« 椿だつた | トップページ | ほろほろ »

2017年12月20日 (水)

毎日雪降

小枝に彫った山頭火の句です

当地には殆ど雪は降りませんが

別れてから まいにち雪が降っています

別れてから まいにち雪の降るのを見ています

172a001


172b002


172c003


                  ヨコ 25 × タテ 29 mm

|

« 椿だつた | トップページ | ほろほろ »

遊び印(俳句)」カテゴリの記事

コメント

snow

わかれてからのまいにち雪ふる

わかれてからのまいにちつもる雪

わかれてからのやねまでつもる雪

わかれてからのオレは雪の下に消えた

わかれてからのオレのことはもうダレもしらない


わかれてからのまいにち雪ふる
 


投稿: aboo-kai | 2017年12月20日 (水) 23時44分

わかれてからのまいにち雪ふる
雪ふる雪ふる雪ふるまいにちふる
わかれてからのまいにちつもる雪
   雪つもる雪つもる雪つもる今日もつもる
わかれてからのやねまでつもる雪
   雪つもる雪つもるつもる雪やねまで
わかれてからのオレは雪の下に消えた
   みんな雪の下みんな雪の下オレも雪の下
わかれてからのオレのことはもうダレもしらない
   雪ふりつもる俺の上にも雪ふりつもる

あーーーー寒い

投稿: 房州や | 2017年12月21日 (木) 17時47分

忘年会は終わった・・・

一杯の酒は甘露だつた、百杯の酒は苦汁(ニガリ)となつた。

胃が重い朝は「もう酒はやめようか?」などと、くだらない思いが頭をかすめる・・・

夕暮れが街を包み、明かりが灯る頃、一日の仕事を終え、夕餉に向かい、また酒が呑みたくなる

もう後10日で今年も終わる、年賀状も書かなければ・・・

飯を食って、酒を呑むと、無性に眠くなる、寒い・・・

冷たい蒲団が待っている・・・

隣りに温かい若い女でもいてくれたら、極楽なのだが・・・

夢にも出て来やしねぇ・・・

投稿: 閑おじ | 2017年12月22日 (金) 09時46分

bottlebottle閑おじさん

bar酒が飲める酒が飲める酒が飲めるぞbottlebeer

>一杯の酒は甘露だつた
何杯目から苦汁となるのか確かめたくなった

>「もう酒はやめようか?」
 くだらない思いを確かめようとまた飲んでみた

>夕餉に向かい、また酒が呑みたくなる
 夕餉だけなのか朝餉昼餉は飲みたくならないのか
 いつか確かめたいと思う今日この頃であった
 
>もう後10日で今年も終わる、
 大丈夫、ほっといても来年は来る

>飯を食って、酒を呑むと、無性に眠くなる、寒い・・・
 飯を食わなくて酒を飲まなくても眠くなる
 外は寒い 出かけるのは億劫

>冷たい蒲団が待っている・・・
 若い女がいなくても蒲団があるだけで十分満足
 少しの酒があれば少しだけ良い

今年もあと9日飲める 飲めるぞ
 

投稿: 房州や | 2017年12月22日 (金) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 椿だつた | トップページ | ほろほろ »