« 来方行末 | トップページ | 朋月交風 »

2018年5月11日 (金)

春風笑桃福

今日も焦点の定まらぬ内容です

今は庭のそこらじゅうに咲いてますが

4月半ばにはこんなでした

20180511_2

                                  そして、今ではこんなになってます

20180511

-----------------------------------------------------------

朱泥で「春・風・笑・桃・福」   

011a001012a001035a001013a001014a001

純黒で「春・風・笑・桃・福」

011b002012b002035b002013b002014b002

彩色印で「春の風は桃の蕾を膨らませ福を呼ぶ」

普通なら「春風笑桃花」 春風吹き桃の花咲くといったところですが

桃の花が丸くてふっくらしているので福を呼びそうな気がして変えてみました

011c003012c003035c003013c003014c003

梅・桃・桜  春の花はそれぞれにいいですねー

20180401

--------------------------------------------------------------

      写真を見ながらの  立体人形から平面レリーフ造形なので

      イマイチ臨場感に欠けますが

      なんとなく  あっ!良寛さんだと思って頂けたら大成功です

      子供らと遊ぶ光景も良いのですが、貞心尼との恋の歌交換も

      いいものですね

 

            ねーねー良寛さん  遊ぼうよーーー

20180511
                             良寛さんと子供たちのレリーフ(オーブン陶土で作成)

20180730

                       桜咲く春の一日、子供らと鞠突きをして遊ぶ良寛さん

                    上 (タテ165×ヨコ125mm)  下(タテ155×ヨコ140mm)

20180730_2

              

   ・この里に手まりつきつつ子供らと遊ぶ春日は暮れずともよし

   ・この宮の森の木下に子供らと遊ぶ春日になりにけらしも

   ・いざ子ども山べに行かむ菫見に明日さへ散らば如何にとかせむ

 

    この良寛さんのレリーフ ↑ には参考にした  本物の人形があります、

    人形作家で有名な高橋まゆみさんの人形作品です

    まずは   橋まゆみさ   のブログをご覧ください

 

    その後、長野県飯山市の「高橋まゆみ人形館」を行ってください。

    人形の周辺を彩る大道具・小道具を自在に作る

    今度の日曜日にイトーさんとまゆみさんとのトークショーがあるそうです


<おまけ>:8年以上前に作ったものです

004084c018101c2010103c2010





 

追記(18.05.12) 五合庵(秋・冬)

049c050 

 

 

 

 

|

« 来方行末 | トップページ | 朋月交風 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

 花おんちからお願いです。
毎回花の写真に花の名前がありません。
お願いですから花の名前を書いてください。
それとも房州やさんも知らないのなら知らないと
書いてください。そうすれば花オンチがもう一人
いたと、わたしも少し安心できるのです。

ハンコは朱泥がいい。「春・風・笑・桃・福」 の
どれかを無断使用させもらうかも知れません。

きょう12時から法事です。親戚が8人カソ村まで
はるばるやってきます。ああ忙しい。
お天気がよくてよかってです。
   

投稿: aboo-kai | 2018年5月11日 (金) 09時24分

aboo-kaiさん


>花の名前
 房州やにもよく判りませんが

 マーガレットに見えるのですが
  葉っぱの形から見ると
 多分ですがフランス菊ではないかと思います
 勝手に生えてきた花なのでよく判りませんが
  多年草で冬には枯れ春になると芽をだし
 毎年、庭の大半を占領しています。
 
>無断使用

 使えるものがあればどうぞお使いください

法事の後もカソ村でのんびりお過ごしください
来週中頃からは暑くなるそうです
お江戸よりカソ村の方がきっと過ごしやすいですよ

投稿: 房州や | 2018年5月11日 (金) 10時36分

連休の最終日に、永青文庫へ行って良寛展を見てきました。
天保年間に73歳まで生きたという事は、結構長生きしたのですね!
自分のおひつに入った少しのご飯を、痩せて腹を空かした野良犬に与えて、自分の食べる分が無くなったという絵を、子供の頃絵本で見た記憶が有ります。

良寛さんの書は、基本的に読めませんでしたが、解説に詳しく読みくだしが書いてあったので、一字一字変体仮名で読むと少し読めました。

投稿: 閑爺 | 2018年5月11日 (金) 12時30分

良寛さんのレリーフいいですね。
本物と同じなようで、2Dの親しみやすさがいいですね。
良寛さんは新潟出雲崎の方。新潟県人にはとても密着した存在です。
出雲崎というと海のそばですが、良寛さんはあまり海のにおいがしませんね。いつも不思議に思っています。

投稿: mimi | 2018年5月11日 (金) 23時33分

弥彦から寺泊へ行く途中、五合庵に行きました。小さな建物でしたね!
「海の近く」というより「山の中」という感じでした。
以前、良寛の軸を処分したいというお客様がいて、良寛記念館で買い取ってくれないか、問い合わせましたが、買ってくれませんでした。

投稿: 閑爺 | 2018年5月12日 (土) 09時55分

閑爺さん mimiさん

返事が遅れて申し訳ありません
11日に玉ねぎを抜こうと畑に入ったら何故か腰を痛め、
それから今日までヨチヨチ歩きをしています

「5月11日は腰を痛めて歩けなくなったから
 ぎっくり腰記念日」

個別の返事は省略させてください

投稿: 房州や | 2018年5月13日 (日) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 来方行末 | トップページ | 朋月交風 »