« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月29日 (土)

遍路03日

--------------------------------------------------

        <<6回目のへんろは通し歩き108箇所>> 5月11日

--------------------------------------------------

一緒に柳水庵に泊った「埼玉の野宿遍路さん」が先に歩きだし

それを見送ってから、少し遅れて出発しました、今日は良い天気になりそうです

3日目

020c003  ← 12焼山寺道で出会う 左右内の一本杉

     右に左に曲がりながら疲れてついた

     最後の石段の上に修行大師の像が一本杉を

     背にして立っています

               ここで休憩をして水を飲み甘いものなど口にします。

               いつも思うのです、こんな山の中に、こんな大きな

               修行大師をどのようにして持ち上げたのか?

               (近くには軽トラの走る細い林道はありますが)

 

021c003  ← 12焼山寺道 最後のへんろころがしは6番目

     一旦、小さな部落に出たあと、水音のする方へ

     下っていき、最後のへんろころがしの上りになります

     昔はこの沢の水で体を清めてから上ったそうです

               初めての時は曲がり角がくる度に何度も

               何度も休んでいましたが

               3度目くらいからは休まずに上れるようになりました

               歳はとっているのに慣れて来るとは恐ろしいものです

               それとも2本の杖のおかげでしょうか?

 

022c003  ← 12焼山寺境内へ到着

     幾つかの石仏を横目にして歩くと山門の先に

     木立の向こうに本堂が見えてきます

     野宿の相棒が、納経所の横で待っていてくれました    

               毎回、納経所横の休憩所で軽い食事をしてから

               下りに入ります。

               山のお寺には杉の木が里のお寺には松の木があるのは何故?

               植生だけでしょうか?

023c003  ← 12焼山寺ご本尊千手観音さん

      まだ見たことのないご本尊の 千手観音さんを

      想像して彫ってみました、金ぴかに彩色しましたが

      本当はどうなのでしょうか、殆どの札所のご本尊さんは

                秘仏だとかで、めったに見られるものではありません

                信仰の対象なのに、昔は、どうだったのでしょうか

 

024c003  ←  杖杉庵の横にある 感動の場面です

       ようやく会うことができた空海さんに衛門三郎が

       すがりついているところです、突いてきた杖を挿すと

       生長して大きな杉の木になったとか????

                 少し歩くと、鍋岩に着きます、谷川に蛍が飛び交う

                 美しいところだそうですが、

                                    季節が早く見たことがありません

 

玉が峠の下りにトイレが併設された遍路休憩所があります

そこで近所のお婆さんが待っていました。

お決まりの質問があります「どこから来たの?」

それから色んなお話が始まります

結構長い事座っていました

その後はいくつかの人形案山子(ほぼ実物大)を見て、

きれいな川の流れに沿って歩き、今日の宿に荷物を預けて、

暑い中を片道約3Kmを歩いて、童学寺へ

(明日の予定でしたが、前日に柳水庵まで歩いたので予定変更です)

 

002c2017003  ←  別格②童学寺唐風山門(?) の変わった形なので

       前回の印象が深く、よく覚えています

       他の建物はすべて和風なのに何故この門だけ

       この形なのでしょうか

                 ここで子供の頃の空海さんが勉強したそうです

                 本堂は火災にあって、現在はご本尊とお大師さんが

                 同居しています

                 途中のトンネルは歩道もなく大変危険です

                 歩道の設置されていないトンネルは通行不可に

                 することは出来ないでしょうね

 

今日は 柳水庵~焼山寺~童学寺(往復)で  45700歩 歩きました

                           約   30.6 Km

| | コメント (4)

2017年7月26日 (水)

遍路02日

----------------------------------------------------   

   <<6回目のへんろは通し歩き108箇所>>    5月10日

----------------------------------------------------

                           昨夜の雨で道路は小さな水たまりが出来ている

            野宿しないで良かった。少なくとも濡れないで済んだ

くまだにまて壱里 野原なり  はらだ村 どなりむら

 

013c003 ← 08熊谷寺山門(車遍路の人はまず来ない)

     十楽寺から歩いてきて、右手の奥に桜並木が見え

     その向こうに山門が見えたら、熊谷寺です。

     朝早く出たので、まだ納経の時間には間があります

               誰もいない本堂・大師堂にお参りし、納経所前で待ちます

               ベンチがいくつか置かれていて、このベンチや四阿で

               野宿をする「おへんろさん」がいます

               当初、安楽寺の通夜堂かここで野宿をと思っていたのですが

               雨で予定変更になりました。

           (後で、安楽寺通夜堂に泊めてもらえば良かったかなと思いました)

