« 生伸咲実 | トップページ | 月澄影黒 »

2017年1月 9日 (月)

刈萱揺れ

A面:山頭火句     かるかやへ かるかやの ゆれている

031a201604

A面:山頭火句      また一日が をはろうとして すこし夕焼けて

032a201604


No.1316

 

先日、恒例となった江戸七福神巡りに出かけました

写真はありませんが地図だけで想像して下さい。

001

002
北十間川と横十間川に囲まれた狭い範囲をぶらぶら歩きました

常光寺から東覚寺・・・・・・龍眼寺の順で歩き

最後は亀戸天神で猿回しを楽しみました

江戸切子の工房や鼈甲の工房もあり細い路地が多く古い街並みの風情を

楽しめる11000歩の散歩になりました


|

« 生伸咲実 | トップページ | 月澄影黒 »

木口はんが」カテゴリの記事

コメント

かるかやってなんでしょう。植物のようですが……
と、思いながら検索したら、上の方はずっと人名だか説話だかがあがってきて、おや? と思ってずっと下を見ると、
「イネ科の多年草」というのが出てきました。
検索して、またちょっと賢くなりました。

七福神めぐりとか行ってみたいのですが、最近あまり家を出たくありません。
出かけてもすぐ帰ります。
でぶしょうが直りません。(変換注意)

ただいま、gooブログ不具合中のようです。
あちこち見られません。

投稿: 峰猫 | 2017年1月 9日 (月) 22時25分

「かるかや」と言うとちょっとお洒落な感じですね。
ススキと思って良いのかな?
家の方ではススキのことを「萱」って呼びます。

でもこの萱がくせ者で、放置田んぼをあっという間にススキの原にしてしまいます。
根っこは盛り上がって強固だし・・・
さすが屋根の材料になる強者です。

江戸七福神めぐり、毎年紹介して頂く度に行ってみたいなぁと思います。
一万一千歩かぁ。
房州やさん、足が長いから一万一千歩・・足が短いともっと歩数がいるというわけだな・・

投稿: mimi | 2017年1月10日 (火) 00時16分

happy01峰猫さん

七福神めぐりが初詣みたいなものです
人出も少し少なくなり
丁度良い賑わいです

お昼はなるべく名物をと
亀戸大根の料理でも食べたかったのですが
少々お高くて、結局中華になりました

>ただいま、gooブログ

 多分メンテ中だろうと、すぐに
 諦めました
 どうだったのでしょうか

投稿: 房州や | 2017年1月10日 (火) 12時03分

happy01mimiさん

七福神巡りもシリーズ化して早や7回目
浅草→千駄木→深川→新宿→日本橋→品川→亀戸
訪ねていく先が小さな神社仏閣ばかりで
なかなか趣もあり面白いものです
それに年末年始の運動不足解消の一助と
気分転換になればと思ってます
道案内のパンフレットもだいたい揃っており
道に迷うこともありません
風情ある通りを見るのも楽しいものです
どうです、
来年は近所の七福神巡りでもしてみませんか

投稿: 房州や | 2017年1月10日 (火) 12時10分

うちの町会の「七福神巡り」は昼食がメインです!
今年は1月29日の日曜日に、上野公園です。最近は7つは回らず、その辺を適当に巡ります。

今年は韻松亭の昼食が、その日の11時にしか席が取れなかったので、護国院だけ行って、先に食事をしてから、東照宮、五條天神、花園稲荷、上野大仏、清水観音堂、不忍弁天堂、聖天島などを巡る予定です。
会費2000円で、不足分は町会の補助です。

投稿: 閑おじ | 2017年1月11日 (水) 12時59分

そうそう!
「カルカヤ手桶」という花器が有ります。上が広がった手桶型の花器で主に竹製です。(高級なのは木製で漆塗りです)
上が広がっているので、薄の穂みたいな形から来たのか?カルカヤを活けたからか?良くわかりません。
昔(20年位前迄)は良く売れたのですが・・・最近はほとんど出ません!

投稿: 閑おじ | 2017年1月11日 (水) 18時04分

fuji閑おじさん

昔なら日本堤を歩いて「某所」へ・・
これがコースだったかもしれませんが
今は食事をしてちょっとだけ飲めば
そんなに歩けやしません
弁天さんのお顔を拝見してぶらっとすれば寒いし疲れます

顔だけの大仏さんは受験生にも人気だとか

投稿: 房州や | 2017年1月12日 (木) 13時09分

sun閑おじさん

かるかや手おけ??ですか
形状から?活ける花から?
なんとか流の家元では
今でも使っているかもしれませんね

・かるかやに刈かや活けて月を待つ

投稿: 房州や | 2017年1月12日 (木) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生伸咲実 | トップページ | 月澄影黒 »