« 一瞬芸人 | トップページ | 中華洋食 »

2016年5月10日 (火)

真昼決闘

調子に乗ってオーブン陶人形を山ほど作りましたので

クレームがなければ、このペースで、しばらくアップを続けます

イエロースットン物語(2)

 

イエロースットン村に今でも伝えられている

あの有名な真昼の決闘の一場面です

 

2016049902

2016049902_2

2016049902_3

2016049902_4

思い出しましたか

決闘カーッペ対さすらいの侍

 

 

|

« 一瞬芸人 | トップページ | 中華洋食 »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

今朝のことです。
このブログ開いたら「カーっぺの決闘」 スッゴイ!
ビックリして立ち上がろうとしたら、腰がギクン!
ぎっくり腰だ。痛くて椅子に座っていられない。
一日中腹ばいになってうなっておりました。湿布薬が効いた
のか、夜になってなんとか動けるように、

カッペーじいさん、さすらいの侍はマンガよりいい。
今後は全部キャラクターは房州やさんに外注しようかな。
   coldsweats01

投稿: aboo-kai | 2016年5月10日 (火) 21時03分

impactaboo-kaiさん

大変な一日でしたね
お大事に
2~3日は無理をしないようにして下さい

防水液を塗らず、年寄りの皮膚感を
出そうとしたのですが
ちょっと綺麗すぎましたね

くれぐれも
お大事に

投稿: 房州や | 2016年5月10日 (火) 23時07分

山ほど作ったの?
見たい見たい。

aboo-kaiさんのところを見て、房州やさんの3Dを見るとほんとに楽しいですね。
こういうのもフィギュアっていうのかしら?


投稿: mimi | 2016年5月11日 (水) 01時21分

impactmimiさん

山ほどといってもそれほどでもありませんが
しばらくはアップを続けるつもりです

フィギュアと言えるでしょうか
かなりの手抜き、いい加減な頭と体のバランス
テキトーな粘土細工です
リアル感が全くないのが自慢です

投稿: 房州や | 2016年5月11日 (水) 05時50分

絵は、本来立体的な物を平面に描き標す物で、房州やさんは、またそれを元に戻して、2次元の世界を3次元にしたという事ですね!

私も以前、高橋由一の「鮭」を粘土で作りましたが、これは写実的な絵なので、マネするのはやりやすかったけど、漫画(イラスト?)は線が単純なだけに、かえって創作性が必要なので、大変ですよね!

投稿: 閑おじ | 2016年5月11日 (水) 09時55分

impact閑おじさん

閑おじさんの小道具と違って
本物らしくしてしかも遊びを入れることは
出来ないので

何にも難しいことは考えていません
頭と体の比率も、前後の膨らみ方と
かなりテキトーに作っています
足はなんとか立たせなければいけないので
かなり大きめです
顔も似ているような似てないような
これもそれらしくなっていれば
見た人はなんとなく本物を想像する
そう思ってます

デフォルメされた絵を
さらに適当にデフォルメして
あとは見る人の想像力にお任せする
それが房州やです

投稿: 房州や | 2016年5月11日 (水) 11時58分


sunwobbly
ぎっくり腰になったのははじめて。
医者に行こうにも動けない。
ただただ湿布薬を貼ってじっとしているだけ。
ぎっくり腰の先輩はどうやって治しましたか。
きょうは大分良くなって夕方パソコンの前に坐っています。
山ほどのオーブン陶人形、楽しみです。

カナダからの客人もきょう帰ってゆきました。
・風来坊帰り腰痛残る  

投稿: aboo-kai | 2016年5月13日 (金) 18時53分

impactaboo-kaiさん

初めてのぎっくり腰の時は
医者に行くのが一番なのでしょうが
何をしても痛いので
1日目はとにかくじっとしてました
2日目から立ち上がり壁に背中をつけて
   ただ立っていました
   壁に手をそえて階段を上り下りを
   してました
3日目くらいからはストックを突いて
   ゆっくり歩いていたと思います
痛いのも3日までではなかったかな
医者の所に行くか
もう一日の我慢するかですが
パソコンの前は一番よくないと思います
そんな時間があったら
是非お医者さんまでタクシー呼んで行ってください
くれぐれもお大事に


   

投稿: 房州や | 2016年5月13日 (金) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一瞬芸人 | トップページ | 中華洋食 »