« 縛地蔵様 | トップページ | 長節篠竹 »

2017年2月18日 (土)

四季陶印

紅色のオーブン粘土で

春夏秋冬四季の印を作ってみました

 

 

20170218
             印形を作って、半乾きの状態で文字を彫ります。

    

 

20170218_2
            左から   冬   秋   夏  春  と彫ってます。

                よく乾いたら、オーブンで焼いて、

                絵具で色をつけ、耐水液を塗り

                もう一度オーブンに入れ

                焼きつけます。

 

20170218_3

               それぞれ季節らしい色を塗りました。
 

 

 

|

« 縛地蔵様 | トップページ | 長節篠竹 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

sunsunsun

日中は暖かでテニス日和。
いい汗をかきましたか。

半乾きの状態ってのは押すと少し凹み、指紋が
残るくらい?
彫るときは、手でにぎって彫りますか?
いやいや、オーブン粘土を買って来て彫ろうなんて
思ってはいませんよ。ちょっと聞いてみただけですから。
   happy01

投稿: aboo-kai | 2017年2月19日 (日) 16時26分

cherryblossomaboo-kaiさん

>半乾きの状態

 軽く押しても凹まない程度の固さです
 (鉛筆で下書きをしても凹まない固さ)
 しっかり乾燥すると、崩れやすいので彫りにくいです
 あまり柔らかいと、粘り気が強くきれいな線が出ません

 彫るときは片手で握って固定し彫ります
 石や小枝と違うので柔らかく力が要らず
 彫りやすいです

 細工用のカッターを使って彫るのもいいと思います
 結果を楽しみにしています

投稿: 房州や | 2017年2月19日 (日) 22時36分

sunsunsun
やはり片手でにぎって彫りますか。
すべったら刃がにぎった手にざっくり!
想像しただけでも恐ろしい。
刃物が当っても平気な手袋はありませんかね。

UPしてみたらずいぶん深く彫ってます。これはムリです。
やっぱり房州やさんの作品をブログで見ている方が
よさそうです。

外は強風です。こんな日ははんこ作りなんでしょうね。
   typhoon

投稿: aboo-kai | 2017年2月20日 (月) 12時14分

chickaboo-kaiさん

木や石と違って、粘土は彫るのが楽です
粘土は固くなると扱にくいのですが
オーブン粘土はなんとかなります
力もいりません
力を入れないので、ケガもしません
七輪も炭も不要です
オーブンレンジと電気代を支払ってさえいれば

深く彫っているのは
焼くと少しだけ歪が出るので
その時はサンドペーパーで印面を平らにします
その時、深く彫っていれば補刀が楽です

夕食の買い物ついでに世界堂へ行きましょう

投稿: 房州や | 2017年2月20日 (月) 13時39分

春夏秋冬の色が、それぞれその季節に相応しい色ですね。
春の印は梅の木のようでオシャレ。

細かいの掘るときは、拡大鏡か何か使っていませんか。
私は最近は大丈夫ですが、ときどき霞むことがあります。
昨年、一見ペンダントにしか見えないけど、じつはルーペというのを買ってしまいました。

投稿: 峰猫 | 2017年2月20日 (月) 22時53分

eyeglass峰猫さん

>拡大鏡か何か使っていませんか

 携帯用?に小さな虫眼鏡と針金で作った置型と
 帽子みたいに装着するのを持ってますが
 普通サイズでは使ったり使わなかったり
 細かなものは使います

>一見ペンダント

 おしゃれなおば様が持ってるやつですね

昨日は強すぎる南風(春二番)で
ゴミのネットを片付けたり、庭のサンダルを
玄関に避難させたり、バイクが倒れないようにしたりと大変でした。

投稿: 房州や | 2017年2月21日 (火) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 縛地蔵様 | トップページ | 長節篠竹 »