« 人生易老 | トップページ | 春風鉢子 »

2018年4月16日 (月)

何求風中

小手鞠と鈴蘭です

2018050120180501_2

久し振りの小枝で作る 山頭火句印

困った時の山頭火小枝句印の出番です

 

・何を求める風の中ゆく             いつもと違う順に並べてみました

185c003185b002185a001

・笠も漏りだしたか       こちらはいつもの順番で

184a001184b002184c003


  何度も放浪の旅に使ってきた、このボロ笠も漏りだしたか?

  阿波を旅立つとき新品だった菅笠も讃岐路に入る頃には、傷んできます

  山頭火さんがこう思ったのは何度目の旅だったのでしょうか?

 

|

« 人生易老 | トップページ | 春風鉢子 »

遊び印(俳句)」カテゴリの記事

コメント

スズランも結構雑草っぽくて丈夫ですよね!

「何を求める・・・」は真ん中の墨だけがイメージとして良いですね。
「傘も・・・」は彩色したのが雨の中という感じが出ていて良いですね。

今週末、歌舞伎を観に讃岐の金比羅に行きます。丸亀城へは行く予定ですが、何か他にお勧めの所は有りますか?
と言っても、余り時間的に余裕は無いのですが・・・

投稿: 閑爺 | 2018年4月16日 (月) 10時15分

閑爺さん

鈴蘭は蕗と同じで雑草で庭中にはびこってしまいます

金毘羅歌舞伎の後で丸亀ですか
 丸亀に行く前に寄り道になりますが
 満濃池→行列のできるパン屋さん
 →善通寺→丸亀

四国は昔のままのお城が残っています
高知城・宇和島城・(大洲城)・丸亀城・・・
その中でも丸亀城は外せません
何と言っても丸亀城は石垣ですね
 外から見あげるも良し、
 天守閣の側から見下ろすもよし

近くでは丸亀駅側の「猪熊源一郎美術館」
 興味があればの話ですが


閑爺にとって今年も忙しい年になりそうですね

投稿: 房州や | 2018年4月16日 (月) 10時47分

スズランを漢字で書くと「鈴蘭」って書くんですね。
知ってたけど、なんか新鮮に読みました。
私は別名の「君影草」と言うのが好き。

人形館に行ってきました。
章魚庵さんの作品の中に房州やさんのはんこも見つけて嬉しくなっちゃった。

投稿: mimi | 2018年4月16日 (月) 23時25分

mimiさん

ご近所の皆さんが
人形館に集まっているようですね
次のギャラリートークは
ミニ同窓会のようになりそうな様子
皆さんにお会いできないのが残念です

章魚さんの切り絵に小枝印が
使われているようで嬉しいです

投稿: 房州や | 2018年4月18日 (水) 05時59分

  
・房州で 印彫る人の 花便り

・こでまりと 祖母のいた庭 いまは荒れ

・友逝きて カソ村遠く 春寒し

・房州産の めざしを買うて 妻と食う

投稿: aboo-kai | 2018年4月18日 (水) 10時01分

aboo-kaiさん

・カソ村に明日は帰らん花の便りある
・この町に祖母の家にありし花咲く
・春寒の友逝きし村に躑躅咲く
・妻と食うめざしは苦き故郷の味

昨夜から降り続いていた雨がようやく止み
晴れ間が出てきました。
明日は良い天気だそうです
バスに乗って手をつないでカソ村へ

 来週は牡丹を見に行こうと思ってます

  牡丹散ってうちかさなりぬ二三片
              与謝蕪村

投稿: 房州や | 2018年4月18日 (水) 13時32分

命有るものは必ず命が終わる時が来ます。
花の命は短くて・・・と詠んだ人もいます。
花の色はうつりにけりな・・・と詠んだ人もいます。

牡丹も大輪で潔く散りますね。牡丹と聞くと、この句が浮かびますね。
生けてあった椿がボトッと落ちて驚く事が有ります。

以前「蒲の穂」を生けておいたら穂綿になって、大変な事になった事が有ります。

投稿: 閑爺 | 2018年4月19日 (木) 10時04分

閑爺さん

蒲の穂はふわふわふわと膨らみ
風に乗って飛んで行きましたか
風情ある景色のようでもありますが
ダイソンの掃除機で見事掃除できたでしょうか?

似てはいませんが
何年か前に、ポケットにティッシュを
入れたまま洗濯し、気が付かないまま
乾燥機に入れて、物凄いことになったことが
あります(こんなことありませんか?)
→どうすればよいか
  乾燥機内は掃除機で綺麗にして
  柔軟剤を入れてもう一度洗濯をすれば
  殆ど落ちるということらしいです
  やったことはありませんが

投稿: 房州や | 2018年4月19日 (木) 13時06分

赤楽の茶碗は物凄く土臭い事が有ります。
低い温度で焼いているので、土の中のバクテリアが臭いの原因らしいのです。
オーブンなどでもう一度焼き直すと臭いが消えます。簡単にやるのは電子レンジでも出来ますが、庫内がとんでもなく臭くなり、漂白剤で拭いても柑橘系の皮をチンしても、そう簡単には落ちません。

我が家のガスオーブンが壊れて久しく、今はガスコンロの上に10㎝位高くして弱火で数分温める方法をとっています。

黒楽は高温で焼くので臭くなりません。
黒楽は真っ赤に焼けた茶碗を窯からヤットコで摘んで出して、バケツの水の中にジュ~っと浸けると、黒の発色がよくなります。
だから、黒楽茶碗には必ず「挟み痕」というヤットコでつまんだ痕が有ります。

投稿: 閑爺 | 2018年4月20日 (金) 10時04分

閑爺さん

「楽」なのに少々面倒
「楽」なのに財布は・・・

お茶を飲むのにも努力が必要ですね

オーブン陶芸も焼くときに臭いがしますが
それ程でもありません
だから、房州やの遊びには
今一歩の努力が足りないようです

昨日はゴーヤの棚を作りました
あとは、失敗しないように
夏日が続く頃に苗を買うだけです

今年は朝顔の垣根を作りたいと思っていたのですが
家が狭いので、好い場所がありません

投稿: 房州や | 2018年4月21日 (土) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人生易老 | トップページ | 春風鉢子 »