に揃えるつもりが、

         適当に作るので、なかなかうまく揃いませんでした

         是もまた良しということで   

 

----------------------------------------------------------------

  作り方

    頭と胴体は別々に作り、後で

    接合部に凹凸をつけドベを塗り接合しました

    頭も胴体も中はくり抜いています

        (粘土の節約と焼くときの割れ防止のため)

    乾燥後(色が白っぽくなったら)に電子レンジをオーブンにセットし

    粘土の袋に書いてある温度にセットし 

    アルミシートを敷いたお皿に全部のせて焼きます

    焼いた後(多少収縮します)、アクリル絵の具で彩色しました。

    誰でも出来る簡単な暇つぶしの紹介でした

    お地蔵さんの頭の大きさに合わせて

    麦わら帽子と笠を作ってみようかな

 

|

« 六地蔵中 | トップページ | 千成瓢箪① »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

ついに大も出てきましたね!
一人数珠を持っている・・・
18体、所狭しと並んでいますね。
中は空洞なのですか!結構手間が掛かりますね。
と言っても、房州やさんにしてみれば「簡単に出来る」のでしょうが・・・

先日、久し振りにオーブン陶土で皿を焼きましたが、海老フライが目立たないので、表はアクリル絵の具で白くしました。

料理10点とおにぎり10点、来月の文京区主催、老人会の作品展のバザーで販売します。

私個人には一銭にもなりませんので、「いくらでも良いから残らず売って下さい」と老人会の会長には言って有ります。

投稿: 閑爺 | 2018年10月29日 (月) 09時48分

閑爺さん

六道を巡るお地蔵さんは
色んな物を持ち歩いていますので
六体だけでも何かを持たせたかったのですが
この大きさのお地蔵さんだと造作が難しくなります。

>絵の具で白くしました
 
 陶器の感じならまだしも磁器の感じは
 オーブン粘土では出ないでしょう
 (白い陶器の感じを出す釉薬風の材料はありますが)
 プラスチック粘土なら多分OKです

>バザーで販売します。

 喜んでもらえると嬉しいですね
 「来年は倍作ってよ」
 と注文が来るかもしれませんよ

今日も良い天気です
近くの「ジョイフル本田」で玉ねぎの苗を買ってきました
ネコが来て糞をしたり掘り返したりしないことを願ってますが
きっと掘り返されるでしょう

投稿: 房州や | 2018年10月29日 (月) 13時51分

五百羅漢(いや五百地蔵?)まで
あと482体……がんばりましょう!

日曜地域のコミュニティー祭りのバザーに
二人展で残った「猫暦」寄付しました。完売してました。
いくらで売ったんやろか?

農作業には良い天気が続いています。
タマネギ良いですねぇ。

投稿: 章魚庵 | 2018年10月30日 (火) 12時53分


お地蔵さんがいい顔になってきました。
100体以上も作ると境地を極めて、こんな
いい表情になるのですね。
そろそろお地蔵さんをつくりながら諸国
行脚なんていかがですか。

作り方を読むと難しい。頭も胴体も中はくり
抜きだなんてとても出来そうもありません。
ま、作り方を書いてもダレも真似が出来ない
ことを承知で書いているのでしょうが。
   ヽ(´▽`)/


投稿: aboo-kai | 2018年10月30日 (火) 14時13分

章魚庵さん

五百位はお地蔵さんの印を彫っているとは思いますが
五百羅漢を彫るつもりが六百羅漢印を彫りました
シリーズ物をやると、どこかで同じ物を作ってはいないかと大変です

玉ねぎは石灰を撒いてからと思ったのですが
今日は良い天気だったので
植えてしまいました。
来年が楽しみです

投稿: 房州や | 2018年10月30日 (火) 19時05分

abooさん

粘土のお地蔵さんは立体物なので
場所を取り邪魔になりますので
邪魔になってきたら
大広間のある(と思われる)abooさん宅に
着払いで送り付けることがあるかもしれません

>諸国行脚なんていかがですか。
 円空さんや木喰さんではないので
 近所をぶらり散歩して、野中のお地蔵さんを
 見つけて楽しんでいます

>ダレも真似
 木彫りの仏さんの中がくり抜かれているのと
 多分同じ手法だと思います

投稿: 房州や | 2018年10月30日 (火) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 六地蔵中 | トップページ | 千成瓢箪① »