« 遍路19日 | トップページ | 遍路21日 »

2017年9月18日 (月)

遍路20日

遍路20日目

---------------------------------------------------

     <<6回目のへんろは通し歩き108カ所>>   5月28日

---------------------------------------------------

行程    旧御荘町~内海~須ノ川~嵐坂ポケットパーク~津島~宇和島

       ~務田~(JR)~宇和島泊

   菊川まではかなりの上り坂が続くが海が見える場所まで来ると

   元気が出てくる

   いつもは郵便局の手前から右に折れ山のへんろ道を歩くのだが

   海を見ながら歩くのも良いのかもと思い「内海トンネル(人道)」を

   通り、まずは須ノ川キャンプ場→嵐で食料を手に入れ嵐坂ポケットパークへ

   R56を下って行けば、山のへんろ道と出会う

   津島大橋手前のコンビニでお昼を食べ休憩しながら考えた

   眞念の四国遍路指南書に書かれている卍満願寺へ行くか行かざるべきかと

   道路ばかりを歩いて疲れていると判断し行くことを止めて

   松尾トンネル横のへんろ道を歩き宇和島に入ることにした

   この時点で宇和島に宿をとった

   宇和島城に上り

105c003  お城のある場所は低いように見えても結構きついものです

  ぐるぐる回りながら上り、天守閣付近から

  殿さまになった気分で宇和島城下を見渡します

  (天守閣付近でお遍路さんを見かけたことはありません)

  (物見遊山半分で歩いている人が少ないからでしょうね)

  お城づくりの名手と言われた藤堂高虎が城と城下造りを

  手掛け、空角の経始(アキカクノナワ)と呼ばれる

  不等辺な5角形の縄張りが特徴だそうです

  これから行く、別格龍光院が見える方向に石段を下ります。

別格⑥龍光院は駅の側  

007c2017003  宇和島駅前の商店街を抜けると

  目の前に真白な観音さんと、幅が広く長い石段が

  現れました

  前回(3回目のへんろ)来た時は火災でご本尊さんと

お大師さんが同居していましたが、今回はそれぞれのお部屋を

持っていました 。  札所から何やら良いものをお接待されました

お寺は大きな仏像や建物を作るのが好きなのでしょうか

こじんまりとした静かで落ち着きのあるお寺が好きなのですが            

あちこちで休んだせいか距離の割には足の疲れも感じないので

宿に荷物を預け、あと8Kmほどの務田まで歩くことにした、

帰りはJRに乗りことにして

 

今日は  約   56800  歩

      約    48.8   Km歩きました

夕食は駅前のアーケード街で食べ、駅構内コンビニで朝食を買い

早く寝ました

明日の朝は早起きして、JRで昨日歩いた務田へ向かいます

 

|

« 遍路19日 | トップページ | 遍路21日 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

台風18号は房州やさんがお遍路した辺りも
結構被害があったのでしょうね。

人間は地球のあつちこっちで争いばかりしているから
自然が懲らしめてやろうと台風、ハリケーン、地震、
竜巻を起しているのかも。
いっそうのこと地球を人間が住めない星にしてしまっても
いいのかな。

人のいない地球が3億年過ぎた頃、新しい生命が
生まれ、人間になり恐竜になり、イエロースットンの
ような集落が出来る。
人間には火を使う以上の文明は与えない。
そんな地球もいいのかも。
   

投稿: aboo-kai | 2017年9月18日 (月) 12時51分

aboo-kaiさん

今日は台風一過で久しぶりの青空と太陽で
暑い一日でした。

心配しないでも
地球は温暖な時期と氷河期を繰り返しています
そんなに遠くない(宇宙時間で)時期に
氷河期がやってきます
その時生き残ったものが
3億年後のイエロースットン人になります
これは間違いないのですが
房州やには多分確かめることができないでしょう
地軸の変動もあるでしょう
再びチバニアンの時代も来るでしょう
これも多分確かめることができないでしょう

