« 遍路37日 | トップページ | 遍路39日 »

2017年11月 3日 (金)

遍路38日

遍路38日目

--------------------------------------------------

  <<6回目のへんろは通し歩き108カ所>> 6月15日

-------------------------------------------------

行程   ~花折へんろ道~多和~塩江~別格⑳大瀧寺~さぬき温泉

 

早朝出発なので宿の朝食なしで、昨夕買ってきたサンドイッチとコーヒーで

198c003_2 手早く朝食を済ませ、5時半前に宿をそっと出ようとしたが 

 物音に気付いたのか、宿の主人と女将さんが揃って

 出てきた、音がうるさかったのでしょうか申し訳ありません

 最初に目指すポイントは前山のお遍路交流サロンですが

184c003_2 到着してもまだ開いていません、道の駅のベンチで 

 一休みしたら、本当のへんろ道(花折へんろ道)に入るため

 少し戻ります

 (最近は、女体山経由で大窪寺に行く人が多いのですが)

(↑石灯籠・高地蔵)   ↓ 地図参照

20171111003
        (花折へんろ道から別格⑳大瀧寺への地図)

花折へんろ道は山の中の風情ある道でところどころに石仏等があり、是非

歩いてもらいたい道です、へんろ道を出てしばらく歩くと、酒類・煙草・ジュースの

3種類を売っているユニークで古びた自販機が置かれています

(歩き遍路の人は是非探してください)

 

いつもなら細川家住宅を経由するのですが、

今日は別格に行くため多和の駐在前を通り、

弁慶(?)の力石を横目で見て、道路工事の間を抜けて、中山から

落合橋を目指します、

前回は、さぬき温泉の先から上っていたのですが

別格⑳大瀧寺へのへんろ道はダム工事のため無くなり、手前から、ピカピカの

舗装道路を歩くことになりました、ダムの全容は分りませんが、

工事の大変さが車の数や人の数でなんとなく判ります、

途中で双眼鏡で林を覗き込んでいる人に話を聞くと

環境調査をしているとのこと、貴重な動物が棲んでいるらしいのです

021c2017003  暑いでしょうと「塩飴」を頂き、H946mの大滝山の 

 頂上を目指して上ります。

 大瀧寺のお隣の神社に先にお参りし、別格最後の

 灯明・線香・納経を済ませました

(↑別格結願の灯明) 地図を見ると、歩き始めは香川県でしたが

どうやらここは徳島県のようです境内から見る景色は阿波徳島らしい

帰りはほぼ下りなので割と短時間で宿の到着しました

 

温泉に一人でゆっくり浸かり、洗濯物の取り出しをお願いし、

脱衣所横の自販機で買った缶ビールを開け、

虫が入るかもしれませんよと言われた窓を開け風を入れ、

長かった遍路を思い返しました。

夕食は遍路割引ですが豪華な食事を部屋で頂きました

結願前日、遍路最後の夕食です

今日は約    62400   歩

    約      36.2   Km歩きました

明日は今回最後の歩きですが、今日の半分以下しか歩きません

そしてお昼には大窪寺からコミニュティバスに乗って帰ります

夕方には東京に着いているはずです

|

« 遍路37日 | トップページ | 遍路39日 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

    

いよいよ遍路も終わりが近ずきましたか。
あと一日、がんばりましょう。

民宿って宿代は前払いなんですか。
朝の5時半にこっそり宿を出ようとする客がいる。
物音に気付いたのがよかったけど逃げられるところでした。
前払いにでもしなけりゃやっていられませんよね。

高地蔵はなかなかいい石仏ですね。

この地図は英文ばかりが目立って見にくいな。
お遍路さん多いのだから日本語版、英語版と両方つくリ
ましょう。

双眼鏡で林を覗き込んで環境調査をしている人がいる。
うらやましいな、こんな仕事をしてみたい。

最後の宿で温泉に一人でゆっくり浸かり缶ビールを飲んで、
豪華な食事を部屋で頂く。
なんともうらやましいお遍路の終わりです。

投稿: aboo-kai | 2017年11月 4日 (土) 01時39分

aboo-kaiさん

1.民宿でもビジネスホテルでも宿代は原則前払いです
  民宿はだいたい夕食時に
  ビジネスホテルは受付時に支払います

2.高地蔵
  高い石の台の上に、お地蔵さんは
  大きな笠を被り座っています
  後ろの木がいい具合に日影にしてくれています

3.地図
  この地図は、外国人用の地図でポケットサイズ
  日本人用の地図はB5サイズで同じ部分を見せるためには
  4ページ/2開き分必要です
  東西南北がバラバラです

3.双眼鏡
  この調査員は工事関係者なのか
  四電の人なのか、環境省の人なのか
  自治体の人なのか確認しませんでしたが
  ここの鳥・けもの・植物には
  詳しそうでした

  暑い日も雨の日もじっと座って
  いられますか  aboo-kaiさん

4.最後の宿
  最後の宿が温泉で良かった
  食事も美味しかった
  (食事の時に瓶ビールも飲みました)
  部屋も綺麗だった
  宿代が遍路割引で民宿並みだった

早く帰りたいような、このままもう一周したいような気分でしたが
いつものように早寝しました

投稿: 房州や | 2017年11月 4日 (土) 06時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路37日 | トップページ | 遍路39日 »