« 遍路30日 | トップページ | 遍路32日 »

2017年10月20日 (金)

遍路31日

遍路31日目

-------------------------------------------------

   <<6回目のへんろは通し歩き108カ所>> 6月8日>>

-------------------------------------------------

行程  ~65三角寺~別格⑬仙龍寺~別格⑭椿堂~佐野

雨は止んだが、曇り空

雨具はいつでも取り出せるよう準備しています

6時過ぎにフロントへ、名前を言ってお弁当のお接待を受ける

お礼を言ってありがたく受け取り、部屋に戻ってザックに詰め

出発準備終了、予定通り6時半頃宿を出て最初の札所

65三角寺へ向かう

 

へんろ道に向かう途中のコンビニに寄り、行動食&非常食を準備

今日のへんろ道には、食堂もコンビニもレストランもないのです

ゆるい坂道を遍路案内のシールに導かれて歩き、戸川公園へ

ここから急な坂道に変る、舗装道路も途中から山道に変り

標高差350m程の山登り(丘上り)となります(急坂はありません)

杉林を抜けて、舗装道路に出たら、もうすぐ三角寺です

145c003真っ直ぐで急な石段の上が最初の札所三角寺、

石段の上に鐘楼門が見えます、一段毎の高さも

凸凹で歩きにくい石段ですが、足元に注意して上り

鐘を一回だけ突きます

146c003ここでも荷物は四阿に置くことにします

静かな境内を歩き、奥の本堂と大師堂と

その他のお堂を巡り、ご朱印を頂きます

最後に別格⑬仙龍寺へのへんろ道(山道)を尋ねます

予想した通り、本堂裏からのへんろ道は止めるように言われました

雨上がりで危険だからと言うのがその理由です。

危険という言葉に素直に従い(前回も同じことを言われました)

四阿に座り、腹ごしらえして、石段を注意して下ります

 

1Km程先で右に折れ、別格⑬仙龍寺への細い自動車道を歩きます

014c2017003 時々、地元の車と出会う以外、人には会わないので 

 道の様子も聞けないまま、歩いているとダム湖が

 現れ、何故だかほっとしました、へんろ道が

 急に明るくなった気がしたのです

仙龍寺へ急坂を上った先に、お寺とは思えない雰囲気の建物があり

靴を脱いで廊下を歩き弘法大師を祀った部屋に行きます

参拝の後、上り下りしながら、境内のいくつかの建物を見学し

ベンチに座って、お接待で頂いたお昼のおにぎりを1個だけ食べ

ここまで来たのだからと、もう少し休憩をします

余談ですが、お坊さんの話では、先日、泥だらけになってお遍路さんが

やって来たので、どうしたのかと聞くと、山の遍路道を歩いて来たとのこと

(自動車道の選択は正解でした)

 

015c2017003   長くて真っ暗な堀切トンネルを抜けて

 ←別格⑭椿堂へ、人は誰もいません、納経所で

   お接待を頂いた上に、本堂の前を貸して頂き

   残りのおにぎりを食べ、またまた休憩をし

トイレを借りて、峠に向かって出発です、暫くはお店もトイレも自販機も

ありません、七田のバス停から境目峠の道へ向かいます、峠から

今日の宿まではぶらぶら歩いて遍路道を楽しみます

(ようやく太陽も出て明るくなってきました)

 

宿に着いて、民宿の御主人にご挨拶、お風呂・洗濯を済ませ

段ボール箱にシュラフ等の野宿道具を詰め込み、近くの郵便局から

送り返します、これから先は、殆どが市街地なので、野宿初心者は

何処で寝たらよいのか、寝場所が思いつきませんので

今日は久し振りに大勢のお遍路さんと一緒に夕食をいただきます

台湾からのお遍路さんもいました

宿の主人がスマホを使って会話をします、便利な世の中になりました

 

今日は   約  45900 歩

       約   31.0  Km歩きました

明日は 別格⑮箸蔵寺まで往復します

遍路も残り1週間ほどになりました

|

« 遍路30日 | トップページ | 遍路32日 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

後、1週間程で、寝袋も送り返して身軽になって、これからまだ何カ所巡るのでしょうか?

三角寺の鐘を1回撞いたそうですが、一人1回って決まっているのですか?
私なら、108回撞いてお遍路さんやった事にして、帰っちゃいそうです。
よく「行く年来る年」でお坊さんが、1回撞く度に「五体投地」をして、撞いていますが、あんな事はしないのですか?

そう言えば、ネパールかどこかで、聖地巡礼を「五体投地」しながらやっているのを、テレビで見た事が有りますが、あれは大変ですね!

投稿: 閑おじ | 2017年10月21日 (土) 16時56分


毎回載せているハンコの絵はお遍路しながら
房州やさんがその場で彫ったもの。
寺の木の下で、公園のベンチで、道の片隅で
彫っているのをよく目撃されている。

この連載が終わったら上野の美術館で
『遍路ハンコ絵展』と講演会を開く予定。

こんな話を美術評論家のヘンリー青木氏から聞いた。

投稿: aboo-kai | 2017年10月21日 (土) 19時43分

閑おじさん

残りは88ケ所が23ケ所と
     別格が 6ケ所の合計29ケ所です
これからは札所が次から次に出てきますから
寂しいですが、「あっ!」と言うまに終わってしまいます。

>三角寺の鐘
 
 鐘つきは一人一回にして下さいと書いてあるお寺もあります
 団体がやって来て、一人一回突かれては
 大変ですから、先達さんや代表が突けば
 良いのに、いくつもいくつも突く人たちもいます
 

>五体投地
 カイラス山巡礼が有名ですね
 家を出る時から帰るまで尺取り虫のようにして
 巡礼するそうですね
 四国では見かけません

投稿: 房州や | 2017年10月22日 (日) 08時54分

aboo-kaiさん

>ハンコの絵
 写生している人には出会ったことがありますが
 はんこを彫っている人には出会ったことはありません
 写生も粗い線で描いて、宿で仕上げているそうですよ

>講演
 私が聞いた話では
 イエロースットンにタイムスリップした人が
 講演すると言うことでしたが

投稿: 房州や | 2017年10月22日 (日) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路30日 | トップページ | 遍路32日 »