« 南米楽器 | トップページ | 篠竹で笛 »

2017年12月 8日 (金)

塩ビ篠笛

 塩ビパイプ工作  (その2)  

 

20171208b


  左から   篠笛(ドレミ音階)  吹き口はコルクでふさぎました

         塩ビ管ケーナ(初心者用): 6番目の孔を開で ラ 

                           順に開で  ~シ・ド・レ・ミ・ファ(半開)

                  (上級者用)×2本

   ケーナは前回の経験があるので、なんとか音が出ますが

   塩ビ管篠笛は指がつりそうになります

 

|

« 南米楽器 | トップページ | 篠竹で笛 »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

coldsweats01

塩ビのパイプって簡単にこんなきれいな穴が明けら
れるのかな。
それとも秘密の特殊な機械で開けている。うーん・・ 
これですね。

これからは『房州や笛工房』と呼びましょうか。
カラフルな色の塩ビパイプを探して学校の教材用の
笛を大量生産しちゃいましょう。
   (*^m^)

投稿: aboo-kai | 2017年12月 9日 (土) 16時29分

篠笛は前にも書きましたが、習っていたことがありました。
でも、もう何年も仕舞いっぱなしです。
これに房州やさんが絵を描いたら素敵な篠笛になりそうです。

サンポーニャ、古代アンデス文明展のグッズ売り場にもありましたが、
現地で買ったものは価値がありますね。
南米行ってみたいです。
幽体離脱ができたらウユニ塩湖とか飛び回れるのに。

投稿: 峰猫 | 2017年12月 9日 (土) 19時40分

wrenchaboo-kaiさん

塩ビ笛作りに必要な道具は
電動ドリル(穴径より1mm位小サイズ)
丸ヤスリ
紙やすり

穴をあけたら、吹いてみて、穴径を削って調音したら出来上がり
パイプの内径が当然ですが一定なので
割と簡単に出来るでしょ

やってみませんが、ハンズにも塩ビパイプは売ってますよ

投稿: 房州や | 2017年12月10日 (日) 02時25分

notes峰猫さん

鏡のような雨季のウユニ塩湖良いですね
ペルーに行ったついでに行っとけばよかったですね

もう30時間近くも飛行機に乗るのは嫌です
100日超のピースボートの世界一周も辛そうです

只今サッカーTV観戦の途中です
始まりましたので途中ですがこの辺で

投稿: 房州や | 2017年12月10日 (日) 02時29分

今度は、瓢箪の大きいのを作って、チャランゴに挑戦しましょう!
それとも、ネットでアルマジロの剥製を探しますか?

でも、房州やさんなら本当にやりそうだな~!

投稿: 閑おじ | 2017年12月10日 (日) 10時57分

paper閑おじさん

いくらなんでもやりたがりの房州やでも
無理なものはやりませんよ

サンポーニャは篠竹でも出来るかなと思い
近所の藪を物色中ですが
なかなか適当な大きさのものがありません

探してます、近くで太目の葦の群生している所を

葭簀の壊れたものでも良いので探していますが
なかなか見つかりません

投稿: 房州や | 2017年12月10日 (日) 14時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南米楽器 | トップページ | 篠竹で笛 »