   はうりんじまて十八町

 

014c003 ← 09法輪寺へのへんろ道

     熊谷寺を打ち終え山門をくぐり、歩き出すと間もなく

     畑が現れます、畑の中の舗装道を歩きます

     この農道で、何故か2回4葉のクローバーを見つけました

               幸運のへんろ道です。

               法輪寺は目の前です

 

015c003 ← 09法輪寺門前のお店は「あわじ庵」

     法輪寺は境内もトイレもとても綺麗です、境内の休憩所で

     休憩するのも良いでしょう、そんな時にこのお店の

     草大福を食べるのも良いでしょう

               うどんもあります。               

  きりはたまて廿五町 あきつき村 きりはた村

 

017c003 ← 10切幡寺の機織観音さん

     即身成仏した乙女がこの機織り観音さまです

     観音様の前に行くには333段の石段を上らなければなりません

     荷物を参道途中のお店に預けて歩くのも良いでしょう

     本堂で正面から参拝し、裏側に回りもう一度参拝し

     そのまま歩けば、観音さんが待っています

     美人の機織り観音さんです

 是より藤井寺まて壱里半 大野しま村 あは嶋村 此間よし野川 舟渡し をゑ村

      いつも途中にある「十川スーパー」でお昼と行動食を調達し

      お店のおばさんと珈琲を飲みながらお話をします

      近所の暇そうなお爺さんお婆さんが必ずやってきます

      今回は元教員のお婆ちゃんと腕相撲をして負けました         

 

018c003  ← 吉野川を渡ります

      川島橋(潜水沈下橋)を渡って、河原に降りて

      お昼にします、靴を脱いで、足を水につけて

      のんびりすることもあります

                川漁師さんに話を聞くと、随分川が汚れてきたと言います

                ダムのせいでしょうか、人々の生活のせいでしょうか

                通る度に気になっています。

 

048c003_3   ← 11藤井寺山門

      へんろ道は民家の軒先を通り、山門の前に出ます

      普通の小さな山門で見栄えのするものではありません

      初めて来たときに山門の前に小さなお店があり

                お爺さんとお婆さんが飲み物や食べ物を売っていました

                2年後に来た時には、店は埃をかぶり崩れ掛けていました

                まだ店の跡はそのままです、何故だか気になります

 

これよりしやうさんじまて三里 山坂にて宿なし  壱里半ゆきて柳の水有・・・・

 

019c003   ← 11藤井寺本堂横から焼山寺道へ

       遍路最初のへんろころがしが始まります

       最初はなんでもない平らな道ですが

       段々急になっていき、ああ、へんろころがしなんだなぁと

                 思うのですが、まだまだ序の口です

                                お昼頃に藤井寺に着いてしまって、行くところがないので

                 焼山寺中間点の柳水庵まで歩くことにしました

                 たとえ柳水庵の小屋が閉まっていても

                 テントもあるし心配はありません

                 食料は十川スーパーで買ったパンがあります

 

  2日目は札所は4か所&柳水庵まで 43100歩 歩きました

       9/108~12/108               約  26.2Km

| | コメント (4)

2017年7月23日 (日)

遍路01日

-----------------------------------------------------

6回目の遍路は「順打ち通し歩き108箇所巡り

-----------------------------------------------------

 

5月8日   東京駅八重洲南口から夜行の高速バスに乗る

        新宿バスタを経由して一路、徳島へ向かう

                 2階の楽な席だったのですがなかなかよく眠れません

        お酒でも飲めば良かったのかな

5月9日   6時半過ぎに予定より少し早く、徳島駅に着く

        駅のトイレで顔を洗い、板野までの切符を買い電車に乗り込む

        7時少し過ぎに 1番札所霊仙寺のある「板野駅」に着く

        いよいよ約6週間の少し長めの、お散歩が始まる

 

※気になることをはんこにしてみました、

  このブログの記事は「へんろの紹介」ではなく

  へんろで気になったていたことの紹介になります。

---------------------------------------------------------        

   <<6回目のへんろは通し歩き108箇所>>   初日 5月9日 

---------------------------------------------------------

        001c003
  ← 01霊仙寺の石の不動明王

      本堂の左側に置かれている不動明王坐像

      前から気になっていたのですが初めて彫ってみました。

                スタイルは良くないと思うのですが

                顔はお気に入りです。

                これより極楽寺まで10町  ひの木村

 

003c003  ← 02極楽寺の長命杉

      本堂近くに大きな杉の木が立っているので

      誰もが気がつくでしょう、神社仏閣には大きな木が

      必ずあると思いませんか?

