« 遍路33日 | トップページ | 遍路35日 »

2017年10月26日 (木)

遍路34日 

遍路34日目

----------------------------------------------------

    <<6回目のへんろは通し歩き108カ所>>  6月11日

----------------------------------------------------

行程  ~71弥谷寺~72曼陀羅寺~73出釈迦寺~74甲山寺

     ~75善通寺~別格⑰神野寺~(金刀比羅宮)~善通寺

 

161c003  国道から一本外れた遍路道を歩いて

  これでもかとばかり続く 鉄や石や岩の階段を上って本堂へ  

  本堂の脇の岩肌に、釈迦三尊像が彫られていますが 

  かなり風化していて、お顔もお体もはっきりとはしていません  

(↑釈迦三尊)   納経所の奥は洞窟のようになっていて

丸い窓のような穴が開いています、納経後靴を履いて階段を下りる前に

163c003 振り返ってみてください

 俳句茶屋の横を通り抜け竹林を抜け池のほとりを歩き

 農道を歩いていると、曼荼羅寺の横に出てきます

 お茶のお接待をしてくれる休憩所を過ぎれば、曼荼羅寺

(↑笠松大師)  の山門です、次の札所は2~300m先に見えています

73c194c003 出釈迦寺への緩い坂道から見上げると 

 子供の頃の空海さんが飛び降りたという

 山が見えます、境内へ続く石段の横に

 三鈷の松や山頭火の句碑があり

 (↑出釈迦寺)  遠く瀬戸内大橋が望める景色の良い札所です。

曼荼羅寺まで一旦戻り、甲山寺へ向かいます。畑の間を抜け、川に面した

164c003189c003 門から入り、お参りします

 毘沙門天も奉られているので   

 ついでに(?)お参りしていきます 

 納経所の前の不動明王さんも忘れずに

(↑甲山寺への道・不動明王)  自販機横のベンチに座って、今日は

アンパンを食べました。

165c003166c003 次の札所までは短い距離だし、道も簡単

 なので、あっという間に着いてしまいます

 境内に入ると、屋台が出て、人の数が

 とても多いのです、お祭りをやっていました

167c003 そう言えば、前回もそうだったなぁと思いながら、本堂を先に   

 戻って大師堂へ参拝し、さて、別格⑰神野寺への道へ

 行こうとすると、大勢の人がいて歩きにくそうなので、赤門から出て

 お昼を先に食べることにしました、讃岐うどんではなく

(↑善通寺の修行大師・薬師如来) 大師うどん(?)を食べ、

 自動車道を琴平経由で満濃池まで一気に歩きました。

018c2017003 空海さんが造ったという、満濃池はとても大きな灌漑ダムで

 多くの人が遊びに来ていました

 普通なら満濃池を見渡している空海さんを彫るのでしょうが

 そろそろ大師像にも飽きてきたので、納経所前のお地蔵さん

(↑お願い地蔵) に登場してもらいました、

金刀比羅宮への戻り道で行列が出来ているパン屋を発見、駐車場には

多くの車が停まっています、(讃岐の行列の出来るパン屋さんです)

20171030001

その後は、石段を一気に上って金刀比羅宮へ参詣、

石段を下る途中で「うどん」を買って送ったり、

再び、遠くに電車を見ながら善通寺へ道を歩き続け

駅中のコンビニで今日泊まることにしたビジネスホテルの場所を聞いて、

コンビニで買い物をして今日の遍路は終了しました

   

今日は 約  61500   歩

      約   38.4   Km歩きました

 

泊ったビジネスホテルには洗濯機がないので、外のコインランドリーを紹介され

ましたが、面倒なので、風呂場で軽く洗い、風呂場に干して寝ました。

(洗ったらよく絞って、バスタオルに包み更に水気を絞り、皺をのばして

 干します、これで朝には綺麗に乾いています)

|

« 遍路33日 | トップページ | 遍路35日 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

早くも琴平ですか・・・
金丸座で今は亡き勘三郎の歌舞伎を観たのは6~7年前になります。
参道の途中の右側に高橋由一の美術館が有りましたが、時間が無くて行けませんでした。

たぬき屋という、うどん屋で讃岐うどんは食べました!(たぬきやのさぬきうどん)

投稿: 閑おじ | 2017年10月26日 (木) 15時46分

閑おじさん

土佐の高知の半ば過ぎた頃からは
朝起きると歩く、夕食を食べると寝るが
体に染みつきます
日常生活として歩いています

今回は奥の院への寄り道もせず
   金丸座への寄り道は無く
   うどんも食べることもなく
   善通寺市へ戻りました

この頃になると歩いても
そんなに疲れを感じることはありません
不思議なものです

今はぐうたら生活が続いていますので
そうはいきません

投稿: 房州や | 2017年10月26日 (木) 18時25分

20代の頃、両親と妹と、こんぴらさんに行きました。
崖に大きな天狗面がありませんでしたか。
それだけが印象にのこっています。
あと、栗林公園にも行ったような。

投稿: 峰猫 | 2017年10月26日 (木) 22時40分

峰猫さん

峰猫さんが二十代の頃見たという天狗は
房州やが雨の中傘さして上った
奥社に行く途中にあったのではないかと
天狗と他にも何かあったような
薄れゆく記憶の中にあるようなないような
雨に煙る崖の上の方にあったようななかったような
今年も上がっていればよかったのですが

金毘羅宮と栗林公園に行ったのですね
勿論さぬきうどんは食べましたね
あとは丸亀城を見て丸亀うちわを買って
屋島に行ってれば讃岐通ですが


投稿: 房州や | 2017年10月27日 (金) 06時48分

 

金刀比羅宮のことを こんぴらさん と言うのですね。
知らなかった。
こんぴらさんはダレが歌ったのか知らないが
♪こんぴら船ふね 追い手てに帆をかけ〜♫ がいつの間に
記憶の中にあるのでよく覚えている。

ビジネスホテルに泊まらずに、こんぴらさんに泊まり
温泉に入りおいしもの食べて2〜3日ゆっくりしてくれば
と思うのですが・・。

行列のできるパン屋さんはいつだったかテレビでみました。
この辺りにはおいしいパン屋さんは何店かあるみたい。でも
並んでまでパンを買いたいなんておもわないでしょう?

投稿: aboo-kai | 2017年10月27日 (金) 11時04分

aboo-kaiさん

>こんぴら

駅名・町名は琴平
お宮は金毘羅宮
・・・・・シュラシュシュシュー

>ビジネスホテル

前回の108ケ所巡りの時は
雨だったこともありますが琴平で泊ったので
今回は翌日からの都合もあり晴れていたので
数キロですが歩くことにしました。
1泊するとなんだかんだで8000円はかかります
貧乏な房州やは無駄遣いは出来ません

>行列

行列が出来る店には入ったことがありません
いくら美味しくてもです

投稿: 房州や | 2017年10月27日 (金) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路33日 | トップページ | 遍路35日 »