« 遍路03日 | トップページ | 遍路05日 »

2017年8月 1日 (火)

遍路04日

---------------------------------------------------

     <<6回目のへんろは通し歩き108箇所>> 5月12日

---------------------------------------------------

    札所で房州やなりに気になるものや好きな場所を彫っています

    案内書にある本堂や大師堂や名所旧跡は殆どありません

 

4日目   13大日寺~19立江寺

 

025c003 ← 13大日寺の手と手を合わせて「しあわせ観音さん」  

     なんという名前なのでしょうか?

     合掌した手に中に観音さんが立っている像です

     この観音さんの向かい側に子育て地蔵(or水子地蔵)

     があります

               ご住職さんは韓国舞踊を教えているそうです。

 

 

026c003 ← 14常楽寺

     本堂前の木の枝の間に「あららぎ大師さん」はいます

     生木に彫ったとか言うのはあちこちにありますが

     このお大師さんは木の股に座って悪戯っぽい顔をして

               お参りする人たちを眺めているようです

               流水岩の庭が一枚岩で出来ているようで

               凸凹なので転ばぬように

               (面白みはあるのかもしれませんが、足の不自由な

                人には歩きにくいのです)

 

027c003  ← 15国分寺

      国分寺本堂は独特の形が好きです

      今回は修理中で全景を眺めることができませんでしたが

      そうそう庭も綺麗です、観覧料が必要ですが

                時間があれば、眺めてみるのも良いですよ

               手水場がちょっと・・・・といった感じですが

               みなさんはどう思っているのでしょうか?

045c003_2
← 16観音寺の夜泣き地蔵         

     大師堂の横に祀られているお地蔵さんは

     子供の夜泣き封じにご利益があるという「夜泣き地蔵」

               お地蔵さんは何かと忙しいのですね

              学校の課外授業がやられてました、先生がお寺のことや

               遍路のことをよく勉強しているのに感心しました

                

 

029c003   ← 17井戸寺の山門は武家風

      どこかのお屋敷にあったものを移築したとかで

      お寺の雰囲気とはちょっと違う武家風になっています

      上級武士の門をくぐると左右に観音さんがならんでおり

                正面に本堂があります

 

030c003   ← 17井戸寺のシンボルはこの「面影井戸」

      水面に顔が映れば「吉」映らなければ「?」

      どちらでも良いのですが、映ると何となく気分が良いのは

      何故でしょう?

                車の多い道を歩いて恩山寺に向かう前に、

                井戸寺で休憩して軽食と水分補給をして

                出発します    恩山寺まで 町中を歩いて 五里

 

眉山ロープウェイの下の阿波踊り会館により一休みをした後は   

徳島市内を抜けるだけ、小松川警察近くの遍路休憩所で一休みして

恩山寺道に入ります

031c003   ← 18恩山寺山門は壊れそうです

       橋を渡って自動車道から外れた所に山門が

       あります、自転車が立てかけてあったりして

       それはそれなりに面白いのですが

                 屋根には草が生えて、早く何とかしなければと

                 気になります

                 門の先に誰もが見過ごしている赤色の肌の

                 ビラン樹があります。

032c003_2 ← 18恩山寺・修行大師は大きい

     大きな修行大師はあちこちにありますが

     恩山寺の山門をくぐり、へんろ道(参道)を   

     上った先に後ろ向きの修行大師が立っています

     本来ならば逆向きだと思うのですが 

     最近は車での参拝者の方(駐車場)を向いているのが  

               普通になっています。 車遍路優先でしょうか? 

                立江寺まで壱里

                途中で寄り道したくな場所があります

                 1.煙火工場(遠くに建物が点在してます)   

                 2.スポーツ吹き矢練習場

                 3.お京塚      

                    どこに行きたいですか

                私は当然、全部覗いて行きたいです。   

 

034c003  ← 19立江寺の子授け地蔵(子安の地蔵尊・立江の地蔵さん) 

      お地蔵さんは忙しい、日頃は六道を巡りながら

      子育てもしなければなりません

      ですからあちこちの寺の境内にあるお地蔵さんは

                子育ての真っ最中です これも気になります。

                ご本尊は延命地蔵尊、忙しい等と言ってられません 

 

今日は近くの民宿まで歩いて終わりです  51200 歩 歩きました

(13番大日寺~19番立江寺まで)   約  33.9  Km

|

« 遍路03日 | トップページ | 遍路05日 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

cloudrain

今回は51,200歩。
お遍路4日目にもなると歩きも快調。
少しずつ歩数が延びています。
この調子だと100,000歩は間もなくです。

お遍路6回目でも新しい発見があるのですね。
大きなわらじが祀ってある壊れそうな恩山寺山門が
気になります。
房州やさんの力でなんとかしてあげませんか。
恩山寺山門のはんこを押して寄進をしてもらうとか。


投稿: aboo-kai | 2017年8月 1日 (火) 14時44分

shoeshoeshoeaboo-kaiさん

時々休んでゆっくりゆっくりでも歩いていれば
無理さえしなければ歩数も距離も稼げるものです

灼熱地獄の内藤新宿辺りを
徘徊しているaboo-kaiさんにしてみれば
なんてことはない歩数・距離です

今年もあちこちの寺で
本堂・五重塔等・・修理工事が行われていましたが
山門の工事は見ませんでした
もっとも山門そのものがないお寺もありますから

崩れ去っても良いのかもしれません
この恩山寺の山門も車で来る参拝者にとっては
門の横を通る舗装道路を車で通りぬけるだけで
門をくぐることはないので
山門はなんの意味もありませんから

前回は境内でスペイン人に出会い
今回は台湾人に会いました
ちょっとした国際交流の場でもあります

投稿: 房州や | 2017年8月 1日 (火) 19時02分

「山門」にはお寺の「山号」が書かれた看板を掲げてますよね!
あれは表札みたいな物だから、立派な家には門が有って表札が掛かっている状態なのでしょう。

立派で無い家には門が無い!
古い家で塀や門が壊れかかっている家も時々見受けられます。
建てた時は景気が良かったけど、後が続かない・・・

朝早く起きて山門をくぐると良いことが有る!
これを「早起きは山門の得」と言います。

投稿: 閑おじ | 2017年8月 2日 (水) 09時28分

door閑おじさん

たいていのお寺にはそれなりの山門があります
山門より本堂を何とかしろよの寺もあります
石の柱が2本立っているお寺もあります
山の麓に山門があるお寺もあります
山門じゃなくて鳥居のお寺もあります

へんろ道の順路を歩いて行くと
境内の横から入ったり、ほぼ後ろから入ったり
山門から入ったりしますが
横から入っちゃダメと書いてあるお寺もあります

へんろでは
山門でご挨拶⇒手水で手・口を清め⇒鐘を突く
・・・のが手順なのですが
幾つかの寺では鐘を突くのを拒否しています

  かねなしの貧乏な気分になります

投稿: 房州や | 2017年8月 2日 (水) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路03日 | トップページ | 遍路05日 »