>結構被害があったのでしょうね

 知り合いのいる町や思い出の場所で
 被害も出ているようです
 自然のことですから仕方がないとばかり
 言ってられないのですが
 
 カソ村海岸やM房総市の白浜海岸にも
 大きな波が来ていましたね 

投稿: 房州や | 2017年9月18日 (月) 19時41分

素朴な疑問ですが・・・
そもそも、四国八十八箇所の霊場は誰が決めたのでしょうか?
本当に総てのお寺で、弘法大師が修行をしたのでしょうか?
当然「神格化」(仏格化?)した話なので、眉唾物の言い伝えも多いですが、それだけ「お大師様」が尊敬され、慕われていると言えなくもありませんね。

そして、選から漏れた?二十の寺が、いつから「別格」等と名乗って、八十八箇所では飽き足らない、コアな人達の信仰の対象になったのでしょうか?
合計108になるので、全部回って108にならないと、御利益が無いのでしょうか?

関係ないお寺をお詣りして、109になっちゃったら、どうなんでしょうか?

つまらない疑問ですみません。

投稿: 閑おじ | 2017年9月20日 (水) 10時15分

お遍路は全部歩いて回るのかと思っていたら途中で JRに
乗るのはアリですか。

房州やさんはよくコンビニでお弁当を買ってます。
どんなおべんとう?
おにぎり?
サンドイッチ?
いろいろおかずのはいったおべんとう?
途中のラーメンやとかレストランには入らないのでしょうか。
   

投稿: aboo-kai | 2017年9月20日 (水) 10時48分

閑おじさん

伝説は眉唾です時代を経ればいつしか真実になっていく不思議なものです
世界のあらゆる宗教はそうなのでは
キリストの奇跡も多分ね

伝説はあることないことを針小棒大に宣伝する
特にこの時代に留学した偉いお坊さんは
科学者であり医学者であり経済学者であり
土木もやれば農業もやる彫刻もすれば
絵も描き書も書やる天才だったのです
そんな凄い人が
例えば
井戸掘りをすれば、独鈷でツンツンと地面を突くと水が出たことになってしまいます
人々はそれを待っていたのです

八十八カ所
昔の札所は神社も多くあったようです
今のようになったのは、多分、四国遍路道指南書をまとめた眞念さんの頃からではないでしょうか

房州や思うに、本来は空海さんが修行したであろう
〇〇大師や霊跡を訪ねるのが本当の巡礼ではないかと思うのです
そんな額が高野山の奥の院の納経所にあったような気がします
気になるようでしたら是非確かめに行ってください

四国別格が出来てからまだ20年しか経っていません
108カ所は別格霊場会が言い出したことじゃないですか(?????)

投稿: 房州や | 2017年9月20日 (水) 12時17分

aboo-kaiさん

JRに乗ったのは、前日にそこまで歩いたので
次の日にまた同じ道を歩くと二度歩くことに
なるためにやったのです。

同じようなことをもう一度やってます
それは、札所に向かって夕方まで歩いて
近くに宿がないと、近くの駅から宿のある大きな駅まで電車に乗り、翌日、昨日乗った駅まで
戻って歩き始めます

>コンビニでお弁当

 コンビニ弁当は買いません
 荷物になるし、ゴミを持ち運びしなくてはなりませんから
 よく買うのは、おにぎり、菓子パン、大福
 サンドイッチなどです
 歩いている途中にお腹が空いたらいつでも
 少しずつ食べることができるので便利です
 へんろ道沿いの適当な場所に食堂がないこともコンビニに行く要因かもしれません
 時々、食堂やうどん屋にも寄りますが
 安い物を選んで食っている気がします

 ビジネスホテルに泊った時は近所の食堂や焼肉屋に行くこともあります
 そうそう四国は喫茶文化が発達しているのか
 モーニングも時々利用させてもらいました
 なお
 お洒落なレストランには巡礼姿は似合いません 

投稿: 房州や | 2017年9月20日 (水) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路19日 | トップページ | 遍路21日 »