« 遍路20日 | トップページ | 遍路22日 »

2017年9月21日 (木)

遍路21日

遍路21日目

---------------------------------------------------

     <<6回目のへんろは通し歩き108カ所>>  5月29日

---------------------------------------------------

行程   41龍光寺~42仏木寺~43明石寺~大洲

    昨晩駅のコンビニで買ったサンドイッチと珈琲とトマトジュースで

    朝食を済ませ、昨日歩いた「務田」までJRで移動するため駅へ

    自販機で切符を買い、ホームに入ると、CMで登場する

    顔だけが新幹線の列車が止まっていた

20170921    何かのCMで見たことありませんか

  四国には0系新幹線が走っています

  各駅停車で走る新幹線はまさに

  「こだま号」です

  昨日歩いた坂道の横を

  あっという間に通り過ぎて

        務田駅に着きました、乗っていた高校生に別れを告げて

    道路の向こうにあるコンビニで行動食とお昼を準備し

    田んぼの中の一本道を歩く、初めての遍路の時に泊めてもらった

    「いなりや」は休業?(廃業)しているらしい

 

鳥居をくぐって、石段を上る、少し早めに着いたので、稲荷神社にも参拝

(元々の札所は稲荷神社ではなかったのかと思うのですが)

106c003  朝日を受けて眩しい石仏を見て回った後は 

  鐘楼の横のベンチに座って、

  同じように早く着いたお遍路さんたちと

  お話をして時間をつぶす、

納経時間前に全部で7~8人いたが、歩き遍路は私を含め2人だけ

納経後、駐車場の先からお墓の間を通り小山を越え仏木寺に向かう

遠くから何組かの小学生たちのグループやってくる

「おはよう」「おはよう」「おはよう」と大きな声でご挨拶

コスモスの苗が植えられた花壇のある歩道を歩いて仏木寺へ

新築された仁王門をくぐり、手水を使い、藁ぶき屋根の鐘楼で鐘を突く

107c003   納経を済ませ出て行こうとした時

 何度も登場している「埼玉の野宿」さんがやって来た

 昨日は道の駅「みま」で寝たそうだ

 別れて峠道に向かう、

108c003 前回、山の上から飛び降りてきた鶏に会いたくて

 トンネルの道を選んだが

 鶏にも用事があるらしく会うことは出来なかった

 休憩所で水を一口飲み整備された山道を下り

歯長地蔵傍の四阿で休んでいると、彼が下って来てそのまま先に

歩いて行った(大洲の先の十夜が橋の通夜堂に泊るつもりだそうだ)

腹ごしらえをして水分補給をして歩き、

明石寺に着いた時は、彼は一休みをしていた

147c003   お休みどころで冷たい水を頂き、

  抹茶ソフトで体を冷し、お店の人とお話をした後

 裏山を越えて、卯之町にでる 

 この町の古い旅館「松屋旅館」に一度だけ

109c003 泊ったことがある、古くからの旅館で

 漬物が美味しかったのを覚えています   

 明治以降の文化人有名人が数多く滞在した

 記録が残っている。

卯之町を少しだけ「うろうろ」「ぶらぶら」して歩き鳥坂峠への道に向かう

   シーボルトと卯之町

   シーボルトの娘のイネは、シーボルトの鳴滝塾の塾生であった

   二宮敬作に医学を学び、日本で初めての女医となり、卯之町に住んでいた

   また逃亡中の高野長英も卯之町に隠れ住んだことがある

   長英もまたシーボルトの弟子であった

   (何故卯之町だったのでしょう)

 

埼玉の野宿さんと再会(お遍路さんは何故か一ヶ所に集まる)

