« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

睨む石仏

明日から「師走」、今年も最後の月になります。

鍋の季節なのに、相変わらず、白菜やキャベツが高いままです

先日、見ましたか、博多のもつ鍋をテレビでやっていたのを、

いろんな工夫をしているのですね。

進化しなければ生き残れないのでしょう

-------------------------------------------------------

A面 山頭火句

             はれて暑い石仏がにらんでおわす

019a201604

B面 山頭火句

            さてどちらへ行かう風が吹く

019b201604           こんな句はどうです

       「杖よどちらへゆかう芽ぶく山々」

------------------------------------------------------------

19 山に向かって 役立たずと言えば 役立たずと こだまが返る

ブータンの作詞家リンチェン・カンドさんが人間関係を円滑にするコツを

教えてくれました。「他人は自分の鏡。誰かから嫌なことをされるのは

自分の心が汚れているからでしょう。自分から好きになれば、その人も

必ず自分を好きになってくれます。山に向かって役立たずと言えば、

役立たずと返ってきますよね。人も同じです。人に好きになってほしいなら

まず、あなたが好きにならなくてはなりません」。

 

 

木口版画・山頭火俳句

| | コメント (6)

2016年11月26日 (土)

生死雪中

先日は54年ぶりに東京で積雪、思わぬ雪に、あちこちで車が立ち往生でした

そして来ることはないでしょうが台風27号が発生(?)

クリスマスの準備は整いましたか、NHK紅白歌合戦の出場者が決まりました

流行語大賞の候補があがってきました

そして個人的なことですが、また、忘年会の案内がきました

11月なのに、今頃から忘年会ばかりしていて良いのでしょうか?

---------------------------------------------------------

A面   山頭火句

              生死の中の雪ふりしきる

018a201604

B面 山頭火句

                   雪ふる一人ひとりゆく

018b201604

----------------------------------------------------------

18 最も信用できる人は

   最も傷つける人にもなる

   だから気を配りなさい。

「信用している人の心ない言動は(信用していただけに)痛手が大きいもの

 だから気を配りなさい」という意味のことわざです。

 ブータンの人は他人を心から信用します。それだけに裏切られた時の悲しみは

 相当なもの、だからといって他人を信用しないのではなく「あなたを信用している人が

 あなたの言動で心を痛めることもある。だからこそ気を配りなさい

 信頼関係をこわしてはいけませんよ」と、注意をうながしているのです

 

 

木口版画・山頭火

| | コメント (8)

2016年11月22日 (火)

草上昼寝

5:59分地震(M7.4 震度5弱)がありました

皆さんは被害はありませんでしたか

追記)朝からテレビで地震の情報を流していますが

    今のところ大した被害も無いようで一安心です

    雨も上がりようやく晴れ間が見えてきました(9:51)

-------------------------------------------------------------

 

A面   山頭火句

        「あゝしてかうして草の上で日向ぼこして」

017a201604

B面   山頭火随筆抜粋

        ほうほうほたるこい

        ちいさなちょうちんさげてこい

        星の数ほどとんでこい

        ほうほうほたるこい

        「ほうたるこいこい ふるさとにきた」

017b201604

---------------------------------------------------------------

17  「洞窟に宝物はなかった」

仕事を任せた部下が思うような成果をだせなかったときや、他人が期待に

応えられなかったときなどによく使う言葉です

「いやあ、洞窟に宝物はなかったね・・・」という具合に使います。

期待に応えられなかった人を責めるのではなく、もともと宝物のない洞窟を

探すように指示した自分が悪かった、自分の不勉強もあったと相手を気遣う心が

この言葉には込められています。

ブータン人の相手を責めない思いやりの精神を感じますね

「ブータンのしあわせの日めくり」(徳間書房)より

 

 

 

木口版画・山頭火

| | コメント (8)

2016年11月18日 (金)

従吾所好

毎年このような印を彫っていました

年賀状を出すのは昨年から止めているのですが

ついつい目出度い言葉の印を今年も彫ってしまいました

 211c201605030_2
 美意延年   美意は年を延ばす

          心を楽しませ楽観していれば

          長生きする

 30×30mm  止めたけど年賀状に使えるかな

 

 

212c201605033 恭賀新嬉   恭しく新嬉を賀う

 30×30mm

           年賀状によく使われてますね

 

 

 

 

213c201605036_2      従吾所好        吾が好む所に従わん

      12×12mm      自分の趣味に従い

                   好む生活に向おう

 

 

 

 

214c201605039
  従吾所好

  25×25mm

           こうできりゃいいのですが

 

 

 

 

215c201605042      理得心安     理を得て心安らかなり

      12×24mm

                やましいところがなく心が安らかになる

              



 


目出度い印、四文字印、年賀状印

| | コメント (8)

2016年11月14日 (月)

春風鉢子

立冬も過ぎたので、電気炬燵を出しましたが、電気は繋がっていません

まだ大丈夫だろうと、こたつ布団だけをかけて入っています。

今週は少し暖かくなるとのことなので、まだこのままでもいいでしょう。

寒さが早くやって来たのでインフルエンザが早くはやりそうだとテレビのニュースで言ってました。

予防接種は受けましたか?

