« 木口刻③ | トップページ | 悪戯書① »

2015年12月 4日 (金)

木口刻④

小枝のぶつ切りに文を書いたが、まだ彫っていないもの(1/1)

この言葉を彫ってみようと思い

鉛筆で大体の見当をつけ、筆で直接文章を書いています

これだけで、彫ったような気分になり、まあまあ満足してしまいます

そんな、木口の薄切りがいくつか残っています

20151206dscn4662

朱墨を塗った上に書いたものは、一度墨で書いたのですが

なんとなく何もしないまま時間が経ち、一度消して、書き直したものです

もう一度塗ってしまうかもしれませんが

今は、この七つが未着手分です

もう少し、桜や百日紅の、丸太(?)=太い小枝の輪切りはあるのですが

これ↑以外は、しばらくは彫る気にならないでしょう

1週間/個で出来ても1月半、今年の冬の暇つぶしには十分なりそうです。

冬は竹根採りや小枝採りもあるし、拾ったどんぐりも何とかしなきゃならないし

七輪焼きもやりたいし

出来上がりは随分先になりそうです

No.1209  

小枝のぶつ切りに彫ったものを年賀状に使ったものの一部です

 

2002

昔の午年の年賀状です、何年前のことでしょうか

文字ばかりの木口版もあります

2005

↑夢違観音は酉年ですから11年前になります


以前は、木口版画みたいなものを、年賀状などに使っていました

よく考えると、年賀状向きではないのも多くありました

|

« 木口刻③ | トップページ | 悪戯書① »

木口はんが」カテゴリの記事

コメント

木口に文字を書いたもの。
これで彫ってしまうのですか。

この辺りまでなら出来そうですが
これを彫るのはとてもムリです。

ひょうたん展、写真を撮って来ました。
メールで送ります。

兵馬俑は10年くらいむかし、国立科学博物館で
見ました。今回は時間がなくそれに座骨ちゃんが
痛み出したのでひょうたん展までです。

投稿: abookai | 2015年12月 4日 (金) 09時38分

waveabookaiさん

ひょうたんの写真楽しみにしてます

あの文章にしよう
この俳句にしよう
面倒な絵はどうしようと
考えるだけで疲れます
彫るときには、よく、文字を欠いたりの
彫りそこないがあります
彫刻刀で指を突いたり切ったり
まあ、下手くそなだけですが

晴れていますが冷たい風が吹いてます
今夜は忘年会です
風邪引かないよう暖かい服装で出かけます


投稿: 房州や | 2015年12月 4日 (金) 10時05分

下書き位なら描けるかも知れないけど、字を逆さまに書くのは難しい、
それを彫る・・・そんな気にはならない・・・

余程彫刻刀が切れるんでしょうね~
昔のバカ殿が名刀を手に入れて、人を斬りたくてしょうがなくて、夜な夜な辻斬りをするみたいな気分にならなければ、あれを彫ろう!なんて事にはならないでしょう!

切れる包丁で料理していると指を切らないと言いますが、彫刻刀はどうなんでしょうか?

猿も木から落ちる!河童の川流れ!みたいな「房州やの指切り」なんでしょうか?

投稿: 閑おじ | 2015年12月 4日 (金) 12時22分

scissors閑おじさん

昨日、木の小さな皿を作っていて
ノミの刃先で、珍しく(?)
指を少しばかり傷つけてしまい
テープを巻いてしまいました。
血が少しだけでるかすり傷をやってしまうのは
腕のせいではなく、きっと刃物のせいもあるに
違いありません
・刃物が悪い
・研ぎが悪い
・腕も悪いの三重苦で遊んでいるため

・指から血が出る
・鋭い線が彫れない
・文字を切り落とすになってしまいます

拾い物頂き物の材料では駄目なのでしょうか

投稿: 房州や | 2015年12月 5日 (土) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木口刻③ | トップページ | 悪戯書① »