« 遍路04日 | トップページ | 遍路06日 »

2017年8月 4日 (金)

遍路05日

-------------------------------------------------

       <<6回目のへんろは通し歩き108箇所>>  5月13日

-------------------------------------------------

         昨日の天気予報通り、朝から雨です

 

今日は別格③慈眼寺のみ

 

003c2017003   ← 別格③慈眼寺

     雨の中を歩いて慈眼寺に向かいます

     10Km程歩いて、鶴林寺に向かう人を見送ります

     鶴林寺登り口近くのコンビニで行動食を買いもとめ

               別格慈眼寺に向かう二人で残り10Kmを歩き始めました

               「さかもと」までの道は分りやすく平坦な道なので

               楽に歩くことができました。

               「さかもと」によって、山のへんろ地図を頂きました

               滑りやすい山道を長いこと歩いてようやく到着です 

               同行のお遍路さんは穴禅定するとのことで

               受付をしている間に私は本堂に向かいます

               (前回経験したので二度目はパスしました)

               ここまでも長い道のりなのですが

               本堂に行くには細くて急な坂道を歩かなければなりません

               その本堂の少し手前にあるのが鉄柵で囲われた

               穴禅定場です。(パンフレットを見つけたら後で追加しておきます)

               一人になった帰り道で、「埼玉の野宿さん」とすれ違いました

               私が雨で今日泊まるのを止めた「茅葺の休憩所」で

               泊まったそうです

               (道の駅で寝るつもりが先に2人いたので先まで歩いたそうです)

               簡易トイレが併設されているそうで、

               まあまあ快適だったそうです。

        宿までの帰り道は曇り空、宿に戻ると、風呂の一つが檜風呂に

    なっていました。  記念すべき最初の入浴者になりました

    ----------------------------------------------------

   遍路指南書にはこう書かれています

    坂本村 此村大師回錫の折ふし かりのやどりのやどなく

    霜ふかき萩ののらに御枕をかたむけいのらせ給しより

    今の世まで此里人露霜を見る事もなし・・・・・・

    ・・・・くあんじやうか瀧又は不動の滝ともいふ

    日に三たび明王五色の雲とともに降臨し給ふ

    辰巳の刻にいよいよたしかにおかまれさせ給ふ

    拝所より八町あがり奥院へいたる  月頂山慈眼寺  靏林寺奥院

    本尊不動 はん上人の作 寺 三丁余西に堂あり 本尊十一面いつれも

    大師御作 又同所にふしきの峯あり  半腹に一丈許の卒塔婆有

    大師なさしめ給ふよし ・・・・・

 

本日は歩いたのは慈眼寺への往復のみですが   51800 歩 歩きました。

                         約     39.6 Km

 

 

追加分(穴禅定パンフレット)

20170804001
  

 

「さかもと」から「慈眼寺」への道

20170804002

           散髪屋さん手前の急な坂道さえ間違えなければ大丈夫です

           濡れていると滑るので要注意!!!   

|

« 遍路04日 | トップページ | 遍路06日 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

「穴禅定」であの急な階段を昇って行くと、何があって何をするのでしょう?
あの階段は一方通行なのですか?とてもすれ違えるとは思えませんが・・・
雨の中あそこを昇るだけでも「修行」という感じですね!

先日行った浦佐毘沙門堂という所は3月3日に「裸まつり」というのが有って、雪の中、大きなローソクを抱えて奉納する様ですが、大きな手洗い鉢(畳一枚位)に入って身体を清めるのです。
樹齢何百年かの欅の巨木が何本も有り、荘厳な感じで良い雰囲気でした。

投稿: 閑おじ | 2017年8月 5日 (土) 10時43分


cloudtyphoon

お遍路ってのは鉄の檻の中を登る難行があるとは
知りませんでした。
房州やさんにうっかり乗せられて行ってしまったら
大変な目に会うところでした。
そのうえ今回は 51,800歩。

お遍路さんは恐ろしい! bearing
 

投稿: aboo-kai | 2017年8月 5日 (土) 21時36分

think閑おじさん

あの先は、もっと細くなって
体を横にしたり折りたたんだり(?)
体を岩に擦りつけながら進みます
着ているものが汚れるので
みんな借りた修行用の白衣を着ています。
戻る時すれ違った皆さんは楽しそうでした

歩いて山奥まで来ると
何もかもが美しく見えて
損得を考えてはいけないのでしょうが
何か得した気になります

投稿: 房州や | 2017年8月 6日 (日) 11時03分

thinkaboo-kaiさん

今日は普通のお遍路さんは来ない別格札所なので、こんなところですが
普通のお遍路さんは 25km前後/日が
一日に歩く目安です

楽そうでしょ
   4km/h だと 6時間
      歩くだけです

7時に宿を出れば  おやつの時間には
宿に着いてしまいます。
同行のお遍路さんと
お茶を飲むもよしお酒を頂くも良し
お話をするもまた良し

投稿: 房州や | 2017年8月 6日 (日) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路04日 | トップページ | 遍路06日 »