« 春江花月夜 | トップページ | 人生幾何 »

2018年6月30日 (土)

得魚忘筌

typhoon強い風が吹き荒れたため、我家ではゴーヤの日除けは斜めになったり

葉がくしゃくしゃになったりの朝顔の花が風でしおれる等の小さな被害がありましたが

たいしたことではありません

rainそれより九州方面では大雨が降っていましたが

被害はあったようなので心配です

sun関東甲信は梅雨明けだそうです  以上お天気ニュースでした

------------------------------------------------------------

   釣った魚をいれる筌を忘れちゃったよ!

・得魚忘筌

030a001030b002030c003

 

 

 嘉彼釣叟       彼の釣叟を嘉す

 得魚忘筌       魚を得て筌を忘るるを

 郢人逝矣       郢人逝きぬ

 誰與盡言       誰と与にか言を尽くさん

「荘子」に見える あの魚釣りの老人がわたしはうらやましい

その老人は魚が捕まると 道具の伏籠のことを忘れてしまったそうな

やはり「孔子」に出てくる 石工は郢の男を相手に妙技をふるったが

その相棒が死んだので 以後二度と技を見せなかったという

君のような知人に去られて 私は一体誰を相手に語ることができよう

 

今年は同期の友人の死に二度出会いました

いつの間にか房州やもそんな歳となりました

------------------------------------------------------------------

              六地蔵の春夏秋冬を彫ったり描いたりしてますが

                 今回は六地蔵をレリーフにしてみました

                   半分立体は結構面倒です

                        笠地蔵

20180619_2

              タテ 85 × ヨコ 110 mm

 

              六地蔵は雪の中  立体感が分りにくいですが

                                お爺さんに笠を被せて頂いてからも雪は

                  降り続いています。

-----------------------------------------------------------

soccerW杯グループリーグも終わり 32チームから16チームに絞られました

日本は負け試合の中で大ブーイングを受けながら、ベスト16に進出しました

(N氏は大胆な賭けに勝ちました、次の相手はFIFAランク3位の強敵です)

あと2週間、昼と夜が逆転したような感じの楽しい日々が続きます。

今夜から準々決勝が始まります。

3日朝4::58追記 :2点先制するも 後半アディショナルタイム切れ寸前で

    コーナーキックからの逆襲で点を取られ、 2:3で敗退

    頑張りましたね

|

« 春江花月夜 | トップページ | 人生幾何 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

大徳寺の孤篷庵に「忘筌」という茶室が有ります。
禅語の「忘筌」は「意を得て言を忘れ、理を得て教を忘るるは猶、魚を得て筌を忘れ、兎を得て蹄を忘るるが如し」という、訳のわかったようなわからないような、意味です。

決勝ラウンドに進んじゃえば、その為に10分以上ボールを廻し続けて0-1の負けを選択した手段なんかはどうでも良い!みたいな物でしょうか?

下世話な話ですが、あの10分で稼いだ賞金が4億4千万円上積みされた訳ですから、やっぱり「賭け」ですよね!
1分で4400万円、1秒が73万3千333円
まさに「時は金なり」です。
どんどん禅語の意味から遠ざかっていますが・・・

ベルギーに勝って、ブラジルとやって負けたいですよね!

イングランドは予選2位で通過し、楽なトーナメントで、最初に日本と戦いたかったのでしょうが、コロンビア戦になっちゃいましたね!

投稿: 閑爺 | 2018年6月30日 (土) 10時29分

soccer閑爺さん

ボール回しの時間稼ぎは
普通は勝っているチームがやるのですが
負けているチームがやるのは初めて見ました。

美しく勝つのが一番だけど
弱いものが強いものに勝つには
ただ遮二無二ぶつかるだけじゃ勝てない

①守備力の高いコロンビアが勝つことに
賭けた西野ジャパン(?)
②勝つことにこだわったポーランド
(日本の速攻に同点にされることを嫌がった)
③グループ予選のルールが変っていた等々

※柔道はポイント柔道になって面白くなくなったが、それが今の柔道のルール


 勝負は勝たなきゃ!! 負けたものが
 なんといっても負け犬の遠吠え

 もし謝るとすれば、
セネガルと応援に来ていたサポーターの皆さん
にです

こうなった以上、せめて、
ベルギーに悔いのない戦いをして欲しい

投稿: 房州や | 2018年6月30日 (土) 18時28分

「あんなのは侍じゃない!」と言われています。
今回の「西野JAPAN」は「宮本武蔵流剣法」を使いました。

武士道の「葉隠れ」みたいに「潔く死のう!」じゃなくて、「何をやっても勝つ」という「形のきれいさ」「作法」「礼法」では無く「負けない」「やられない」戦法をとりましたね!

