« 薬師如来 | トップページ | 塩ビ縦笛 »

2017年1月29日 (日)

千成瓢箪

今頃になって「千成瓢箪」です

昨年、夏の日除けとして育てた「千成瓢箪」のことです

 

    ある日、こんな瓢箪がなっているのを見つけました

 

20170129

20170129_2

 よく探してみると、葉の間に、こんな小さな生まれたての瓢箪 ↑ も見つかりました

20170129_3

 こんな形の瓢箪が採れました
20170129_4

ひょうたんの口に穴をあけて水の中にドッボーン ↓ ・・・・浮かび上がらないように

蓋をしました

20170129_5

中が腐ってきたら、種を全部取り出して、乾燥させます

   種を取り出すときには、手はもちろんですが、髪の毛も臭くなります

      そんな苦労をして、 取り出した瓢箪の種  ↓

     今年植えたら芽が出るのでしょうか?

        aboo-kaiさん、植えてみますか、発芽の保証はしませんが

20170129

種を取り出した直後の瓢箪、まだまだ臭いが強く、鼻は近づけないほうがいいでしょう

暫く外で乾かします

20170129_2

少し、乾いてきました  ↓

腐ったような強い匂いはしなくなりました

もう少し乾燥させてから用途を考えましょうか 

20170129_3

手元に「胡桃油」・「椿油」・「ニス(茶色)」・「漆」があります

※現在、部屋の中で竹串に挿したまま待機中です

しばらく瓢箪とはお別れです

|

« 薬師如来 | トップページ | 塩ビ縦笛 »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

最初写真だけ見て、房州やさんの所では冬でも瓢箪がなるのかと思っちゃいました。
いくら何でもまさかね・・

ひょうたんやヘチマは、放っておくと翌年また生えてきます。
取り出した種も発芽するんじゃないかしら。

我が家も亡くなった父がよく瓢箪に漆塗っていたっけ。
房州やさんなら何か素敵な絵を描くのかなぁ・・

投稿: mimi | 2017年1月29日 (日) 22時58分

sunsun
ひょうたんはそんなに臭い?
>種を取り出すときには、手はもちろん、髪の毛も臭くなります
それはスゴイですね。
銀杏みたいな臭さ?  ひょうたん植えるのも考えものだけど
ひょうたんが成ってるのを見て楽しむだけってのもいいかな。
   

投稿: aboo-kai | 2017年1月29日 (日) 23時12分

中の種を取り出すのに、中身を腐らせる訳ですから「腐敗臭」は仕方の無いことですね!
肥料の牛糞が臭かったり、油かすを腐らせて撒くとか・・・肥溜めも当然・・・
臭い作業は有りますね!

昨日は、上野周辺をほろ酔い加減で、町会のみんなとブラブラしました。
バスで根津まで行き、護国天、東照宮、上野大仏、花園稲荷、五條天神、清水寺を巡り、
韻松亭でお昼の懐石を食べてから、不忍池の弁天堂、聖天島を見てから、根津~谷中と歩きました。
膝が痛かった!

投稿: 閑おじ | 2017年1月30日 (月) 09時57分

budmimiさん

漆塗ってましたか?
前に瓢箪を作った時は
種を抜いて何も塗らず、
そのままほったらかしにしていたら
いい感じの茶色になってました。
今度は色々試してみようと思います
まずは「クルミ油」から

投稿: 房州や | 2017年1月30日 (月) 11時11分

bearingaboo-kaiさん

「臭い」と言っても
「銀杏の実」のような臭さではありません
我慢はできます
ですから、眺めるだけでなく
春から秋まで楽しむために
種を蒔き、育てて、実を取り
中身を腐らせて、種を取り出すことを
是非是非楽しんでください
少ないですが種を2~300個送りましょうか
実がなるかどうかは育て方次第です

投稿: 房州や | 2017年1月30日 (月) 11時17分

cherryblossom閑おじさん

花見の予行演習みたいですね
膝の痛みは痛風でしょうか?
只の関節痛でしょうか?
寒い時に無理は禁物です

昨日は遅めの水仙と早咲の桜と満開になりかけた梅を見に出かけました
日影の水仙は満開、日なたの水仙は茎ばかり
桜は蕾がほころびかけていました
紅梅は満開、白梅は七分咲きといったところです

投稿: 房州や | 2017年1月30日 (月) 11時25分

瓢箪って、何に使えるかなと思って検索してみました。
房州やさんなら、面白い作品が出来そうですね。

投稿: 峰猫 | 2017年1月30日 (月) 21時31分

瓢箪の紐の結び方が今ひとつわかりません!

房州やさんなら、出来るかな?

投稿: 閑おじ | 2017年1月31日 (火) 10時14分

book峰猫さん

世界中に瓢箪があり
色んなものに利用しているようです
お酒を入れたり水を入れたり柄杓だったり
種を入れたり、楽器にしたり
ランタンにしたり・・・

今回のこの千成瓢箪は小さいので
なかなか用途を思い浮かべられません
このまま、茶色に変色するまで乾燥が進み
忘れ去られる運命になるでしょう

高さ10cm余の瓢箪の用途は?
・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿: 房州や | 2017年1月31日 (火) 13時45分

sign05閑おじさん

確かに大きな瓢箪には
立派な紐が結ばれています
孫悟空が金閣?銀閣?を閉じ込めた瓢箪?も
紐が付いていたような
大酒のみの傍らにも大きな瓢箪がその瓢箪にも
紐があったような
スペイン巡礼の道の必需品である
杖に貝殻に瓢箪ですが、この瓢箪は
実に雑に瓢箪と杖が結ばれていたような

残念ながら紐の結び方は判りません
気になるけど

投稿: 房州や | 2017年1月31日 (火) 13時51分

ひょうたんのニオイは強烈です。
最近は作ってないので嗅いだことないですが…
種を掻き出すのは結構いらつくけど快感があります。

子供の頃阿波踊り踊ってたんですが、
うちのおやじが作った千生りひょうたんを連の全員が腰に付けて
踊ったことを思い出しました。

投稿: 章魚庵 | 2017年2月 1日 (水) 01時13分

happy02章魚庵さん

小さな千成瓢箪なので種を取り出す口も
小さいので取り出すのに苦労します
出そうで出ない種を取り出したくて
夢中になります、臭いのも忘れて

>全員が腰に付けて

 さぞかしお父さんは大変臭かったのだったと
 お察しいたします
 ひょうたんの表面に何か塗ってましたか?
 房の付いた紐を結んでましたか?

投稿: 房州や | 2017年2月 1日 (水) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薬師如来 | トップページ | 塩ビ縦笛 »