                本当は何年経っているのか気になっています。

 

002c003  ← 02極楽寺の居眠り小坊主

      いくつかの札所にこのての居眠り小坊主が

      ありますが、ここのが一番大きくて可愛いと思ってます

      平和であることの象徴なんでしょうか

                和尚さんも一緒に居眠りしているのはどこかにないですか?

 

                是より金泉寺まで廿五町  河ばた村 大てらむら

004c003    ← 03金泉寺へのへんろ道

       変電所の横にある、へんろ石が田んぼの間を

       指しています。 細い畦道を歩いて行くと金泉寺の

       山門を通ることなく境内に入ってしまいます。

                 私は、境内に入った後、山門からもう一度入りなおして

                 いるのですが、変ですか?

 

                 黒谷まて一里 おかの宮大師堂あり  ふき田村

                 いぬふし村  なとう村  標石有 これより十八丁

                 谷へ入るなり

                 (このような文章で遍路指南書に書かれています 

                  これを頼りに昔のお遍路さんは旅をしていたのです)

 

005c003  ← 04大日寺へのへんろ道

       竹やぶや墓所を抜け愛染院を通り

       田んぼの間を歩くへんろ道は風情のあるものかもしれません

       竹藪の道を歩いていると、竹根印に丁度いい竹根が

                 沢山見つかります、近くに住んでいれば、遊び印の

                 材料には困らないのにと思います(変ですねーー?)

 

006c003  ← 04大日寺山門

       舗装道路の坂道を上ると大日寺の山門が見えてきます

       山門の正面には本堂、本堂と繋がった右手の建物が

       大師堂になります

                 本堂は改修中でした

                 いつも気になるのは、本堂前にある木には毛虫がいて

                 つーーーっとぶら下がっているのです

                 他の参拝者は気にならないのでしょうか?

 

007c003  ← 05地蔵寺奥の院の五百羅漢(奥の院なのにそぐ傍)

       地蔵寺の山側に極彩色の五百羅漢が

       暗闇の中に並んでいます、一人くらいは知ってる人に

       似ている羅漢さんがいると言われてます

                 なかなか見つけられないのは何故でしょう

 

009c003  ← 05地蔵寺のご本尊は勝軍地蔵菩薩さん

       近くで見たことはありませんが

       多分こんなお姿ではないでしょうか

 

 

008c003  ← 05地蔵寺の大銀杏

       本堂と大師堂の間に大きな銀杏の木があります

       銀杏の木の下にベンチがあり、いつもここで

       休憩しています

                 火除けなんでしょうか、神社仏閣には銀杏の大木が

                 多いですね?

 

地蔵寺から別格①の大山寺に向かいます

距離で半分くらいまでは、お散歩気分で歩けるのですが

旧遍路道に入った途端に急な坂道になり、歩く(上る)速さも遅くなります

まだ初日で歩く体になっていないのも手伝って疲れてきます

おまけに空模様も怪しくなってきました、初日は野宿又は通夜堂の予定でしたが

急遽、民宿に変更です、途中で2~3人のお遍路さんに出会い

ポツポツ雨が降りだした中を到着しました

001c2017003  ← ①別格大山寺の弁慶大銀杏

       地蔵寺と安楽寺の間に別格①大山寺があります

       H450mの山に上っていきます、かなりきつい

       山登りをしたところに、この大銀杏が立っています

                 地蔵寺の銀杏とどちらが大きいのでしょう?

