« 遍路32日 | トップページ | 遍路34日  »

2017年10月24日 (火)

遍路33日

遍路33日目

-------------------------------------------------

   <<6回目のへんろは通し歩き108カ所>>  6月10日

-------------------------------------------------

行程  宿~66雲辺寺~別格⑯萩原寺~67大興寺~68神恵院~

        69観音寺~70本山寺~

           昨夜食事中に、宿の御主人に教わった

151c003 判りにくい遍路道を過ぎ、山道の終るころに

 卍一生水の跡があります、よくある水に関係する  

 ものの一つです、今は水が湧いていませんので

 一生水の霊跡ですが水を求めることはできません

           細い舗装道路に出てから札所までが結構長いのです

(↑一生水)    じわじわと上る舗装道路を歩き、時には遍路道を歩き

152c003 こんなところに車が停まっていると思ったら駐車場です 

 もう少し歩きます、納経所の横からも入れますが

 お遍路ならもう少し歩いて山門を通りましょう

 本堂に参拝して、本堂前の「おたのみなす」に座って

(↑おたのみなす) 頼みごとするのどうでしょうか

少し山門の方へ戻ると立派な大師堂が建っています

154c003 納経所でこの先の山道の様子を聞いてみます  

 一休みして、トイレに行って、五百羅漢さんの

 姿かたちを愛でお顔に挨拶をしながら、

 ロープウェイ山麓駅を目指します 

           大興寺への道と違いかなり荒れてはいますが

(↑五百羅漢)  迷うことなく山麓駅に行き着きました

トイレの前の長いベンチに座って、お接待のおにぎりを食べていると

地元のランナーが二人やって来て話しかけてきました

「どちらから」「関東の人は多いですよ」・・・・・

017c2017003  別格⑯萩原寺へは分かれ道はありますが案内板が、 

 あるので一本道と同じです、境内は萩があちこちに

 植えられています、秋にくればもっと楽しめるお寺です

 茅葺屋根の建物はかなり傷んでいるようで

(↑萩原寺境内) 早い修理が望まれます

155c003156c003157c003 萩原寺に寄ったので  

 大興寺への遍路道に

 戻るのですが、かなりの

 回り道をしながら

雲辺寺からの遍路道に戻り、大興寺を

目指します、駐車場の横から入り、小さな

橋を渡り、山門を通ると、三角寺と違って

(↑大興寺)            綺麗な石段が待っています

ここには宗派の異なる大師堂が二つあります、何故なんでしょう

宿の主人が言っていたように、ここの境内を借りてお昼にします

158c003188c003159c003 食べ終わってから、観音寺

 の町に向かって歩き始めます

 68と69の二つの札所が

 同じ境内にある変わった
 
  (神恵院&観音寺&銭形) ところです、納経所は1つしか

 ありません。参拝が終わると、裏山に上り、銭形を見て行

 きます。まだ煩悩が消えないので、銭形を見てお金に

不自由しないように願って、次の札所に向かいます

毎回、財田川の左岸を歩いています、車の通りが少ないことと、いつでも 

160c003 河原に下りて行けるので、休み休み歩くのには適して

 いると思っています。 ←本来は五重塔が見えるのですが

 修復工事中で工事の布でかくれて塔の形は見えません。

 ご本尊が馬頭観音さんなのは八十八か所でここだけです  

いつもは、歩いて0分の宿に泊まるのですが、今日は少し遠くまで歩きました

 

 

今日は約    58800   歩

    約     38.2    Km歩きました

 

(明日は、別格⑰番まで歩く予定です、金刀比羅宮の先なので

 勿論帰りには石段を上るつもりです)

 

|

« 遍路32日 | トップページ | 遍路34日  »

遍路」カテゴリの記事

コメント

更新のペースが早くなった。
ラストスパート?

雲辺寺の「おたのみなす」の様子がよくわからない。
ハンコの絵を見てもわからない。
なすの椅子があるのかな? なぜなすなんだろう。

馬頭観音さんは馬顔の観音さまかも。
    

投稿: aboo-kai | 2017年10月24日 (火) 18時54分

aboo-kaiさん

別にラストスパートではありませんが
あまり長く続けてきて、そろそろ飽きてきたので
ハンコも揃ったことだしという訳です

「おたのみなす」は茄子の形をした椅子です
私の持ち物を乗せてみましたが
「財をなす」のように〇〇を成す為す・・・
という縁起物です  多分ね

馬頭観音さんのお顔は普通ですが
頭に馬の顔が乗っています

象に乗った観音さんがいるように
馬の顔を乗せた観音さんもいます

投稿: 房州や | 2017年10月24日 (火) 20時11分

3日間隔が2日間隔になっただけで、かなり更新が早くなった気がしますね!

ハンコの数が多くなっていませんか?

ロープウエイの山麓駅まで歩いて、ロープウエイには乗ったのですか?往復ですか?

四国は琴平以外にも金比羅さんは沢山有るのですか?
うちの近所(水道橋の手前)にも金比羅さんの東京分社が有ります。

投稿: 閑おじ | 2017年10月25日 (水) 16時51分

閑おじさん

>山麓駅まで歩いて

 雲辺寺の側にロープウェイの山頂駅があり
 麓に山麓駅があるのですが
 歩きで別格萩原寺に行く下りの道は
 山麓駅を目指すことになります
 頑なに拘っている訳ではないのですが
 歩きで行けるところは歩いています

>琴平以外

 気づかなかったですねえ
 昨日の別格箸蔵寺は金毘羅宮の奥の院です
 海運の宮ですから、「なんとか津」町には
 ありそうですが
 瀬戸内には海賊の数だけありそうですね

>ハンコの数

 原則1ケ寺1個だったのですが
 調子に乗ってるようですね

 つい調子に乗って、残りのオーブン粘土を
 使って、閑おじさんたちのはんこも
 出来はいまいちですが作ってしまいました

投稿: 房州や | 2017年10月25日 (水) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路32日 | トップページ | 遍路34日  »