« 遍路15日 | トップページ | 遍路17日 »

2017年9月 6日 (水)

遍路16日

遍路16日目

---------------------------------------------------

     <<6回目のへんろは通し歩き108カ所>> 5月24日

---------------------------------------------------

 

今日の行程

     入野~四万十川~下ノ加江~久百々

   食事が7時からなので、朝起きて、砂浜まで散歩に行き波と空を眺める、

   戻り際に宿の前にあるトイレの入り口近くで、背の高い明らかに

   野宿遍路をしているな!といった風の若者に出会ったので声をかけてみる

   今日は以布利まで行くつもりだと言う

   私もそのつもりだったけど雨が降りそうなので、軟弱なので野宿は止めて

   民宿に連泊することにしたと話し、足摺のどこかですれ違いましょうと

   別れた

   朝食も昨日の三人で、トレラン遍路さんは足の様子を見るため

   もう一泊することにしたと話してきた、そう無理をしないのが一番

   別格に行っているので、どこかで追い抜いてと別れた

   公園を抜け蛎瀬橋を渡り四万十川に向かう道を歩きはじめる

   河口の渡し船を使わず、四万十大橋を歩くことに決め山の中の道を

   上ったり下ったりする

   毎回しているように川の側のコンビニで軽い食事をし、

   土手の四阿で川を眺める、橋の真ん中まで行き、椅子に座って

   上流と下流を眺めてのんびりとする

   うどんやの先の遍路休憩所&トイレで一休み(しばらくトイレはない)

 

   少し歩くと、日本一小さな「大文字」が見えてくる

   看板が出ているので是非探してほしい

21070906 珍しがるかがっかりするかはあなた次第

 村の人と京都からやって来た

 お公家さんの心温まる

 お話です 

 確かに小さくて、見過ごしてしまう

 大きさなので気がつかないかもしれません

 

   ゆっくり坂を上って行き、長い新伊豆田トンネル抜け

   道を右に取れば (江戸時代には①伊豆田峠を越えれば眞念庵があり

   ここに荷物を置いて金剛福寺往復をしたり②荷物を持って金剛福寺から月山神社

   に行ったと聞きます)

086c003  ←眞念庵の石仏群

   四国遍路をブームにした一人かも知れない

  眞念法師ゆかりの大師堂

  昔はここにお遍路さんを宿泊させていたそうです

    元の道に戻って、「水車」へ

    トイレ横の四阿に荷物を下ろし、トイレに行き、顔を洗い

    靴を脱ぎ、靴下を脱いで、リラックスした状態で

    軽い食事、寝ころんで(涼しい風が吹いてくる)一休み

    足摺手前で最後のコンビニが下ノ加江にある

    明日からの行動食を用意するためコンビニに行くと

    宿で一緒だった、おへんろさんと再会(?)彼は以布利の「星空」に

    泊るそうだ、元気でねと別れて

    一気に久百々まで歩きました。

         ようやく、足摺岬の付け根に着きました

    明日はここから往復ですが、雨の予報が出ています

今日は  約  36500 歩

      約   25.8  Km   歩きました

 

今日は比較的短い距離で高低差もあまりなく

楽に歩くことができました。

明日は雨の中を往復40Km歩くことになります

|

« 遍路15日 | トップページ | 遍路17日 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

足摺崎は椿のトンネルとジョン万次郎の銅像が印象に残っています。
四万十川は観光船に乗った記憶が・・・雨で濁って、何処が「清流」だ!という感じでした。
鮎を食べた様な・・・

皿鉢料理は見かけだけ豪華で、食べると大して美味しく無かった印象です。

昔、荷物の緩衝材が藁だった頃、鰹は藁で焼いてタタキを作っていました。最近は焼き魚もフライパンです。

サッカー、サウジ戦、本田や岡崎を出して負けちゃいましたね!向こうの方が「必死感」が上回っていました。
暑かったからか?日本は走って無かったですね。
まだ疲れていない最初に浅野や原口で点を取っていれば、戦局は変わっていた様な気がします。

投稿: 閑おじ | 2017年9月 6日 (水) 12時31分

きょうは36,500歩。楽をしましたね。

この間から気になっていた「四阿」。 だいたいの意味は
わかっていたが、正確な読みかたも気になったし、きょう
も出て来たので調べたら
歴史民族用語辞典では「しあ」
ウィキペデイアでは「あずまや」

「四阿」はお遍路さんの独特のいい方ですか。
「あずまや」の方が解りやすいのに。

投稿: aboo-kai | 2017年9月 6日 (水) 13時21分

閑おじさん

ジョン万の大きな像を見た後は
亜熱帯植物の間を通って展望台か天狗の鼻へ
いまや水の美しさは四万十よりも仁淀川だと
個人的には思います
屋形船は浮かんでないし久万高原町のお隣まで行くとそりゃあ美しいこと限りなし・・・・

カツオのたたきは遍路中何度も頂きますが
目の前で藁で焼いているのを見ることはありません
是非黒潮町へおいでください

>サッカー、サウジ戦

 本田は最初から45分なら出す必要はない
 今一番調子の良い選手を出すのが
 一番良かったのではないかと思うのですが
 本田・香川・吉田・川島もそろそろかなと
 思うのは房州やだけでしょうか
 どうやら強い相手との親善試合も組まれないようで
 本戦でのベスト8なんて夢のまた夢ですね

投稿: 房州や | 2017年9月 6日 (水) 17時54分

aboo-kaiさん

前の日の計画では
もう少し先(+6.5Km)で野宿の予定でした
予定通りであれば32Kmで良い線でしょう
その日の天気、体調によって
距離は伸びたり縮んだりです

四阿はお遍路の言葉ではありませんよ
屋根のついた休み場所を言うのではありませんか
「あずまや」は別の意味で遍路にとっては
大事な場所です
 時には雨降り時の着替え場所
 時には今夜の寝場所
 時には暑い日の日除け場所になります
 近くにトイレと水場のある四阿は野宿遍路には人気です
 

投稿: 房州や | 2017年9月 6日 (水) 18時02分

「四阿」は子供の頃から読めました!
長野県の上田の方に「四阿山」というのが有って、そこに文京区の施設が有り、林間学校などで使っていたので「あずまや」は読めましたが、屋根と柱だけの建築物が「四阿」だと知ったのは高校生くらいだったでしょうか。

松代地震が有って、当時四阿山付近で地震が多発した為に、文京区の施設は他に移りました。
あれは何年くらい前だったのでしょうか?

投稿: 閑おじ | 2017年9月 6日 (水) 18時27分

閑おじさん

四阿山は日本百名山の一つなんですね
山の形が四阿に似てるからでしょうね?

近くの里山のハイキングコースにも
四阿があり、風が抜けて行くので
休むにはもってこいの場所です

松代地震・・・ありましたねー
自分に直接関係ないとすぐに忘れてしまう
いけませんねー

投稿: 房州や | 2017年9月 6日 (水) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路15日 | トップページ | 遍路17日 »