« 生死雪中 | トップページ | 閑中一楽 »

2016年11月30日 (水)

睨む石仏

明日から「師走」、今年も最後の月になります。

鍋の季節なのに、相変わらず、白菜やキャベツが高いままです

先日、見ましたか、博多のもつ鍋をテレビでやっていたのを、

いろんな工夫をしているのですね。

進化しなければ生き残れないのでしょう

-------------------------------------------------------

A面 山頭火句

             はれて暑い石仏がにらんでおわす

019a201604

B面 山頭火句

            さてどちらへ行かう風が吹く

019b201604           こんな句はどうです

       「杖よどちらへゆかう芽ぶく山々」

------------------------------------------------------------

19 山に向かって 役立たずと言えば 役立たずと こだまが返る

ブータンの作詞家リンチェン・カンドさんが人間関係を円滑にするコツを

教えてくれました。「他人は自分の鏡。誰かから嫌なことをされるのは

自分の心が汚れているからでしょう。自分から好きになれば、その人も

必ず自分を好きになってくれます。山に向かって役立たずと言えば、

役立たずと返ってきますよね。人も同じです。人に好きになってほしいなら

まず、あなたが好きにならなくてはなりません」。

 

 

木口版画・山頭火俳句

|

« 生死雪中 | トップページ | 閑中一楽 »

木口はんが」カテゴリの記事

コメント

・はれて暑い石仏がにらんでおわす

この石仏さんまだ修業が足りません
少しくらいの暑さで怒るとは

きのう痛風の先輩がユリノームを愛飲していると云って
おられましたが、わたしもユリノーム25mgの愛飲者
でも心配なのは副作用で肝機能障害がおこること。いつだっ
たかテレビでやってました。かかりつけの医者はそんなこと
ひとことも云ってくれない。こんど医院に行ったら
聞いてみよう。
あ この話は房州やさんには全く関係ない話でしたね。
シツレイいたしました。
   happy02

投稿: aboo-kai | 2016年11月30日 (水) 21時48分

確か、ユリノームは尿道結石になる可能性が高かったと思います。
最近はザイロリック(アプリロール)が多く処方されている様です。
私も数年前にザイロリックに変えましたが、尿酸値が急激に下がり(それが原因か?良くわかりませんが)足が腫れて歩けなくなり、又、ユリノーム(現在はジェネリックの「ベンズブロマロン」)を飲んでいます。

基本的に、水分を良く摂れと言われます。
泡の出る奴なら呑む気がするのですが・・・ただの水はそう飲めません。

投稿: 痛風の先輩 | 2016年12月 1日 (木) 10時03分

shadowaboo-kaiさん

ある程度の歳になると
病気の一つや二つはあるものだと言います
一病息災等と言いますが
血圧・心臓・糖尿・肝機能・・・

痛風のおかげで健康(?)で長生きが
出来ます。   おめでとう(?)

昨夜からの雨がようやく止みました

投稿: 房州や | 2016年12月 1日 (木) 11時35分

shadow痛風の先輩さん

さすが「痛風の大先輩さん」は
詳しいですね

泡の出る水beer少々の後は
赤い色のついた水wine
あれこれ混ぜた水bar
熱くしたり冷したりした水bottleやで
痛風になると苦労するんですね

投稿: 房州や | 2016年12月 1日 (木) 11時40分

私は痛風には今の所縁が無いけれど、
もしなったら色々聞ける先輩方がいて心強いです。(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

ブータンのお話し、金子みすゞさんが「こだまでしょうか」という詞で、同じようなこと仰っています。
「バカ」って言うと、「バカ」って言う・・
人間綺麗な言葉を使って、沢山人を好きにならなくちゃ行けませんね。

投稿: mimi | 2016年12月 1日 (木) 23時53分

hospitalmimiさん

両おじさん達のように
痛風にならないようにしましょう

こだまでせうか

「遊ぼう」つていふと
「遊ぼう」つていふ

「馬鹿」つていふと
「馬鹿」つていふ

・・・・・

 こだまでせうか
 いいえ、だれでも。

みすゞの詩のはんこをつくり
冊子にまとめましたが
この詩は入ってなかったような

投稿: 房州や | 2016年12月 2日 (金) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生死雪中 | トップページ | 閑中一楽 »