« 木口刻② | トップページ | 木口刻④ »

2015年12月 1日 (火)

木口刻③

小枝のぶつ切りに彫ったままほったらかしにしているもの(3/3)

 

山頭火の俳句を木口に彫ってみました

彫ったままでほったらかしにしているものはこれで終わりです

20151204dscn4650
20151205dscn4653
「うしろしがたのしぐれてゆくか」、まんまるなのでサイズの目安になればと

タテ 87mm × ヨコ 88mm

ハガキに捺すことができる大きさです。

(最初に紹介した4つを除いて)

結構数があるでしょう、いつか、墨色で捺してみたいとは思っているのですが

まだその気になれないでいます。

年賀状を出していた頃は、この版画を年賀状にしていたのです

 

 

今年彫った物(その2)  尾崎放哉句印(小枝)

20151215001
20151215002

No.1208

皆さん、年賀状の準備はしてますか

今年は例年よりも喪中葉書が多く届いているような気がします

そんな歳だからでしょうか?

昨年の年賀状で連絡しましたとおり、房州やからの年賀状は

届きませんので、よろしくご理解いただきますようお願いいたします

1か月先の1月1日にはブログを更新いたしますので

是非遊びに来てください。<この告知は鬼が笑うのかな>

|

« 木口刻② | トップページ | 木口刻④ »

木口はんが」カテゴリの記事

コメント

小枝のぶつ切りに彫ったままほったらかしにしている
山頭火印、とりあえず墨色で捺しましょう。
ひび割れでもしたら折角の作品が台無しですから。
タテ 87mm × ヨコ 88mmは版画でしょう。
「小枝ぶつ切り版画作家」に転向した方がいい。

>房州やからの年賀状は届きませんので、よろしくご理解
 いただきますようお願いいたします

ブログで拝見いたしますのでご心配なく。
ただこの告知は早過ぎませんか。ここにコメント書くみなさんは
あっしを含めて高齢者が多そうなので、お正月も頃にはすっかり
忘れていると思いますよ。
     happy01

投稿: abookai | 2015年12月 1日 (火) 19時11分

fujiaboo-kaiさん

>お正月も頃にはすっかり

 はい、房州やもすっかり忘れていますよ
 今年は間違いなく年賀はがきは買ってません
 厚かましいのですが、年賀状を頂くのは
 決して断りませんよ aboo-kaiさん

>「小枝ぶつ切り版画作家」

 大きな小枝はぶつ切りで
 小さな小枝はうす切りですか

近所に植木屋さんが来て庭木をバッサバッサ
剪定してましたので、
歩きながら見てみましたが、
小枝印に向きそうな木はありませんでした、
残念!!!!

投稿: 房州や | 2015年12月 1日 (火) 23時20分

年賀はがき買いました!

房州やさんの作品群は並べてみると、壮観ですね!相変わらず「よくまあ・・・」という感じです。

年賀状、本来からすると「喪中」なんです。今年義母が亡くなりました。

別に夫婦仲が悪い訳でも有りませんが、店をやっているので、義父や義弟の亡くなった年も「喪中」にはしませんでした。

最近の私の年賀状(正月に届くハガキ)は謹賀新年、賀正などの文字は書きません。

以前、有名な兎の横顔のロゴマークが手を合わせているPRAYBOYというのを描いた事が有りますが、来年は申年だしな~

投稿: 閑おじ | 2015年12月 3日 (木) 10時16分

rain
昨日、友人のグループ展を見に上野の都美術館へ。
帰りに「世界のヒョウタン展」を覗いてきました。
よくもまあ世界中からこんなにひょうたんの作品を
集めてきました。容器。楽器、装飾品。おもちゃ・・
どれも楽しい。
房州やさんのひょうたんの作品見たくなったデス。
きっと奇抜なものを作りそう。
とりあえず来春ひょうたんの種を蒔いてくださいな。
   happy01

投稿: abookai | 2015年12月 3日 (木) 12時17分

happy01閑おじさん

年賀状は日本の良い風習です
出来る限り長く続けてください
私も母が亡くなった時も父が亡くなった時も
年賀状を出していました。
春に亡くなったのに、今さら喪中でもあるまいと出しました。

歳をとリ色々と面倒だと思うこともあり
何かと忙しくもなり、年賀状を出すのも
これで終わりかなと思いました

でも、頂くのは大変うれしく思います
例え年末の喪中葉書でも
ああ、まだ忘れられていないのだと
思うだけでもうれしいものです
というわけで、閑おじさんの申の年賀状
楽しみにしています

投稿: 房州や | 2015年12月 3日 (木) 23時38分

bottleaboo-kaiさん

ひょうたん展行きましたか
面白そうですね
昔々、千成瓢箪を日よけ代わりに
植えたことがあります
種を取り出すときの面倒くささや臭いの
臭さには参ったことを思い出しました
ところで国立博物館の兵馬俑は見ましたか
行ってみたいと思えども
やはり江戸は遠い

ひょうたん展の写真はありませんか


投稿: 房州や | 2015年12月 3日 (木) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木口刻② | トップページ | 木口刻④ »