峠への道の最後にあるコンビニに寄ってみると、4~5人のお遍路さんが

やって来て、食べながら飲みながらしばしのおへんろ話を楽しんだ

三々五々出発する、前に歩くお遍路さんを目標にして

ゆっくりと坂道を上り、へんろ道とトンネルの道の分岐点で

トンネル道を選んだ、長いトンネルだった、出てからもポケットパーク札掛までが

暑さのせいもあったのか、とても長く感じられた

ポケットパーク札掛(トイレあり自販機なし四阿あり)で休み、

埼玉さんは十夜が橋の納経時間に間に合うようにと先に出発した

後から誰か来ないかと待っていたが、来る様子もないので

ブラブラと歩き始め、臥龍山荘・臥龍の湯を横目で眺め

おはなはん通りを歩き今日の宿へと向かった

今日は 約   51600  歩

      約    34.8  Km歩いた

明日は出石寺往復のみ、十夜が橋の通夜堂で泊まるのも良いが

もう一泊し大洲の城と町を楽しむことにした

 

|

« 遍路20日 | トップページ | 遍路22日 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

コンビニで買った朝食のメニューがきょうは載っている。
いいことです。房州やさんがなにを食べてもかまいませ
んがお遍路食がどんなものか気になります。
出来たら昼食、夕食、おやつもよろしくお願いします。

顔だけが新幹線の列車のCMは見たことがないです。
そうとう古い新幹線の顔です。修理工場から貰って来て
く付けたのかな。
だんだん先がとがった顔になってくるのかな。

投稿: aboo-kai | 2017年9月22日 (金) 12時52分

aboo-kaiさん

野宿をしないお遍路さんは
民宿とビジネスホテルに泊っている
民宿の場合は1泊2食で7000円程度
ビジネスホテルは5000~6000円程度
(最近のビジネスホテルでは朝食が付くことあり)
土佐の遍路ではほぼ「かつおのたたき」が出る

朝早く宿を出て、早めに宿にはいるのがお遍路の鉄則です
荷物も少なめで軽くするのも鉄則です
お腹の空いた、そんな時、お昼を食べることの出来る食堂やレストランが丁度良くあるはずもなく
歩きへんろの大多数はコンビニやスーパーで買え、どこでも食べられる
・おにぎり・パン・サンドイッチを食べる回数が多くなります
・コンビニ弁当はコンビニで食べる時以外は
多分誰も食べないでしょう
(荷物になる・ゴミの処分が出来ない)

食事以外に行動食を持ち歩くことが大切です
当てにしていたコンビニやスーパーがなかった・休みだったということはよくある事です

ですから、人によって違いますが
バナナ・菓子パン・カロリーメイト・大福等の他に
飴・氷砂糖・チョコレート等を持っています

房州やは常にアンパン・大福・氷砂糖を持って歩いてました
無くなると補充をしながら

もう一つ、水やスポーツドリンクも欠かせないアイテムです

>古い新幹線の顔です

 0系新幹線(こだま)の顔をしていも
 スピードはローカル線の各駅停車です
 四国に新幹線が走ることはないでしょうが

投稿: 房州や | 2017年9月22日 (金) 22時35分

食べ物が書かれていると、ちゃんと食べているんだなと思って、私も安心します。
あと、コミュニケーションのことも書かれているとホッとします。
一期一会だものね。

ここでふと疑問。
私は房州やさんは1人で旅していると勝手に思っているけど、空海さんの他、生身の方はご一緒じゃないんですよね?

投稿: mimi | 2017年9月24日 (日) 00時45分

mimiさん

この時期に歩き遍路をしている人の
殆どは1人です
勿論房州やも毎回一人です
2人連れを見かけたのはハワイから来た男女2人だけです

短い区切り打ちの人だろいると思いますが
長い日数になるといないと思います
多分
・行動パターン興味の持ち方が違うのもありますが(2~3日なら我慢も出来るが1ケ月は)
・歩く速さ(体力が違う)ことが一番の要因だと思います
・車の場合は夫婦連れが多いようです

投稿: 房州や | 2017年9月24日 (日) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路20日 | トップページ | 遍路22日 »