« 途上版字 | トップページ | 石魚泳② »

2016年2月 3日 (水)

石魚泳①

今日は節分です、明日は立春

「春」の文字を見るだけで、なんとなく、心が春めく気がします

不思議なものです

 

 

----------------------------------------

遊びの材料としての小石を魚に!!!

団栗・小枝・竹根・海ガラス・・・・

 

そして今回は小石で魚

房総のある海岸から持ち帰った小石を魚にしてみました

(魚や・梟・・・・お地蔵さん等を作っていましたが)

1.作る前に拾って来たいしをならべ、魚の形を作ってみます

  20160203
           ああでもないこうでもないと並べているうちに

           何となく魚らしくなってきます

           背びれをつけたりむなびれをつけたり

           ここまでが前段階です

2.この石を接着剤で貼り付けて糊が乾くまでしばらく放置

3.鉛筆で目口の位置、模様などを適当に描きます

4.大体の目鼻口等の位置が決まったら、アクリル絵の具を使って

  石の雰囲気を残して彩色します

5.出来上がると ↓ こんな感じの石の魚になります

          1)一個の石だけで作った魚

20160203_2
           2)石の周りに色付けして魚の形をつくったもの20160203_3

          3.石の鯨20160203_4
もっとあるので、次回の更新も石の魚にします

 

 

 

今日は節分ということで、鬼とお多福の面をどうぞ

20160203
20160203_2
20160203_4
オーブン陶土で作った、鬼の面とお多福の面です

始めてだったので,、ほぼ、お手本通りに作ってみました

|

« 途上版字 | トップページ | 石魚泳② »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

今日は節分ですが、病院の外来が午後なので、神社には行けませんので、副会長に行って貰う事にしました。
町内の豆屋が年男なのですが、「忙しくて豆なんか撒きに行く暇が無い」と言っていました。
豆屋にとって、豆は「撒く物」ではなく、「売る物」なんですね!

我が家では今年は特に「厄払い」の為に豆撒きを盛大に?やります。

痛みは無いのですが、まだふくらはぎの腫れは引きません。(多少良くなってはいますが)
前回の外来は車椅子だったのですが、今日は杖も無しで普通に歩けますので、快復している事は確かです。
今日超音波の画像で見ればはっきりするでしょう。

石の魚可愛いですが、有効な使い途が無いのでしょうか?
何万個も作って、元の海辺に戻すというのはどうでしょうか?
誰かが発見して「この海岸の石は面白い!」と言って話題になれば、千葉の新しい観光名所になるかも知れませんよ!
いらないでしょうが、森田知事から感謝状位貰えるでしょう!

投稿: 閑おじ | 2016年2月 3日 (水) 09時44分

suntennishappy01
石の魚は鴨川シーワールドの売店で売りましょう。
忙しくて店に出ている時間がなかったら、あっしの
ガールフレンドに応援してもらいましょう。みんな
オッパイが垂れたおばさまばかりですが。売り上げ金は
県の養老院に寄付しましょう。
いらないでしょうが、森田知事から感謝状位貰えますよ。

投稿: aboo-kai | 2016年2月 3日 (水) 10時09分

ご自宅でもいいし、もしくは建物一軒買って、石の水族館を作りましょう。
どんなに珍しい生物でも展示できますよ。
いらないでしょうが、森田知事がたまたま立ち寄ったらサイン貰えるかもしれませんよ。

投稿: 峰猫 | 2016年2月 3日 (水) 16時18分

pisces閑おじさん

治りつつある時が一番用心が大切です
決して無理をしてはいけません
実は、右腕の痛みがちょっとした油断のため
また少し痛みが出てきました

海岸の石が魚になっていたら
生物学者が発掘にやってきます
地軸の変換よりも重大なニュースになり
生物学の常識を覆す大発見になり
・・・・・・
むにゃむにゃむにゃ・・・
寒いので目が覚めました

投稿: 房州や | 2016年2月 4日 (木) 11時23分

piscesaboo-kaiさん

段ボールの中で泳いでいる石魚はかなりの数います
石魚達に売る話をすると皆泳ぎを止めました
やはり元の海岸に戻してやるのが
一番なのでしょうか
お地蔵さんたちは田んぼのあぜ道にでも置きましょうか
不思議な石の国「房州」になるかもしれません

福は内、鬼も内、石は海

投稿: 房州や | 2016年2月 4日 (木) 11時29分

pisces峰猫さん

石魚は元の場所に返すのが一番ではないかと
思うのですがどうでしょう
峰猫さん家に持って行くと
猫たちが喰いたそうに寄ってくるでしょうか
塩っ気が残っているかもしれませんので
ぺろぺろ舐めるかもしれません
ネコっ可愛がりのネコが石魚可愛がりに変わるかな

そういえば千葉テレビに森田さんよく出てます

投稿: 房州や | 2016年2月 4日 (木) 11時35分


wobblywobbly

今朝寝ていたらドカーンと下から突き上げられて
目が覚めた。震度4の地震。

房州やさん、石の魚や海ガラスや陶印が重過ぎて、
工房の床が抜け落ちませんでしたか。
震源地はK市の房州やさんの工房あたりです。

森田知事から作品をひとまず分散させてくれと、お願いに
来ませんでしたか。猫町3丁目アパートで半分くらいなら
引き受けてもよろしいですよ。
宅急便の着払いでお送りください。

投稿: aboo-kai | 2016年2月 5日 (金) 09時35分

piscesaboo-kaiさん

東京や神奈川では震度4だったとか
こちらは、少し揺れたかなと思う震度2でした。

棚からも本箱からも物は落ちず
床に積み上げたものも崩れず
ご心配頂きましたが
今回は大丈夫でした

海に返すか、無理矢理押し付けるか
売りつけるか、・・・・・
思案中です

寒さももうすぐ峠を越えて、暖かくなるそうです
そろそろカソ村へ遊びに帰りませんか

某北の国のロケットも飛んでこないと思いますよ

投稿: 房州や | 2016年2月 5日 (金) 13時09分

マンボウ、コブダイ、カワハギ、クジラなんか最高!
尾は接着剤で付けたんですか?
海に帰すの反対!無理やり押しつけ賛成!(^^♪

しかし、海岸で小石なんて白銀の世界にいると想像つかない・・・(^-^;

投稿: kitanopolaris | 2016年2月 6日 (土) 06時11分

pisces kitanopolarisさん

石は木工用ボンドで簡単に接着できます
大きな石と小さな石をああでもないこうでもないと
並べかえている時が一番面白いのではないでしょうか
最後はそれらしく目を描きひれをつければ
出来上がりです

時々使わなかった石は元の海に返しています
代りに小石を拾って来ますが

投稿: 房州や | 2016年2月 6日 (土) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 途上版字 | トップページ | 石魚泳② »