« 遍路掛軸 | トップページ | 遍路最終 »

2017年11月26日 (日)

遍路高野

遍路の最後に空海さんのゆかりの地

京都と高野山を訪ねましたので資料だけを紹介します

1.大阪難波から高野山までの南海電車の時刻表

        早起きすれば大阪から十分日帰りできます。

             暇な人は大阪或いは京都からの日帰り旅行を

             考えてみては如何ですか?

20171126005
2.高野山の地図をいくつか紹介します

       有名な参詣道である 「九度山からの町石道  21K 6時間」

       女人禁制の頃の「女人道 7Km 4時間 三山巡り 11Km 3時間」

       この地図は高野町の中心地にある観光案内書で頂いた物です

20171126001

3.町石道詳細

     九度山卍慈尊院~高野山壇上伽藍 180町  21K強 6時間強

      高野山まで180町石から1町石までカウントダウンの道になってます

       以前頂いた地図は破れてしまったのでインターネットで引っ張り出した

        地図です。

         この時期は熊が出る恐れがありますので、気をつけて歩いてください  

20171126002
4.女人道&高野三山の道

       壇上伽藍・金剛峰寺のある高野の町の周囲にある女人堂を巡る道

       熊野へ向かう道もあります。

       そうそうこの道にも熊の目撃情報がありました。

          雨の中出会ったのは2組(外人二人組、中年(失礼)のグループ)

          人気は少なかったのですが紅葉は綺麗でした

20171126003

5.高野町には旅館ホテルはないので泊まるのは原則宿坊に泊りますが

         一軒だけビジネス旅館があります、宿坊は嫌だと思う

         人にだけは役に立つかもしれない、そんな地図です

20171126004
         14玉川旅館に泊まりました

             夕食は仕出し定食(?)みたいなもの

             朝食はトースト・クロワッサン・コーヒー等

             料金はネットでどうぞ

             無駄なサービスなし、基本セルフサービスの清潔な旅館です


雨の中を歩いて到着し当日に奥の院へも参拝し、結願のご朱印も頂きました

当時は台風21号の影響で南海電鉄の高野線で一部不通(高野下~極楽橋)でした

ので、翌日は町内を走るバスで高野山(バス停名)へ行き、代行バスに乗って

橋本(南海電鉄)まで出ました

不思議なことではありませんが すべての交通機関でICカードが使えました。

いちいち切符を買わなくてすみました、便利な世の中になったものです

|

« 遍路掛軸 | トップページ | 遍路最終 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

そのうち・・・
「遍路カード」が出来て、いつ行っても、門の所の機械にカードをかざして「ピッ!」といったら下から御朱印帖に印が押されて出てくる。
料金はカードの口座から引き落とされる・・・

有難味が無くなりますね!

中学生の姪が、定期を忘れて、「駅で学校までの切符を買おうと思ったら買い方がわからなかった」と言ってました。
Suicaと定期以外で電車に乗った事が無い!

私もだいぶこれに近くなってきたかも?

投稿: 閑おじ | 2017年11月26日 (日) 10時11分

ticket閑おじさん

納経帳にご朱印とご本尊名などを記帳して頂くのですが
上手い下手があるように思えます
カード化されても
いろんなパターンを取りそろえましょう
団体用と歩き用に分けましょう
納経代は現在300円ですがこれは安くしましょう
納め札もタッチ式にしましょう

カード決済の時代です
今ではコンビニも自販機もホテルも
バスも電車も飛行機もカードでOKですが
お遍路民宿は相変わらず現金で決済です

お遍路さんが増えたら
野宿場所も予約になるのかな
3回野宿でポイント5倍
平日の野宿はポイント10倍

投稿: 房州や | 2017年11月26日 (日) 15時26分

そのうちに・・・

例えば
別格18番「海岸寺」迄の道案内が
 「裏門を出て、道なりに歩くと、会館が出てくるからその先を右に曲がって、銀行があるから、すぐの信号を左に曲がって、道なりに歩いて・・・  詳しくはウエブで!」    

なんてなるかも知れませんね!        

