« 木製匙③ | トップページ | 木製匙⑤ »

2016年7月 9日 (土)

木製匙④

20160709_4

とある場所で ↑   こんなポスターを見かけたので

http://blog.goo.ne.jp/aboo-kai/e/20a189e4a9accf08bca504ad0ed5cff0 ←詳細はこちら

早速、タイムマシンを使って出かけてみました

↓ ポスターに印刷されていた絵です

2016070920160709_2
              立体的でしょう、飛び出しているように見えませんか?

20160709_3
            放浪の絵描きさんと俳徊の俳人山豚火さんも

            会場に来てました。

20160709abookai
            aboo-kaiさんらしき人も見かけました

----------------------------------------------------

暑い日が続きます

流行の先端を走ろうと、早くも夏バテになったりしてませんか

自転車に乗って、一回りしてくると、汗びっしょりになります。

ちゃんと水分補給をして熱中症にならないように気をつけてますよ

---------------------------------------------------

木のカトラリー④(小皿等)

スプーンやフォークとは違う形に挑戦してみました

お皿みたいなものも作ったら面白いかなと思い作ってみました

20160221


20160221_2

      サイズ 小皿90mm  小皿75mm 茶匙73×46mm 茶匙55×36mm

小皿と茶匙のつもりで作りましたが

左は拭きうるし右側3個はクルミ油を塗りました

凹みの浅いものは手持ちの彫刻刀でも大丈夫なのですが

これ以上深いもの(左から2番目)を作るのには、先のカーブした刃物がないと

綺麗なカーブのものは作るのが難しいと思いました

 

 

これもちょっとふざけた小枝印ですが④

005c201605016                

                  「葦葦」 良し悪し  使えませんか?

                        人間は考える葦であると

                        言った人もいましたね

006c201605019
     「桜宴」 応援  花見の場所取りの新入社員の応援につかえんませんか? 

                使い道を考えて下さい

7日が小暑でした

小暑から立秋までに出すのが暑中見舞いで、

それ以降は残暑見舞いだそうです。

 

追記(7.9 21:40)

20160709
自分の描いた絵の前で説明をする謎の絵描きさん

|

« 木製匙③ | トップページ | 木製匙⑤ »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

とある場所で見かけてポスターの絵を立体的に作る。
房州やさんの早業。
やっぱりボインは立体的がいい。
飛び出しているのがいい。

房州やさんの工房には
ねんどで人形つくる人
小枝にはんこ彫る人
七輪で陶印つくる人
木のカトラリーをつくる人
少なくても4人のゲイジュツ家がいるようです。
  rain

   

投稿: aboo-kai | 2016年7月 9日 (土) 07時12分

restaurant×4 aboo-kaiさん

>とある場所で見かけて

 時空の割れ目から、飛んで来たのでしょうか
 参議院選挙の立候補者の中に
 紛れ込んでいました。

 オーブン粘土が固まってしまい
 どうしたもんじゃろか思っていたんですが
 レリーフにしてみるのもいいかなと思いつき
 彫ってみました。
 額縁は黒いオーブン粘土作り縮んだ分は
 両方を削って額縁の四角の中に収めました

>少なくても4人の

 そして或る時はタクシーの運転手
 その実態は・・・・・・
 

個展を鑑賞した時に写真を何枚か撮りましたので
次回に1~2枚、アップしようと思います
お楽しみに!!

投稿: 房州や | 2016年7月 9日 (土) 11時50分

よくまあ・・・色んな物を作ってますね~

葦と葦ですか・・・
葭簀(ヨシズ)は「葭」の字が多く使われるみたいですね。

「横に這ってるあのカニでさえヨシとアシとを分けて出る」という都々逸を思い出しました。

投稿: 閑おじ | 2016年7月10日 (日) 00時46分

wobbly sad
赤い帽子の絵描きさん、やっぱり目が見える方がいいのかな。
本家のキャラクターより、オーブン粘土のレリーフの方が
素晴らしいとは困りましたデス。
追記の絵の前で説明をする謎の絵描きさん。こんなの載せ
られたら、も〜参ってしまうaboo-kaiです。

投稿: aboo-kai | 2016年7月10日 (日) 01時06分

restaurant×4閑おじさん

あれやこれや、何でも手を出してしまい
どれもこれも、何にもならないでいます

>横に這ってるあのカニでさえ・・・

 さすが閑おじさん、粋な都々逸をご存知で
 「ヨシとアシとの見分けもつかず何でも手を出すアホウかな」
 

投稿: 房州や | 2016年7月10日 (日) 05時29分

restaurant×4 aboo-kaiさん

>やっぱり目が見える方がいいのかな

 目は見えないほうが謎があっていいですよ
 帽子と顔の大きさのバランスが悪く
 目を入れざるを得なくなったのです。

>絵の前で説明をする謎の絵描きさん

 これも手抜きの一種で
 いつものように
 あれやこれやの組み合わせです

 実はもう一枚(村長A)
 絵をレリーフにしたのですが
 まだ焼いていません

 しばらくそーーーっとしておきましょう

投稿: 房州や | 2016年7月10日 (日) 05時38分

謎の絵描きさん、かっわいい~
お地蔵様スマイルですね。

茶匙もいいなぁ。
手作りの茶匙で茶葉をすくう・・・なんて風情があっていいんだろう。
〇藤商店に売り込みますか?

投稿: mimi | 2016年7月10日 (日) 23時07分

待ち時間320分とかの美術展もすんごいけど
客が一人の美術館もチトしんどい
椅子に座って見張っているお姉さん(おばさん)に
睨み付けられているような気がするし……

>先のカーブした刃物がないと
 これはもう刃物から作るしかないでせう。
 鍛冶屋やりましょう!

投稿: 章魚庵 | 2016年7月11日 (月) 11時41分

restaurant×4 mimiさん

手作り茶匙ですくって
いれたお茶はどんな味がするでしょう
まだ試していません

〇藤茶道具店では、忙しい時は手を抜いて
ペットボトルのお茶が一番だな!なんて
言ってないですよね
1000円のペットボトルのお茶知ってますか?

投稿: 房州や | 2016年7月11日 (月) 19時55分

restaurant×4 章魚庵さん

並んでまで食べたいとか
並んでも見たいとか
言う人がいますが
電車を待つとき以外は、私は並びません

何時だったか並ばずに入った
「渋谷の松濤美術館」がそうでした
狭い美術館にたった一人で座っていたことがあります

>鍛冶屋やりましょう

 大工さんにそう言われてもねぇ
 七輪で出来るわけないし
 さて、どうしたもんじゃろのう
 昔、実家では暮らしの手帳を毎号買ってました
 花森さんの絵が好きでした

投稿: 房州や | 2016年7月11日 (月) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木製匙③ | トップページ | 木製匙⑤ »