« 遍路28日 | トップページ | 遍路30日 »

2017年10月14日 (土)

遍路29日

遍路29日目

-------------------------------------------------

   <<6回目のへんろは通し歩き108カ所>>   6月6日

-------------------------------------------------

行程   ~湯浪~60横峰寺~61香園寺~62①宝寿寺・②宝寿寺~

      63吉祥寺~64前神寺~

そろそろ、シュラフとマットは送り返そうかと思いながら

ザックに一番下にまとめて押し込み、出発しました。

行動食の準備は、少しでも楽なように一番札所に近いコンビニで

(距離では2Kmくらしか変わりませんが)昼食&行動食&水などを

買い揃えます。横浪までは川沿いの緩やかな坂道が続きます

140c003139c003 ←横峰山のへんろ道に入る前に

  湧水でのどを潤し気合を入れて

  上りはじめます

  初めは谷川沿いの道を歩き

最後は谷から離れ急な坂を上っていると、軽装備の女の人に出会いました

麓に住む人で時々走って上っているとのことでした、その人が石楠花の

花が満開の横峰寺の写真を見せてくれました、(とても綺麗でした)

一緒に頂いた飴を口にして歩いていると、山門が急に目の前に現れました

これも歩きへんろだけの特権で、車遍路の人はまず、くぐることはないでしょう

150c003 荷物は休憩所に置き、石楠花の木が沢山の境内で参拝

 軽く食事をして、荷物をまとめたら

←星が森の鉄の鳥居に向かいます

 晴れていれば、石鎚山がはっきり見えます

鳥居の横から石鎚へ向かう道もあります

綺麗に整備されているようなので、歩いている人もいるのでしょう

山の整備に来ていた人に話を聞くと、「殆ど見たことないなー」

元来た道を戻って、一旦境内に入り、香園寺への道を歩きます

卍白滝奥の院を過ぎ、小松町が一望できる大谷池の休憩所で一休み

絶好の休憩場所です(ここでも軽く食事をします、少しずつ分割して

食べるのにもすっかり慣れました)

 

141c003 ←香園寺へは高鴨神社を抜けて境内に入ります

 コンクリート造りの1階でお参りするもよし

  2階に上がって金ぴかの大きなご本尊を見上げ

  ながらお参りするも良しです

さて次は、色々と話題になっている62番札所ですが

香園寺の第2駐車場の片隅に宝寿寺のご本尊を祀った

霊場会納経所があります、なんて奴だと思うかもしれませんが

両方に行って両方のご朱印を頂きました。

 

142c003 ←宝寿寺・子宝観音

  着いたのは13時前、12~13時は、ここだけの

  決め事で昼休みなのです、狭い境内の中をすることなく

 うろうろしていたら、住職が返ってきました

両所で納経を終え駅前を歩いていたら、これから宝寿寺に向かう

乗り物のお遍路さんと再会、内子町の先、大瀬以来です。

 

国道を歩いて、吉祥寺へ

143c003151c003 ←吉祥寺では、運試しにと

 穴の開いた石にお杖を通し

 吉祥天の下をくぐりと、少し遊んでから

 道を渡って、へんろ道を歩いて

前神寺に向かいます、途中の石鎚神社への参拝も忘れないように

144c003 ←前神寺は境内の奥行きが広くあちこちに石仏が

 祀られています、役行者あり、お不動さんありです

 そんな石仏をぐるっと見てまわり

 納経所へ向かいます、これで今日の札所めぐりは

終了です。

もう少し歩いてコンビニに寄れば風呂に入って寝るだけ

(60⇒61⇒62⇒宿というのが一般的だと思います)

 

今日は 約    42300   歩

     約     25.2    Km歩きました

    距離は少ないのですが、山登りで少し疲れました

 

 

毎日が決断力のテストです

今日の寝床はお昼までに、こんなことを選択肢に決定しました

0.今晩&明朝の天気予報を参考に  雨予報  屋根壁あり=野宿可、なし=宿

1.前神寺近くの四阿で寝る  ×  トイレは前神寺へ コンビニまでは往復1Km

2.近くの温泉のある宿に泊まる  宿泊費が高い △ 2食付いて9000円超

3.さらに2Km程歩いてビジネスホテルに泊る 〇  傍にコンビニがある

選択肢は3つくらいです

それでも、進み具合や疲れ具合で変更はあります

|

« 遍路28日 | トップページ | 遍路30日 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

行く雲の如く、流れる水の如く・・・
お遍路さんの房州やさんはまるで「修行僧」の様ですね!(宿で缶ビール呑まなきゃ)

行方定めぬ旅烏?という程でもなく、行く方向は決まってるみたいですね!

総て歩いて、野宿遍路という人もいるのでしょうね!

確かに昔なら「何時死んでも良い死に装束」というのも、わかる様な気がします。

投稿: 閑おじ | 2017年10月14日 (土) 18時19分

foot閑おじさん

水の流れる如く雲の行く如くに憧れもしますが
へんろは始める札所に決まりもなく
訪れる順番にも決まりはありませんが
ついつい正順に巡ってしまいます


>総て歩いて、野宿遍路

 全部野宿の人もいるようですが
 困るのは風呂と洗濯のようです
 そこで日帰り温泉やスーパー銭湯等を
 利用しているようです

 一部ビジネスホテルの野宿さんもいます
 目的は風呂と洗濯のためです

 40番の手前に満倉遍路休憩所には
 洗濯場が設置されています
 こんな休憩所が増えれば、完全無寄港
 野宿遍路も可能になりますね

 寝場所に着いたら、まずビールの
 房州やには無理ですが

投稿: 房州や | 2017年10月15日 (日) 06時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路28日 | トップページ | 遍路30日 »