投稿: 閑おじ | 2017年11月26日 (日) 18時20分

mobilephone閑おじさん

詳細はWebで と言われましても
今どきの歩きへんろは
リタイヤしたお年寄りが大半ですから
これからのお年寄り遍路は色々覚えることが
多くて大変になります

その前に、前にも歩道に対する
不平不満を書きましたが
安心して誰もが歩ける歩道の整備が必要です
無かったり凸凹だったり車道のおまけだったり
斜めだったり狭かったり・・・・・
安心して誰もが外に出かけられる
歩道を造らなきゃいけません
(詳しくはWebで・・・・・・・・・・・)

こんなところにアドレスが
http://kyoumo-himatubushi.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-a62f.html

投稿: 房州や | 2017年11月27日 (月) 10時03分

まずは、2020年の東京パラリンピックまでに、東京の道路を含めた公共交通機関が障害者にどれだけ優しくなれるか?が第一歩だと思います。

それには、役人が、実際に車椅子に乗って、押して、東京の道路を走り回る事です。
また、アイマスクをつけて、白い杖を持って歩く事です。

歩行者用信号で、視覚障害者用に音楽が鳴る所が有りますが、曲がさまざまで、途中で切れて信号が変わる所も有ります。
健常者の役人が、上からのお達しで、仕方なくやった仕事としか思えません。

投稿: 閑おじ | 2017年11月27日 (月) 10時30分

sun sun sun

40数年前、伯父夫妻が高野山に行くのに
同行させられました。
今から思えば荷物持ちだったのかなぁ。
それで宿は宿坊。
その頃、高野山には興味がなかったし
どんな寺に泊まったか、食事はどんなのだったか、
風呂はどうなっていたか・・・全く覚えていません。
ただ宿で伯父に自慢げに御朱印帖を見せられたこと
しか覚えていませんが伯父はお遍路していたのかも。

その伯父夫妻も20年前に亡くなって、その時のことは
聞けません。
その頃伯父とお遍路はじめていたら、わたしは
房州やさんの先輩でしたのに。残念。

投稿: aboo-kai | 2017年11月27日 (月) 12時43分

もう3年ぐらい前になるでしょうか確か秋でした。
車で高野山へ行きました。(大和郡山から)
周辺案内図見ると金剛峯寺前に車を止めたみたいです。
大塔へ行くともち投げをやるというので待って
餅を結構拾ったのでビニール袋に三人分入れて
持たされて(一番年下)奥の院までぶらぶら歩きました。
しかし考えてみれば墓地が観光地になっているわけで
考えてみたらなんか変な感じです。
帰りは疲れた(なんせ年寄)ので奥の院前から
金剛峯寺前までバスに乗りました。

投稿: 章魚庵 | 2017年11月27日 (月) 14時55分

wheelchair閑おじさん

大都会の主要道路は歩道も広いのです(多分)
地方の歩道が整っているのは中心部だけです
(おそらく)
その他の歩道は年寄り子供障碍者にはまともに歩けるものではありません

自転車は車道を走れと法律も出来ましたが
未だに自転車レーンの整っている道路を見たことがありません

嫌味と悪口が
止まらなくなるのでこのへんで

投稿: 房州や | 2017年11月27日 (月) 19時29分

riceballrecycleaboo-kaiさん

きっとやさしい伯父さんだったのですね

よく言いますよ
始めるのに遅いと言うことはありません
但し房州やのほうが先輩になりますけどね
痛風があっても病気がちでも歩くのが苦手でも
何とかなるものです
全部回ることはありません
物見遊山気分で行きたいとこだけ行けばいいのです


投稿: 房州や | 2017年11月27日 (月) 19時34分

sun章魚庵さん

お墓が観光地で世界遺産で
ロケットがあったり福助がいたり
白アリよ・・・があったり
戦国時代に戦った武将が側にいたり
面白いところです
雪の降った冬の高野が良いそうです
寒いそうですが

高野豆腐を食べ般若湯を飲み高野槇を買いましたか?

そうそう喫茶店めぐりも楽しいものでした

投稿: 房州や | 2017年11月27日 (月) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路掛軸 | トップページ | 遍路最終 »