                 比べようもないのですが、気にはなります

 

011c003  ← 06安楽寺山門

       竜宮城のような山門は安楽寺の山門です

       山門の上に部屋があり、通夜堂になっています

       このお寺には宿坊があり温泉に入ることができるそうです

                 いつかはと思っていましたが未だ泊ったことはありません

                 今回は大山寺への道から雨が降り始めました。

                 雨の野宿は嫌なので民宿を予約しました。 

 

047c003   043c003← 07十楽寺山門

  十楽寺より豪華そうな竜宮城みたいな山門を抜け

  境内に入ります、気になっていた「愛染明王」と

  治眼疾目救済地蔵尊をもう少し見たかったのですが

                      雨が強くなってきたので、早々に宿に向いました

                  愛染明王さんは彫るのが難しく、姿の見えない

                  お地蔵さんの祠を彫ってみました。

                  お地蔵さんは色んなお仕事をしているようです

 

 

1日目は 霊仙寺から十楽寺まで  約38500歩 

                 8札所 (約  26.5 Km)

ハンコは実物大ではありませんひと回り小さいのですが

見やすいように同じ大きさ(横幅)にして表示しています。

| | コメント (10)

2017年7月20日 (木)

出発準備

続けてきた、お地蔵さんや仏さんの印も品切れになったので

下書きはありますが、暑いので、彫る気にはなれません

20170720
              つむじ風・山椒魚・平々凡々とお地蔵さんが沢山

              (内竹根印×2)

コメントをさぼっていた間のことを書いてみようと思います

結構長いですが、かなり長くお付き合いください

 

 

 

 

 

 

--------------------------------------------------------        

ちょっと馴染みのある四国へ出かける計画を立てたのは、

出かける直前の4月下旬のことでした。

また四国?と言われそうで、半日ほど、どうしようかと考えたのですが

なんとなく気楽に歩ける「四国遍路に決めました

ただ

今回で6周目になるので、今まで通りの歩き遍路では

変化も面白味も感動も少なかろうと思い

 

①八十八箇所だけでなく別格二十箇所も一緒に巡ろうと思いました。

    (2009年には既に行ってはいるのですが)

    (今年が別格20か寺が出来て20年になることもあり) 

②宿に泊まるばかりでは心も身体も修行(?)にならないだろう

    と、勝手な思いで、野宿も何日かはすることを前提にしました

      (無理はせず、雨の予報の出ている日は宿にすること)

      (連続して野宿はしない事:お風呂・洗濯の日を取ること)

      (負担になって、止めると決心したらすぐに野宿道具は送り返すこと)

③遍路道沿いの真念さんや空海さんゆかりのお堂は出来る限り訪ねてみよう

      (○○大師、所縁の寺社、霊跡・・・)

④その他名所旧跡や温泉等はいつものよう覗いてみる

 

---------------------------------------------------------

                       真念が書いた「四国遍路道指南書」     (部分)

          出発前に少しだけ読んでみました。

20170720001

 此道しるべのなれる事は 眞念法師五相三密の縄牀を出て

 南海千里の金場を踏れしに ・・・・・

 こんな字読めるはずがないだろうと思いませんか?

 

        大丈夫です、 文庫本になっていました ↓

20170720001_2

早速、大まかな計画を立ててみました。

-----------------------------------------------------

計画の第一歩

  現地までの移動方法

    当地から一番札所までの移動方法

      費用の掛らない高速バスを利用することにしました       

       東京駅~高速バス~徳島駅~JR~板東駅~

  出発日を決め  

    高速バスで行くことに決め、

      出発の1週間前に高速バスネットでチケットを取りました。

      出発:     5月8日 21:10発(東京駅八重洲南口)

      歩き始めは  5月9日   8:00頃(JR四国板東駅)

計画の第二歩

    持ち物の準備

     1.遍路用品  

        ・笠・金剛杖・白衣・輪袈裟・山用ストック

        □納め札(八十八カ所用・別格用)

        □朱印帳(      〃      ):毎回新しいものにご朱印を頂いてます

                    □印:今回通販で新規購入

     2.衣料

        ・着用×1&着替え×1  合計2式

        ・雨具(上下に分かれたもの・スパッツ)        

     3.医薬品

        ・マメ対策用(テーピングテープ・バンドエイド等少量)・・・不足分は途中で

     4.メモ用品

        ・クロッキー帳×1+4色ボールペン・スティック糊

        ・地図(前回分で代用)

     5.野宿用品(今回追加の荷物)

        ・軽量テント(約1.5Kg)         結構嵩張ります

        ・寝袋(シュラフ・マット)             〃

        ・その他用品

     6.非常食or行動食(現地調達)

        ・非常用に氷砂糖少々・行動中にはアンパンや大福やバナナ等を

     7.その他

        ・衛生用品:歯磨きセット・石鹸・髭剃り・タオル・ティッシュ等

        ・現金(4~5日分)・郵貯カード・健康保険証・携帯電話・コンデジ・充電器

        ・ザック:35Lで十分だが軽量の40Lザックを使用

        ・ウェストバッグ:行動中にすぐ取り出したい色々なものを詰め込む

        ・ビニール袋:雨対策として

これで出発準備完了

    天気にもよるが 経験から6週間以内で 1300Km+α を歩けると考えました。

    平均30Km+α/日で想定(20Km/d~40Km/d)