「五輪の書」を西野さんは読んでいたのでしょうか?

武蔵は相手が「やあやあ!我こそは何処の誰で・・・」なんて名乗っているうちに、切っちゃったという話も有ります。

勝たなきゃ意味がない!
「予選リーグ」は、最終的に生き残りを賭けた戦いなので、「何とかベスト16に生き残ったので、ベルギーとどう戦うか?」という所ですよね!

フランスの19歳恐るべし!あの走力はまさに「半端無い!」
メッシもロナウドも早くもいなくなりましたね。

投稿: 閑爺 | 2018年7月 1日 (日) 10時30分

soccer閑爺さん

生き残る戦いと
勝つための戦いは戦略戦術が違って当然のなのですが、そこには反則があってはなりません

それよりも「VAR」は必要ですか
審判の技量も含めてそれがフットボールなのだと思うのですが
選手も監督もビデオ・ビデオと見苦しいし、プレイも止まって残念な気がします
「GLT」はあってもいいかなと思います

>フランスの19歳

 足は速い・テクニックはある・落ち着いてる
 相手にとっては困った19歳です

>ベルギーとどう戦うか

 ①先制点を取ることに集中(難しいかな)
 ②ルカクへのパスを押える(う~ん)
 ③ルカクを2~3人でマークする(・・・)
 ④大迫を残し前から徹底的に守備をし
  0:0でPK戦に賭ける(PKは互角)
 ⑤ボールを奪ったら2~3人で速攻(体力勝負)
 ⑥原口・乾が前線~味方ゴール前まで走り回って守備&乾・香川・柴崎がペナルティエリアより前からシュートする

 今のベルギーに対して勝つのは難しそうですが
 番狂わせが多いのもサッカーというゲームの特徴です(韓国がドイツに勝ったように)

 3日の3時から楽しみに応援しましょう

投稿: 房州や | 2018年7月 1日 (日) 11時01分

スペインもロシアに負けちゃいましたね!
スペインが90%ボールを支配していたのに、結局オウンゴールの1点のみ。
とにかくロシアが良く守った!
日本もあのくらい引いて守れれば(ロシアのディフェンダーみたいに、でかいのが揃っていないけど)何とかベルギーに立ち向かえるでしょう。

後は、全盛期の川口能活みたいな「神の手」を川島に期待しましょう!(大丈夫か?)

西野監督は「PKの練習なんかしなくて良い!」って言ってるみたいだけど、2-1で90分で日本が勝てなければ、延長戦を戦える体力が日本に有るかどうか?

でも、今回は、ダメでも「勝ち」を狙って行くでしょう!

投稿: 閑爺 | 2018年7月 2日 (月) 09時57分

soccer(v^ー゜)ヤッタネ!!閑爺さん

昨日は2試合ともPK戦になりましたね
勝ちたいが点は取られたくないとなると
こんな試合が多くなるのは仕方ないでしょう

延長まで戦ってPK戦を行う気力体力が残っていれば
日本にも勝機はあるのですが

前半の終り頃に1点先取して後は守り抜く、
川島に広範囲な守備は期待できないので
フォワード陣の前からの守備とバックス陣の
連携が必要ですね

その前のブラジル:メキシコも面白そうです
今日もダブルヘッダーです

投稿: 房州や | 2018年7月 2日 (月) 14時01分

負けに行って勝ち取ったベスト16、と勝ちに行って越せなかったベスト8の壁の「西野JAPAN」

日本は善戦しました!前半戦を0-0でしのいだ!

イングランドの監督に「相手が日本じゃ無くて良かった!」と言わせたのですから良くやったと言って良いでしょう。

「たら、れば」は有りませんが、今日の試合の流れを大きく変えたのは、ベルギーの1点目のシュート(センタリングミス?)を川島がセーブ出来なかった所だと思います。

それと、最後のコーナーキックで勝ちを狙って勝負に行った所ですかね。
勿論日本に、もう体力は残っていなかったので、延長戦になったら、5-2位で負けていたでしょう。

後半戦の最後に本田が右サイドの酒井に出したパスを酒井がミスして蹴れなかった時に「相当足に来てるな」と感じました。

4年後までに190㎝の選手を5人揃えるのは難しいでしょうから、100メートルを10秒台で走れるサッカーが上手な選手を5人育成出来ないでしょうか?

