« 猫褌借① | トップページ | 猫褌借③ »

2018年9月 8日 (土)

猫褌借②

まだ少し余裕がないので

今回も同じ手でいこうと思うのです

佛の顔も三度までとかいいますが、 

20180908

20180908_2  

20180908_3

 火星の地下に凍った水があるらしい、ネコ星人がいてもおかしくはない

 猿の惑星だってあったのだから

  似てるか似てないかは   →   猫町三丁目  へ飛びましょう

                            やっぱり似てませんか?

  台風21号が日本海を通り抜けて行った5日に「千成瓢箪」を収穫しました

20180908201809083

                                        ↑ こんな感じで生っていました

20180908_2
                    ↑ 千成瓢箪の収穫後

 大小合わせて40個余、疵ついたものや未熟なものや小さなものがありで

 いくつがちゃんとした瓢箪の置物になるかはまだわかりません

 

 少ししたら①口にドリルで穴をあけて→②水の中に沈め→③中身が腐った頃を見計らい

 →④穴から種を取り出しよく洗って→⑤乾燥させます   

 ここまでの工程で一ヶ月半くらい

 →つやつやの美しい肌合いになるにはどれくらいかかるのかわかりません

  (ニスなどを塗らずに光沢を出すにはどうすれば良いのでしょうか?)

   瓢箪の栓や胴体に巻く紐も何とかしなければなりません

   結構手間のかかる遊びです。

|

« 猫褌借① | トップページ | 猫褌借③ »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

sun sun sun
「ま」届きました

詳しくは「メール」に

ひょうたんが40コ すごい収穫

これだけで1年中遊べます

ハンコを彫ってるヒマはなし

テニスをやってるヒマもなし

投稿: 「ま」 | 2018年9月 8日 (土) 08時29分

newmoon「ま」の人へ

使えるものがあれば使ってください
必要いなければ捨てるか送り返してください

瓢箪は沢山獲れても堅くて種ばかりで食料にはなりません
①瓢箪は穴をあけて水に漬けたら忘れるくらい長い間(臭い臭いがするまで)ほったらかしです
②その後、種を取り出す時はイライラします(種をウェストと口の細い所を通すのに苦労します)
③種を取りだしてよく洗ったら、カラカラに乾燥するまでまたまた、ほったらかしです
④この先どうしたらよいのかが判りません

形の悪い物や傷物は捨てようかと思っていますので、最後まで40個は残ってはいないと思います

生瓢箪必要なら送りますよ

投稿: 房州や | 2018年9月 8日 (土) 15時41分

瓢箪の形は?「ひょうたん型」ですが、
中の種が抜きにくいのに、何でウエストの細い形が好まれるのか?
あの「くびれ」に紐を結んで腰に下げるのに一番最適だったからだそうですね。

下が丸くてクビレが無く、首が長い瓢箪が有りますよね。あれは丸い所に穴を開けて柄杓みたいに水を汲みます。
お煎茶(煎茶道)では「瓢杓」(ひょうしゃく)といって茶道具の一種として使います。

茶道では小さい瓢箪に細かい金平糖を入れて「振り出し」という菓子器として使います。

切って蓋を付けて蒔絵をして中を漆で塗って、茶入れとしても使います。

投稿: 閑爺 | 2018年9月 9日 (日) 10時23分

bottle閑爺さん

瓢箪の口が突き出ている種類(下の写真)と
飛び出していないのがあります(上の写真)

飛び出しているタイプは栓をつければ
水でもお酒でも入れられそうですが
飛び出していないものは何に変身させられるか考え中です

※種を出すとき、なかなか出てこないものもあり割りたい衝動に駆られることもあります
良き精神修養をやりたい方は是非お試しください

お茶の知識がないため残念ながら
お茶の道具は思いつきません

クルミ油や漆以外に
笛の内側に塗るために買った塗料を瓢箪に塗って見るのも面白いかとも思っています

投稿: 房州や | 2018年9月 9日 (日) 15時12分

これだけあるとすごいですねぇ

クッサーい作業はまだだいぶ先でしょうか?