    民宿×4~5泊したら野宿×1泊のペースで行けたらと大雑把に考えていました

    要するに、気分転換にゆる~い野宿するということにしました

 

    3日分の大体の行程を決めました   初めの3日は20Km/d 前後です

      1日目:霊仙寺から十楽寺近辺  

      2日目:十楽寺近辺から藤井寺辺り

      3日目:藤井寺辺りから童学寺周辺

            最初は無理をしません、足慣らしが目的です。

| | コメント (10)

2017年7月16日 (日)

地蔵菩薩

春夏秋冬地蔵?

 

 春   

033a001033b002033c003    

 

 

 

 夏

034a001034b002034c003   

 

 

 

 秋

035a001035b002035c003   

 

 

 

 冬

036a001036b002036c003   

 

 

 

 

 

アッシジって何処だっけ?

20170716001

イタリアの古都でした

矢立で描いた墨画だそうです。

| | コメント (4)

2017年7月12日 (水)

弥勒菩薩

 

今日の小枝印の仏さん

 

031c003

                      弥勒菩薩さん

032c003
                      釈迦如来さん

 

お地蔵さんとは少し雰囲気が違うでしょう

次回はまたお地蔵さんにします。

 

 

昔々その昔、仕事で使っていた計算機のマニュアルです

それがどうしたと思うでしょうが、先日、本棚の隅にあったのを見つけたのです

ただそれだけのことです

20170708fx4800p001
今でも使ってますよ、足し算引き算位ですが

関数計算・Σ計算・プログラミング等々が出来るのですが

もう必要はありません、ただの計算機です

   

| | コメント (8)

2017年7月 8日 (土)

地蔵菩薩

錦織の試合見ましたか、ついつい見てしまいました

臀部の痛みは取れたのでしょうか、そんなこと言ってられませんけど

次からが大変です

将棋の世界も大変ですねー、タイトル戦がいくつもあるから

いつもいつも勝負をしてるんですね、プロだから当たり前なんでしょうけど

この暑い中、相撲が始まりますね、お相撲さんも大変ですね

気になるのは、怪我してないのに巻いてる、ぐるぐる巻きのテーピングです

何とかなりませんかね、ひと巻10万円の罰金取れませんか

昔は痛くてもしなかったと思うのですが

 

 

小枝印でお地蔵さん

 

029c003 

 

 

 

 

  030c003    

 

 

 

 

相変わらずの小枝印のお地蔵さんです

色々あって、もう少しだけお付き合いください

 

郵便局に行って 10円切手を買いました   

20170704001    

    52円の郵便はがきが  6月から62円に

    なったからです。

    新しいハガキに交換すると

    手数料が 5円/枚かかります

    残っていたはがきの枚数分の

    50円を支払い 10円切手 5枚を買いました

 

    年賀はがきの値段は買えないそうですね

    大量に販売し、大量に配達されるからですかね

    それなら、普通葉書を沢山売る魅力あることや

    安く配達できる方法を考えればいいのに・・・・・

    ついでに 62円のはがきも買いました

    次は10円切手を買わないで済むようにして下さい


   

儲けたので 52円に戻しますなんて、ニュースを期待してますよ

郵便局さん       


        

| | コメント (10)

2017年7月 4日 (火)

地蔵菩薩

 

 

 小枝地蔵印27 

027a001027b002_3027c003   

 

 

 

 

 小枝地蔵印28

028a001028b002028c003   

 

 

 

 

半夏生

夏至から数えて11日目が半夏生

この半夏生の日に降る雨を半夏雨

   田植えを終えた田んぼから天へ、他の神さまが昇っていくのが

   半夏雨になったとも。

   現在の房総半島では5月の連休には田植えが終わってますから

   天に昇っていくのは・・・・

 

 

このぼさぼさ頭の仏さんは  

五劫思惟阿弥陀如来坐像(東大寺)です

髪はボサボサですが髭は伸びていません

20170630001


寿限無寿限無五劫のすり切れ・・・・

一劫とは:百年に一度下りてくる天女の衣で大きな岩がすり切れる位の長い時間のこと

| | コメント (6)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »