« 木製匙① | トップページ | 木製匙③ »

2016年7月 1日 (金)

木製匙②

半夏生

2016年も半分過ぎ、半分が今日から始まります。

暑中見舞いを出すにはちと早いそんな日です

いつもと同じように

雨の降る日はぐずぐず一日を過ごし

晴れた日はぐうたら一日を過ごし

面白いこともなく下らぬニュースを大げさに伝えるテレビを時々眺め

相も変らぬ日々を過ごしております。

----------------------------------------------------

木のカトラリー②(スプーン)

前回のスプーンは厚めに削り、漆を濃く吹きつけましたので

今回は薄く仕上げ、木目を出すために拭きうるし仕上げにしてみました

台所の引き出しから、色んな形のスプーンを引っ張り出して

参考にしました。

買ったものだけではなく、頂き物やコンビニで貰ったプラスプーンや

昆布茶のスプーンetc.etc.思っていた以上に色んな形のスプーンがあるものです

 

2016021220160212_2

          左から 130   112   136   185mm

鋸で大きく形を作りノミで荒削りし彫刻刀で凹みを彫り

サンドペーパーで表面を磨き、漆で仕上げました。

これは、生漆を布で塗り、後で拭いたものです

「拭きうるし」とでも言うのでしょうか

材料は檜(左3本)と杉です

こんな小枝印は役たたない②

002c201605007

               「悠々雲」  気持ちはわかるが

                       いつ捺せばいいのか

 

おまけ

緑のカーテン用に植えたゴーヤの実が大きくなってきたので試食しました

2016070120160701_220160701_3
1番目と2番目は名前は忘れましたが種類が違います

緑のカーテンは、壁になる部分は完成し、今、天井部分に延びてきました。

カーテンは2枚あり

ひとつはゴーヤのみ、もうひとつはひょうたんとゴーヤが2本が混在してます

ビヤガーデンオープンはいつ頃になるでしょうか

蚊の対策も考えなきゃなりませんね

|

« 木製匙① | トップページ | 木製匙③ »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

木製スプーン②
今回は木目がきれいに見えて、この方が好きです。
これだったら商売になります。
通販で販売しましょう。
もうかりますよ。
忙しくて製作が間に合わなくなったら、弟子にして
ください。
サンドペーパーで磨く仕事でしたら出来ます。

檜と杉、見分けがつかないですね。happy01

投稿: aboo-kai | 2016年7月 1日 (金) 11時29分

restaurant②aboo-kaiさん

杉と檜は木の香りで何とかわかりますが
見本があってもなかなか見分けがつきません
昨日のテレビで木祖(?)の「お六くし」を
作っている様子が見られました
職人さんは凄いです

近所のジョイフル本田に行って
端材でも買ってこようかな
サンドペーパーも一緒に
カーブした丸鑿は高いのかなーー
高けりゃ浅いスプーンにすりゃいいか

投稿: 房州や | 2016年7月 1日 (金) 20時57分

昨夜は半夏生なので、タコの酢の物を食しました。
これは恵方巻同様、関西の文化なんでしょうか?

今度のスプーンは木目がきれいですね!
「摺り漆」でも「拭き漆」でもどちらでも構いません。
どうも私共の業界は「当て字」が多く、「掻き合わせ塗り」は「柿合」と書きます。

7月に入ってしばらく「梅雨の中休み」みたいですね!

投稿: 閑おじ | 2016年7月 2日 (土) 10時29分

漆は湿気がないと乾かない!
って昔、将棋の駒を作っていた知り合いが
言っていたのを聞いたときはえっ?と
思いましたが……

千葉市の美術館で須田悦弘という人の個展で
黒漆をピッカピカに塗った部屋(箱のような)
に一つだけ花(百合だったか木槿だったか)の彫刻が
ある部屋(箱)に入るときに入口で係の人に
漆は大丈夫ですか?と聞かれたけど大丈夫かどうか
分からないけど入ってみました。

ゴーヤがいいですねぇ。今年は植え損ねて
日陰のない窓が暑いこと……

投稿: 章魚庵 | 2016年7月 2日 (土) 12時18分

restaurant②閑おじさん

関西の半夏はタコの日ですか
たこの酢の物・たこ飯もいいですね
タコの日は八月八日ではないのですね
たこ焼きの日もありそうですが

漆を塗って拭き取ると、
木目がよく出て綺麗なのですが
下手くそなので手が汚れるのが
問題です。

チューブの生漆はかぶれないのでしょうか
それとも手の皮が厚いだけなのでしょうか

投稿: 房州や | 2016年7月 3日 (日) 02時36分

restaurant②章魚庵さん

「乾燥は温度と湿度のある場所で」と
漆のチューブに書いてあります。
冬から春にかけて作ったので
段ボールに湿った雑巾を置き
その上に置き台を作りスプーンを並べました
多少時間がかかっても暇はありますから

ゴーヤの実があちこちにぶら下がりはじめました
さて、処分はどうしましょう
毎日ゴーヤでは飽きてしまいそうです

千成ひょうたんは白い花を咲かせながら
ぐんぐん伸びています
実の成る様子はまだ見られません

投稿: 房州や | 2016年7月 3日 (日) 02時42分

お風呂場で、大根の煮汁を霧にして吹きかけると漆は早く乾くそうですが、やったことは有りません。

ゆで汁を取って、残った茹でた大根に味噌を付けて食べたのが「ふろ吹き大根」です。

冬場湿気が多いので、金沢、山中、越前などの塗り物の産地が多いですね。
漆はほこりを嫌い、集中力が必要な蒔絵をする輪島は夜静かな中で仕事をするのと、暖房の為か?電気の消費量が多いそうです。

集中力が必要な蒔絵師は昔は耳の聞こえない人が結構いたという話です。

投稿: 閑おじ | 2016年7月 3日 (日) 17時25分

sunsunsun
ゴーヤが大きくなりましたね。試食の結果はいかがでしたか。
最初のコレを食べた人は勇気がいったでしょうね。
なにしろ見た目が良くないですから。
わたしは調理されて出されたものは食べますが、そんなに
好きではありません。

昨日からカソ村です。この暑いのに同窓会をやるからと
という連絡が入ったので。
草庵の周りは草だらけ夕方涼しくなってから草刈り始めましたがそれでも暑いし、ヤブ蚊が多いし2時間が限界。

きょうも朝から暑そうです。


投稿: aboo-kai | 2016年7月 4日 (月) 08時09分

restaurant②閑おじさん

漆製品の副産物が「ふろふきだいこん」とは
その弟分の派製品がおでんのだいこんてことはないでしょうが
ブリだいこんは三男にあたるかもしれませんね

家は埃だらけのですから
漆遊びは適していないかもしれません
今頃は温度も湿気も十分なんですが

投稿: 房州や | 2016年7月 4日 (月) 10時15分

restaurant②aboo-kaiさん

売っているものよりやや小ぶりですが
何しろ新鮮で無農薬ですから
安心安全です
ゴーヤチャンプルとサラダ2種の3品にして
美味しくいただきました。
今日も3本収穫しているのですが
何を作りましょうか
天ぷらも美味しいのですが、この暑さではね

藪蚊の巣窟の庭を綺麗にし
くそ暑い中同窓会を開くのは
大したものです、健康である証明です
三日三晩同窓会を行いましょう
お盆には早いし、夏祭りの頃ですか

投稿: 房州や | 2016年7月 4日 (月) 10時22分

ジョコビッチ負けちゃいましたね!
錦織の天敵がいなくなったので、今回は狙い目かも知れませんね!

「雲悠々水潺々」(くもゆうゆうみずせんせん)というのは夏向きの語句なので、今頃押せば良いと思います。
雲も水も1年中有るけど、イメージとして夏なんですね。
「滝」というと「夏」
「月」というと「秋」
「花」というと「春」
日本人の四季を感じる感性なんでしょうね!

投稿: 閑おじ | 2016年7月 4日 (月) 11時43分

restaurant②閑おじさん

雲悠々として空をわたり
蜘蛛悠々として車に糸を架ける
そうですか、使うのは今頃ですね

ジョコビッチとはベスト4まで行かなければ
会えなかったのですが
錦織の次はチリッチ(全米の決勝で負けた)
ここで勝てばベスト8で
相手はフェデラー、またまた勝てばベスト4で
松岡修三以来です
準決勝の相手はおそらくラオニッチでしょう
そして決勝の相手はマレーかワウリンカ

このところ寝不足です
ウィンブルドンを見て、サッカーのヨーロッパ
選手権を見ると朝の6時です。

投稿: 房州や | 2016年7月 4日 (月) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木製匙① | トップページ | 木製匙③ »