私、種ほじくり出すのそんなに嫌いじゃないです。

クルミ油、漆、何を塗ればよいのでしょう。

何年か前のひょうたんそのままにしてます。
さっき見るとけっこう良い色になってますが
これで艶が出るとずいぶん良いんですがねぇ。

瓢箪屋開店も近い!

投稿: 章魚庵 | 2018年9月10日 (月) 11時43分

bearing章魚庵さん

二人展大盛況おめでとうございました

もう少し葉っぱが枯れてから
収穫すれば良いのでしょうが
ゴーヤの棚の片付けに合わせて
収穫したので全部がカチカチになっていたわけではないので
触ってみて柔らかいなと感じたものは残念ですが捨てました。

①穴をあける道具はドリルがあるので 〇
②穴をあけて中に棒を突っ込みぐりぐりする道具もあるので 〇
③これだけ大量の瓢箪を水に漬けておくものはない X
④種を取り出す道具は前回は耳かきみたいなものとピンセットでやったが
 もっと効率的なものはないか △
⑤乾燥させる時に発泡スチロールの箱に竹串を挿してやったが今回もこれで行こうと思う
⑥塗料、自然熟成?にまかせるか ----

それとも章魚庵さんに下請けに出すか
そんな暇はないだろうなー 

投稿: 房州や | 2018年9月10日 (月) 12時39分

happy01
ひょうたんってそんなに臭いのですか。
房州やさん宅は街中ですので、そんなに臭かったら
困りませんか。
もっともドーム球場の3倍の敷地ですから近所から
苦情のくることはないでしょうけど。

ひょうたんは食べられない?
茄子ぐらいの大きさのときにもいで、ぬか漬けにしたら
食べられそうな気がします。以外に美味いかもしれませんよ。

やっと涼しくなってきましたね。

投稿: aboo-kai | 2018年9月11日 (火) 11時45分

restaurantaboo-kaiさん

作業している本人にとってはそんなに臭くはありません
マンションのベランダでは苦情が出るかもしれませんが
中身を腐らせた後の種出しは水を流しながらやっていれば大丈夫です、我慢できます
手が少しだけ臭くなるだけです

瓢箪は食べられるそうです
身が出来てまだ小さいうちは柔らかいので
へちまを食べるように料理できると思います
来年試してみるのなら種を送りますよ

インターネットで調べたら、酵素+クエン酸で中身を腐らせる方法があるそうです。
臭く無いようなので試してみようかな・・・

投稿: 房州や | 2018年9月11日 (火) 12時37分

フラダンスに使う楽器で瓢箪みたいな形のものを敲いていますが、小さいのじゃダメかしらね・・
我が家にも義父が生前作った瓢箪がいくつかあるけど、可愛い置物になっています。
房州やさんなら何かいい使い道を思いつきそう!

投稿: mimi | 2018年9月13日 (木) 00時21分

昔、奈良漬けの箱入りを貰ったら、小さい瓢箪の漬け物が入っていました。
食感は瓜で、味は糟の味で、珍しいので形だけですね!

投稿: 閑爺 | 2018年9月13日 (木) 11時17分

sign03mimiさん


フラの瓢箪楽器は大きいですねー
千成瓢箪は13Cm~7cm程度で楽器だとミニマラカス
大きい順に口をし多にして並べて音階が出来れば・・・

ミニLEDを入れてランプに・・・

好いアイディアが浮かんだら連絡ください

投稿: 房州や | 2018年9月13日 (木) 18時56分

sign02閑爺さん

瓢箪の奈良漬けありましたか
なんでも奈良漬ならなりそうですね
西瓜の赤ちゃんはありませんでしたか?

ゴーヤで奈良漬けや糠漬けは出来ませんかねー

投稿: 房州や | 2018年9月13日 (木) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猫褌借① | トップページ | 猫褌借③ »