« 遍路屏風 | トップページ | 遍路掛軸 »

2017年11月20日 (月)

遍路巻物

その3  四國徧禮道指南の抜書きと挿し絵に「はんこ」を追加して巻物風にし

      全2巻完結としました

20171114_4

20171114_520171114_6 

      はんこを貼るのも挿し絵を描くのも苦労はしませんでしたが

      文章を書くのは疲れました

            (四國徧禮道指南(眞念)の文章および挿し絵を一部転記しました)

      サイズ 縦 210mm 長さ ?

 

      パネルも屏風よりも保管場所を取らないのがよい所です



|

« 遍路屏風 | トップページ | 遍路掛軸 »

遍路」カテゴリの記事

コメント


これはスゴイ〜!
300年後に房州やさんの子孫が押し入れすみから
これを見つけたらお宝になりそう。
文字が手描きのところがいい。

もしかすると320年後には上野の国立博物館のガラス張り
のケースに入っています。
大事にしてください。

投稿: aboo-kai | 2017年11月20日 (月) 09時02分

aboo-kaiさん

日頃パソコンに頼り、字を書かなくなった
書くとしてもボールペン
慣れない筆で書くのは大変です
改めて筆ペン名人に敬意を表します

使ったはんこは多分パネル版とほぼ同じ
描いた文字数は、眞念さんの書いた指南書から
僅かに省略しただけで本体はほぼ全文書き写しました(前編・後編のみ省略)

挿し絵はちらっと見た目ではそっくり
よーーーく見ると粗ばかりでがっかり

暇人の暇つぶしでした

投稿: 房州や | 2017年11月20日 (月) 10時25分

私もaboo-kaさんと同じように、後世、博物館で展示されそう、と、思いました。
厳重に保管しておいてください。

前記事の屏風も、すごーいw(゚o゚)w と思いながら拝見しました。

実際にお遍路に行かなくても行っただけの御利益があるとかなんとか説明入れて、売れるグッズが作れそう。

投稿: 峰猫 | 2017年11月20日 (月) 22時11分

峰猫さん

1000年和紙・中性紙等と唱っている髪もありますが
この巻物の紙は100年も持たずに
きっとボロボロになるように紙魚の好きな糊を使ってはんこを貼っていますから

この壺は如何ですか
四国八十八カ所の霊水を集め、八十八か所のお砂を使って作った壺です
触るだけで死ぬまで生きる延命長寿は間違いなし
床の間に置きよく働き顔z九仲良くすれば家内安全財運向上間違いなしなんて

石のハンコ小枝のハンコなんかはどうですか
遍路のハンコを持つだけで・・・・・
買ったあなたは幸せ、売った私も幸せ

峰猫さん 壺にしますか ハンコにしますか
いまなら特別価格で手に入りますが????????????????????

投稿: 房州や | 2017年11月21日 (火) 08時05分

壷はうさん臭いので、砂を混ぜてハンコを作りましょう!
「霊験あらたか」あなたの運気を上げる!
捺すだけで88箇所の遍路をした気分!

これは売れるな!

投稿: 閑おじ | 2017年11月21日 (火) 09時44分

閑おじさん

やはり壺はいけませんか
真珠も宝石も石もだめなら

八十八カ所煎餅・羊羹・・・・これもダメ?
八十八カ所ご本尊姿印・梵字印・・ありそう?
八十八カ所名物おにぎり・・コンビニじゃない
八十八カ所砂入り小瓶ネックレス・・重たいか

う~ん 売れそうなものはありませんねー

投稿: 房州や | 2017年11月21日 (火) 13時59分

ご無沙汰です。
やっとわが家のPCもネットに繫がりました。

スマホでチマチマと開いてみてたのですが、
いかんせん文字打つのがおっくうでおっくうで!

やっと大きくして見て文字打つことが出来ました。

いや、ええですねぇ!これはええ!
320年待たなくてもいいんじゃないですかねぇ。

チバニアンといい房州やさん方面にはええもんがありますなぁ?

そう言えば以前絵巻用みたいな画材を見つけて面白そうだなぁ
買おうかと思ったのですが……ふとなに描く?
とか思い諦めたことがありました。

投稿: 章魚庵 | 2017年11月22日 (水) 23時18分

章魚庵さん

今回の4種の中で一番疲れたのは
この巻物でした、間違った箇所もいくつか
有りますが、なにせ初めてのことなので
大目に見ました(書いた本人が)

昔の巻物作家の人を尊敬します

巻物に比べれば掛軸風等は楽なものです
でも、同じものを二つは作る気力はありませんが

お風呂場完成パーティは盛大に行われましたか
次はトイレ改装起工式が必要ですね

投稿: 房州や | 2017年11月23日 (木) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路屏風 | トップページ | 遍路掛軸 »