« 竹根地蔵 | トップページ | 木口刻② »

2015年11月25日 (水)

木口刻①

 小枝のぶつ切りに文字を彫ったままほったらかしにしてるもの(1/3)

 

 

山頭火の随筆の抜粋や俳句を木口(丸太の輪切り)に

暇な時に少しずつ彫っていたら、随分たまってしまいました。

(どれだけ暇なのかは想像してください、だいたい思っている1.5倍は暇です)

20151202dscn4647

真ん中の列、上段  縦120mm×横133mm  

他のサイズは、想像で決めてください。

彫った文字が読めるでしょうか?

版木として使うために彫っているので、字は左右逆になっています

彫るだけで、満足してしまって、捺す気になかなかなれないでいます。

 

 

そろそろ12月なので、少し手を抜いて締めくくりたいと思います

今年彫った小枝印(その1)  山頭火句印

20151203001

思い出す人もいないでしょうが

No.1206

 

遊びの材料(1)、乾燥中の小枝

20151125

           新聞紙に包んで、外に小枝の種類と進捗状況を書いてます

           こんな状態で本棚の上に12~3包並んでいます

20151125_2
            包みの中には適当な長さに切られた小枝が

            入っています、これはほぼ乾燥が終わった感じの

            感触がします。

            もう少しだけ、このままにしておきましょう

|

« 竹根地蔵 | トップページ | 木口刻② »

木口はんが」カテゴリの記事

コメント

これは印ではないですね。版画です。
刷るのも紙の上からバレンで
こすらないといけません。
それにしても彫るに彫ったりです。
だいたい思っている10倍は暇そうです。
裏返してプリントして調べたが間違い文字、
裏返しの文字は1字もなし。完璧です。

彫るだけで、満足していないで、捺す気になってください。

新宿西口の地下広場で古書展やって
いるので
雨の中を出かけてきます。
   rainhappy01

投稿: aboo-kai | 2015年11月25日 (水) 11時27分

rainaboo-kaiさん

寒い中のお出かけお疲れ様でした
古書展はどうでしたか?
何冊か買いましたか?
帰りにお団子買って帰りましたね

彫りはじめると早いのですが
なかなか彫りはじめないのです
摺ると印面が汚れるので(手も汚れるし)
このままでもいいかなーーーーと
思ってしまうのです

いつか、気が向いた時に
昔の真っ黒な印面をお見せしましょう

投稿: 房州や | 2015年11月25日 (水) 22時48分

枝やどんぐりなどの材料を集め、乾燥させて管理してそれぞれ切り揃えたり磨いたり、それに書いたり彫ったり・・・
「暇」だからではなくて「気力」があるからでしょうな。
房州やさんはまるで葛飾北斎のような方だ。

あたしゃタイヤも履き替えて冬を迎える準備もすっかり終わって本当の暇になりました。今日から春まで何をやればいいんだろう・・・confident

投稿: kitanopolaris | 2015年11月26日 (木) 06時42分

bottle kitanopolaris さん

春までのんびりしましょう
葉っぱがみんな落ちるのを見たら
雪に降るのを待ちましょう
時々雪掻きをして体力を維持し春に備えましょう
雪が降ったらスキーに行きましょう
温泉にも泊まりましょう
雪見酒もきっと良いものです
そのうち雪が解けて春になったら
また忙しくなります

私は何もすることがないので
炬燵にもぐり込んで春になるのを待ちます
その前に小枝を貰いに行かなきゃ

投稿: 房州や | 2015年11月26日 (木) 14時18分

これはもう木口木版というジャンルでありましょうか。

反転してみてみました。完璧です。

暇があってこれが出来ると言うんなら……

私ももっと暇になりたいもんです。

しかしまぁよくやりますなぁ。凄い!

今日は寒い!

投稿: 章魚庵 | 2015年11月26日 (木) 16時18分

(^-^;反転して見てみるなんて思いもつかなかった。
皆さんチェックが厳しいですね。
私なんて、ただただ「すごーい」と思ったのでした。

押してない方が芸術的な気もするけど・・それじゃダメなのかしら?

kitanopolarisさん、もうすぐ雪が降れば暇じゃなくなると思うけど…

投稿: mimi | 2015年11月27日 (金) 00時13分

fuji章魚庵さん 

寒くても風のある晴れた日は
川の側か郵便局の角の交差点に行けば
富士山が良く見えます。

まだ少しだけ木口の輪切りがあるのですが、
彫刻できるように表面を磨いて平らにしなければなりません
もうそんな面倒なことは嫌なので
でも1年に3~4枚摺ると、
これだけあれば、多分、死ぬまで遊べるでしょう

投稿: 房州や | 2015年11月29日 (日) 09時14分

entermimiさん

決して、ひっくり返してはいけません
頭の中では完璧に、ひっくり返しているのですが
手が時々、余計なお世話で、頭は間違っていると
勘違いして、元に戻してしまうのです
そんなことありませんか?

投稿: 房州や | 2015年11月29日 (日) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竹根地蔵 | トップページ | 木口刻② »