« 酔木葉降 | トップページ | 晴風中行 »

2016年11月 6日 (日)

月昇何待

昨日はテニスで汗を流し午後からはラグビーをテレビ観戦してました

今日は良い天気です、何をしましょうか

--------------------------------------------------

A  山頭火句

      月が昇って何を待つでもなく014a201604

B 山頭火随筆抜粋

            歩かない日はさみしい

            飲まない日はさみしい

            作らない日はさみしい

            「何を求める風の中ゆく」

014b201604



No.1300

----------------------------------------------------------

14   「敵は たった一人で十分 味方は 百人いても不十分」

ブータン人の友愛を重んじる心がよく表れたことわざです。

ブータンの人たちは物質的に恵まれなくても、将来に不安を感じません。

それは助け合う精神が根づいているからです。

そのため家族はもちろんのこと隣近所や友達をとても大事にします。

ブータンでは親を亡くした子どもが路頭に迷うことはありません。

学費や生活費に困った人がいたら、兄弟や親せき近所の人が助けます

ブータンでは村全体が一つの家族です

    「ブータンのしあわせ日めくり」(徳間書房)より

|

« 酔木葉降 | トップページ | 晴風中行 »

木口はんが」カテゴリの記事

コメント

今日は、良い天気だったらしい・・・(確かに良い天気でした)

今日は町会の青年部で歌舞伎を観たいという奴と、歌舞伎座へ行っていたので、終わって出てきたら、もう薄暗くなっていました。
「盲長屋梅加賀鳶」という演目は地元本郷の話で、青年部の彼は、今、この話しに出てくる、菊坂にある「伊勢屋質店」の裏に住んでいるのです。

新芝翫襲名の4人での連獅子は迫力が有りました。

帰りに渦中の人「森喜朗さん」を見かけました。一緒にいたのは奥さんかな?彼女かな?

投稿: 閑おじ | 2016年11月 6日 (日) 17時38分

大して求める物も無いけど・・・

酒を飲めないと寂しい!
そんなに歩かなくても良いけど、歩けないのは困る・・・

それ程の物は作れないけど、何かを作っていると嬉しい!

さっき、銭湯へ行くときに、家の前で、つのだ☆ひろ夫妻(西片にいます)とすれ違いました。
最近、やはり近所の立花隆を見かけないな~

そして、下弦の半月位の「月の入り」を見ました。
月は沈んで、何をするのか?何もしないのか?

投稿: 閑おじ | 2016年11月 7日 (月) 23時14分

moon3閑おじさん


>伊勢屋質店

  どこかの大学の持ち物になってませんでしたか
  これからは質屋も下駄屋も金物屋も鍛冶屋も
  みんな家ごとどこかの大学に買って保存してもらいましょう
  お茶屋は別ですが

>森喜朗さん

  色っぽい新橋芸者あたりであって欲しいものですが
  余裕なんでしょうか、覚悟を決めたのでしょうか
  

投稿: 房州や | 2016年11月 8日 (火) 13時28分

moon3閑おじさん

 月が沈んだら、徹夜明けなので
 とりあえず寝ます
 夕方に出勤ですが、お酒は飲みません
 ほろ酔い加減では仕事ができませんから
 時々雲にかくれるのは、飲み過ぎか
 何か悪いことをしている時です

 
 明日はお江戸では木枯らし1号が吹くような
 天気になるそうです
 風邪など引きませんように
 暖かい服を着て、暖房を入れて、・・・

投稿: 房州や | 2016年11月 8日 (火) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 酔木葉降 | トップページ | 晴風中行 »