« 美的落日 | トップページ | 生身命悲 »

2016年10月13日 (木)

窓一杯春

春は春休み・夏は夏休み・秋は運動会・冬は冬休み

土曜日曜はあちこちで運動会や秋祭りが行われています

昔は応援の声や大音量のスピーカーや太鼓の音が聞こえたものですが

最近は静かなものです、少し離れた所からは何をやっているのか判りません

保育園も音が声がうるさいだの安全でなくなるだのでなかなか作れません

いろいろ事情もあるのでしょうけど

15日は近所の小学校の運動会です、晴れると良いのですが

-----------------------------------------------------------

A:山頭火句

     「窓あけて 窓いつぱいの春」

               棟方志功さんの板画のイメージで彫ってみました009a201604


B:山頭火随筆抜粋

          好きなものを好きといひ

          嫌ひなものを嫌ひといひたい

          やりたい事をやつてしたくない事をしない

          やうになりたいのである

          このみちやいくたりゆきしわれはけふゆく 

009b201604

---------------------------------------------------

9   「それでいいじゃん  これでよし」

ブータンの人は最初に思っていたことと違う結果になってもくよくよ悩みません

「それはそれでよし」と考えます、例えば日本人ボランティアがブータン人に

仕事を教える時、図面どおりに何かを作ってもらおうと思っても

自己流にアレンジされてまったく別のものが出来上がってしまうことがよくあるとか

それでもブータン人は満足します

彼らの評価の基準は他人の評価ではなく

「自分なりにやるべきことをやった」ということだからです

「ブータンしあわせの日めくり」(徳間書房)より

|

« 美的落日 | トップページ | 生身命悲 »

木口はんが」カテゴリの記事

コメント

季節はずれの「山頭火と志功」のコラボですね!
なかなか良いです!
「やりたい事をやって したくない・・・」の「し」が「じ」に見えるのですが・・・

ブータン人に知り合いはいないし、仕事を頼む事も無いと思うので、今の所、心配する事は無さそうです。

投稿: 閑おじ | 2016年10月13日 (木) 10時14分

「窓あけて 窓いつぱいの春」

棟方志功・山頭火・房州やのコラボレーション
なかなかいい感じです。 
急用ができたので今日はこれにてhappy01

投稿: aboo-kai | 2016年10月13日 (木) 10時18分

pen閑おじさん

>「し」が「じ」に

 お答えします
 確かにそう見えますが
 「じ」に見える外側の点は
 やつての後の句点「、」です
 内側の点は「し」を彫る時の彫り残しです
 と、答えたというより言い訳になりますか

>ブータン人に知り合いはいないし

 それは残念です
 何ができるか判りませんが
 小物作りのお手伝いをやってもらえれば
 おもしろいことになりますよ
 近所のインド・カレーの店のコックさんは
 ネパール人です
 関係ありませんが
 

投稿: 房州や | 2016年10月13日 (木) 16時16分

penpencilwrenchaboo-kaiさん

>急用ができたので

 急用とは
   ①大きな仕事が入ってお団子屋で打ち合わせ
   ②カソ村の婆からすぐに帰って来いとの電話があった
   ③彼女から今すぐ世界堂で会いたいと言ってきた
   ④新宿の緑のおばさんから市場長になって欲しいとやってきた
   ⑤目玉の写真を撮りに行くことになった
   ⑥きのう描いたイラストが見つからない

   この中のどれでしょう

※急用は済みましたか?

投稿: 房州や | 2016年10月13日 (木) 16時24分

東京でも「インドカレーの店」は、ほとんどバングラディッシュ人みたいです。

西洋人から見たら、日本も中国も韓国も区別がつかないでしょう。

我々もオランダ人とベルギー人、ルクセンブルグ人と区別がつきません。

投稿: 閑おじ | 2016年10月13日 (木) 18時09分

shadowshadow閑おじさん

顔で何国人かを判断することは殆どできません
国名を聞いて地図上で指さすのに時間がかかります
(日本ならすぐ判りますが)

バングラディッシュ人が作ろうが
ネパール人が作ろうがカレーは美味けりゃ
それでいいです
ネパール人のカレー屋さんのナンは美味いです

投稿: 房州や | 2016年10月13日 (木) 22時47分

sunsunsun
急用はカソ村の悪友が上京してきて、
「いま東京駅さ来てるんだけど、方向がわかんねえから
 迎えにきてくんねんか」と電話。
所沢に嫁いだ娘の所に行く途中らしい。
カソ村の田舎ものには困ったものです。

「窓あけて 窓いつぱいの春」と「山頭火随筆抜粋」
は同じ枝からの版木ですか? 同じ形してますから

投稿: aboo-kai | 2016年10月14日 (金) 02時04分

geminiaboo-kaiさん

>カソ村の田舎ものには

 探していた沈没船から宝物が見つかったとか
 カソ村の庵の床下から大判小判の詰まった壺が見つかったとかではないかと
 思いました
 
>同じ枝からの版木ですか

 これまでの木口版の記事で
 A面B面と表示されているのは
 同じ板の表(A)と裏(B)です
 いずれ出てきますが
 A&Aと表示されている場合は
 異なる板になります
詳細は「夢違観音」まで

投稿: 房州や | 2016年10月14日 (金) 07時11分

sunsunsun

「窓あけて 窓いつぱいの春」の髪の毛、
淵の模様のぐしゃぐしゃは、細いサインペンで
描いてますよね。いくら名人でもこれを彫るのは無理
というものです。

上京してきたカソ村の悪友にもらった鯵の干物、
なかなかの美味でした。


投稿: aboo-kai | 2016年10月15日 (土) 12時41分

penaboo-kaiさん


普通に彫刻刀で彫ってます
この頃は若くて細い線も彫れたのでしょう
きっと刃物もよく切れたのでしょう

今は目がかすみ、手はふるえで
手抜き手抜きの道をまっしぐらに歩んでいます
あぁあの頃が懐かしい

投稿: 房州や | 2016年10月15日 (土) 19時39分

窓開けては迫力ありますね。
白いところが彫ってあるんだから・・めちゃくちゃ大変じゃないですか!
だいぶ前の作品なんですか?

ブータンの人の言葉は好きなんだけど、今回はちょっとなぁ…

投稿: mimi | 2016年10月16日 (日) 23時33分

clipmimiさん

昔は
ごちゃごちゃしてても細かくても
彫りやすい木で気分が乗っていれば
なんてことはなかったのですが

最近は良い木が無くて気分も乗らず
文字を一行彫ってはしばらく休みをしてますから
なかなか彫り終りません

投稿: 房州や | 2016年10月17日 (月) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美的落日 | トップページ | 生身命悲 »