ブラジル×ベルギー戦が楽しみです。

投稿: 閑爺 | 2018年7月 3日 (火) 10時15分

soccertennisbeer閑爺さん

>川島がセーブ出来なかった

 ゆるいボールだったので、入るかもしれないと思って動いていたらパンチングできたかもしれないですが
 川島はゴールラインを超えると判断したのだと思いました

>最後のコーナーキック

 時間がないし、高いセンタリングだと跳ね返させるし
 ショートコーナーで低めに放り込みスクランブル状態にしたら面白かったと思いますがどうでしょう

延長になったら体力的に不利になることは間違いないので
ロシア見たいな城壁をつくり組織的な守備をしても上空から攻撃されるでしょうが
ひょっとしたらPK戦になるかもしれない
そうすれば五分五分   そうはならなかっただろうけど

交代
???原口→本田 う~ん 原口→岡崎・武藤
      香川と本田を並立??
???柴崎→山口 う~ん 長谷部→山口
      連携よりキャプテンシー?
3枚目は誰と誰の交代を予定していたのだろう      
日本のW杯は終わりましたが
まだまだ night夜行性生活は続きます

ウィンブルドンも始まりました
tennisフェデラーは強い!!!  

投稿: 房州や | 2018年7月 3日 (火) 13時02分

sunsunsun
「筌」はなんと読みますか。
せん? うけ? 
国語の時間にパラパラマンガばかり書いていた劣等生に
教えてください。

わが家にサッカーフアンが一人おります。
3日の3時に起きて応援していたみたい。
朝眠い目をこすりながら会社に出かけて行きました。
「日本は勝ったか」と聞いたら
「うるさい!」
普段はやさしい娘なんですがね。

投稿: aboo-kai | 2018年7月 4日 (水) 07時24分

bookaboo-kaiさん

>筌
 訓:セン 音:うけ ?   ?が多いですが
 漢詩ですから 筌:セン と呼んだ方が
 カッコいいかもしれません
 禅語の「忘筌」も ボウセン と読むと
(違ったかな?)
 思いますが、詳しくは専門家の登場を願いましょう

>パラパラマンガ

 昔の子供のうち劣等生(失礼)の多くは描いたものです
 かくいう「房州や」も描いてパラパラやりました

>普段はやさしい娘
 
 3時から一緒に応援しなかったのですね
 それが良くなかったかもしれません
 それとも
 日本が負けたことを言って、ショックを与えないように
 やさしく 「うるさい!」と
 言ったのでしょう
 (眠かっただけかもしれませんが)


投稿: 房州や | 2018年7月 4日 (水) 09時55分

「筌」はウケ・センと読みますね。
筌は竹を細く割って篭状にした魚や蟹・海老などを捕る道具です。

茶筅を茶道具屋の多くは「茶筌」と書きます。
「筅」という字は「ささら」で、攪拌して混ぜる道具ですから「茶筅」は本来の意味からすると、正しい字です。
茶筌は奈良県の生駒市高山で作られて来ました。
その製法は長年「門外不出」で「一家相伝」で、武士の末裔の高山一族が作っていました。
今は製法も公開され、韓国・中国でも作られています。
茶筌師の久保左文氏によると「竹の本来の性質を全うした製品であるから、筌の字を用いる」そうです。
古くからの茶筌師の名家は皆「久保」姓です。

漁具の筌も形は茶筌と似ています。

房州やさんはもうお目覚めでしょうか?

コロンビアもPK戦で負けてしまいましたね。

基本的に守りを重視して戦うので、延長戦の末PK戦が多くなりますね。

フランスが強そうですね!

投稿: 閑爺 | 2018年7月 4日 (水) 10時25分

japaneseteabottlepisces閑爺さん

>「筌」はウケ・セン

さすが、博学のお茶の伝道師さん、ありがとうございました。

>もうお目覚めでしょうか

延長の試合を見て、1時間ほど仮眠して
朝顔の水やりやら何やらで、ずっと起きています
今日は試合が無いので、夜になったら
普通に寝ようと思っています

>コロンビアもPK戦で

PK失敗の連鎖反応でしょうか
2mもあろうかという大男のGKがゴールマウスの前に立つと
ゴールが狭く見えます
やはり PK成功の確率は70%でした

>基本的に守りを

サッカーは打ち勝つことはまずないでしょう
守りがしっかりしていないといけません

>フランスが強そうですね

 19歳だけでなく、色々とタレントが揃ってますからねー

思い出すと
そもそも、背の高い人の群れに高いボールを真ん中に入れる?
普通は、逆襲を防ぐため
センタリングのボールをベルギーのGKがキャッチした時には、誰か前に立って邪魔をするでしょう。(日頃やってると思うよ)
そんな余裕が日本にはなかったのでしょうか?

あと10日程、楽しみます
相撲が始まりますが 稀勢の里 どうする
休むの休まないの

投稿: 房州や | 2018年7月 4日 (水) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春江花月夜 | トップページ | 人生幾何 »