私は何十年も受けていません、風邪を引くときには引き、じっとしていますので

多分誰にもうつしていないと思います。(多分ですが)

--------------------------------------------------------

A面   山頭火句

            「春風の鉢の子一つ」

   016a201604

B面 山頭火随筆抜粋

          老いては物に倦みやすく

          一人一草の簡素で事足る

          所詮私の愚をつらぬく外には

          ありえない。016b201604

----------------------------------------------------------

16   「傷に効くなら、犬の油であっても塗ればいい」

ブータンでは犬の油を特効薬にしているなんてことは、もちろんありません。

「犬の油を塗るような人はいないだろうけど、困ったときはなんでもしてみたらいいよ」

という意味のことわざです。

「大変だろうけど、なんでもいいから試してみたらいい方向に向かうかもしれないよ」と

病気の友人などをやさしく励ますときに使います。

事態をよくしようと前に向くことで、物事は好転するもの

行動することで道は開けてくるのです。

「ブータンのしあわせ日めくり」(徳間書房)より

木口版画、山頭火、ブータンの組み合わせ

| | コメント (6)

2016年11月10日 (木)

晴風中行

立冬も過ぎ

近所の庭の垣根に山茶花の花が咲いています

----------------------------------------------------------

A面  山頭火句

             「晴れて 風ふく ふかれつつ行く」

015a201604
B面 山頭火句

              「酔うて こほろぎと 寝てゐたよ」

015b201604               版面に「房」の字を彫ってみました

-------------------------------------------------------------

15   「大勢で担え天井の梁でさえ軽い。 一人で担えば毛糸でさえ重い」

「自分の力を過信して他人を軽視してはいけません。他人の助けが

必要な時は頼んだ方がいい。そのほうがいい結果になりますよ」という意味です

ブータンでは自分の家を修理する時や畑仕事が忙しい時、近所の人が

やってきて手伝ってくれます。

自分一人の力では大したことはできません、そのことを常に意識し

手伝ってくれる人への感謝の心を忘れなければ、いかなる困難も

楽しく乗り越えていけます。

「ブータンのしあわせ日めくり」(徳間書房)より

| | コメント (2)

2016年11月 6日 (日)

月昇何待

昨日はテニスで汗を流し午後からはラグビーをテレビ観戦してました

今日は良い天気です、何をしましょうか

--------------------------------------------------

A  山頭火句

      月が昇って何を待つでもなく014a201604

B 山頭火随筆抜粋

            歩かない日はさみしい

            飲まない日はさみしい

            作らない日はさみしい

            「何を求める風の中ゆく」

014b201604



No.1300

----------------------------------------------------------

14   「敵は たった一人で十分 味方は 百人いても不十分」

ブータン人の友愛を重んじる心がよく表れたことわざです。

ブータンの人たちは物質的に恵まれなくても、将来に不安を感じません。

それは助け合う精神が根づいているからです。

そのため家族はもちろんのこと隣近所や友達をとても大事にします。

ブータンでは親を亡くした子どもが路頭に迷うことはありません。

学費や生活費に困った人がいたら、兄弟や親せき近所の人が助けます

ブータンでは村全体が一つの家族です

    「ブータンのしあわせ日めくり」(徳間書房)より

| | コメント (4)

2016年11月 2日 (水)

酔木葉降

No  warmth,no cheerfulness,no healthful ease,

No comfortable feel in any member

No shade,no shine,no butterflies, no bees,

No fruits, no flowers,no leaves,no birds,

  No-vember!

"No"-Thomas Hood

    「暖かさも陽気さも健やかさも無い、誰にだって心地よさなんか無い

  日影も日向も蝶も蜂も無い、フルーツも花々も葉っぱも鳥も無い

  何も無い NOベンバー」      スコットランドの詩です

  こんな時に飲むのが1本のウィスキーだそうです

 

-------------------------------------------------

A 山頭火句

                 うしろすがたのしぐれてゆくか

013a201604

B:山頭火句

       ほろほろ酔うて木の葉ふる

013b201604---------------------------------------------------

「たとえ 悪魔のようでもあっても 身内のほうがいい

 たとえ他人が神のように正しく見えても」

家族や親せきなど、血縁の大切さを表したブータンのことわざです。

ブータンの民話には人に悪さをする悪魔がよく登場します。

このことわざは、身内がそんな憎たらしい悪魔のように思えても、身内を

おろそかにしてはいけないよ、家族なんだから」と身内の大切さを説いています

どんなことがあっても家族であることに感謝する心を持っていれば

困った時に真っ先に手を差し伸べてくれるでしょう。

だって、家族なんですから

「ブータンのしあわせ日めくり」より

----------------------------------------------------

昔々、福沢諭吉先生はこう言った

慶応義塾は気品の泉源、智徳の模範たれ」と

  今の塾生の言動に、福沢諭吉を嘆かせることが多くないだろうか

| | コメント (6)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »