« 朽木不折 | トップページ | 長母相忘 »

2018年3月22日 (木)

寸心千里

またまたまた篆刻みたいなオーブン陶印です

遠く離れていても心はいつもあなたを思っています

みたいな意味でしょうか?

「寸心千里」:簡単に訳せば千里の道も遠からずでしょうか

 

印面はこの通りです   23mm角です

2018032220180322_2

               少し深めに彫ってみましたが

               捺してみても違いはよくわかりません

 

捺印するとこうなります

003a001003b002003c003
 

篆刻家の大先生から見れば色をつけるなんて邪道だ等と言われそうですが

このブログまで見に来る暇な先生はいないので叱られることは絶対にありません

 

 

このブログに遊びに来る暇な???先生の一人aboo-kaiさんの

魔女を呼んできました

次で最後です。(オーブン粘土が無くなりましたので)

                 魔女っこが箒に乗って空を遊泳です

2018032220180322_2

      魔女ですから、やはり箒の乗って空を飛ばなきゃなりません

      上に二つの小さな穴が開いてます、細い紐を通して、壁にぶら下げたり

      首からぶら下げたり出来るかもしれませんが

      そんな人は多分いないでしょう

このデザインも、もうお馴染みなりましたね

aboo-kaiさん   http://blog.goo.ne.jp/aboo-kai      

次が最後ですから、しばらくお待ちください

|

« 朽木不折 | トップページ | 長母相忘 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント


sunヒマなaboo-kaiが遊びにきました。
本家のデブ魔女より、粘土のレリーフの方がかっちょいい。
どうやって作るのか大きく拡大して研究中です。
近いうちに弟子が粘土レリーフで挑戦するかも。 かもです。

寸心千里
魔女のホーキで飛べば、千里の道もひと飛び? かな。

きょうの午前中、奥が退院しました。いろいろご心配を
かけました。ありがとうございました。

投稿: aboo-kai | 2018年3月22日 (木) 13時48分

searchaboo-kaiさん

科捜研のように拡大拡大されては
粗ばかり目立ち、良くはありません
暗闇で蝋燭の灯一つで見る位が丁度良いのです
それよりも
奥方殿の無事退院おめでとうございます
益々炊事洗濯に磨きがかかりますね


「となりの晩ごはん」覗いてみたくなります
「あなたのご飯見せてください」

お得意のメニューをブログにアップしては如何ですか」

投稿: 房州や | 2018年3月22日 (木) 16時12分

「千里馬」にまたがってひとっ飛びというところでしょうか?

取り敢えず「千里の道も一歩から」ですから、まず歩を進める所からですね。

25日の日曜日はお天気が良く、暖かで桜が満開になりそうなので、上野のお山はどんな人出になるか?或る意味「恐怖」でもあります。
雨で寒いよりは良いので、お天気は大歓迎なのですが・・・

観桜茶会の場所は桜が無いスタバの隣り(噴水寄り)なので、多少は良いと思うのです。

投稿: 閑おじ | 2018年3月23日 (金) 10時05分

cherryblossomjapanesetea閑おじさん

花の下にて茶を立てん
場所は東京都美術館の横になるのですか
2~3本、桜があったような記憶が???
(最近はお江戸に出る機会もなくうろ覚えですが)
いずれにしても
JKに囲まれ、桜に囲まれ、お天気にも恵まれそうで良い一日になりそうですね

今年から遊印アート展に出さないようにしたので、この時期はのんびり過ごせそうです

投稿: 房州や | 2018年3月23日 (金) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朽木不折 | トップページ | 長母相忘 »