« 遍路最終 | トップページ | 塩ビ篠笛 »

2017年12月 4日 (月)

南米楽器

水道用の塩ビ管等を何本か買いました

  左から 内径 20mm 16mm 13mm 10mm

20171204a_1

目的の一つは、ペルーのクスコで買った

  下の写真のサンポーニャがあったからです

  葦の茎の太いのを探しましたが見つからなかったので塩ビ管か篠竹で

  作ってみようかなーーーーと思ったのです。

  必要なのは  ↑右側の2サイズ↑だけ、本当はもう少し内径の小さなのが

  良いと思うのですが、とにかくチャレンジしなくてと、作ってみました。

20171204a_2

まだ、チューニング中ですが、なんとかそれらしい音が出るようになりました

右側の管(低音側)をチューニングのために吹いていると、眩暈がしそうになります

南米の人の肺の強さ心臓の強さに感服です。

20171204a

音が安定したら、底を密封して、このままでは味気ないので

葦色に塗って、全部をつないでそれらしい音と形にしようと思っています

来年中には

|

« 遍路最終 | トップページ | 塩ビ篠笛 »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

 sun
おたずねしますが

ペルーのクスコで買ったサンポーニャ・・という
こめんとですが
ペルーのクスコにいつ行ってきたのですか?

ケナー1本でも吹くのが大変なのにサンポーニャは
たしかに眩暈をおこします。
できたら演奏してるところの動画を見せてごしいなぁ。

投稿: aboo-kai | 2017年12月 4日 (月) 12時10分

notesaboo-kaiさん

10年以上も昔のことです
夕食後ホテルを抜けだし、石畳の道を歩いて
お土産屋さんに行って買いました。
ホテルのレストランでいとも簡単に
現地の人が吹いていたのを見て
やってみたいと思っただけで
そのままじっと我家で寝ています。
アルマジロの胴体を楽器にしたチャランゴ(?)もありましたね
(動物保護法で持ち帰れませんが)

投稿: 房州や | 2017年12月 4日 (月) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路最終 | トップページ | 塩ビ篠笛 »